"成長"したいなら「自分の"思考"から変えなきゃいけない」って話

"成長のために思考を変えろ"のアイキャッチ画像 コラム
アキラ
なかなか"成長"できないなら、自分の「思考」から変えなきゃいけない!

どうも、アキラ(@akila_s8)です!

ボクは、何度か"成長""モチベーション"に関するエントリーを書いてきました。

自分が理想とする「成功」を手に入れるためには、モチベーションを高めてとにかく行動・いろんなことに挑戦し少しづつでも"成長"していく必要があります。

"本田圭佑選手"がプログラミングの勉強!成長欲がすごい!

2018.07.20

でも、なかなか「成長できない・行動できない」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

実際ボクも、

アキラ
あー、行動できてないなー。成長もなかなかできてないよなー。

と思うことが良くあります。

「自分がうまく成長できなくて嫌だ」と感じている方は、そもそも自分の「思考」を変える必要がありそうです。

あなたは「固定された思考態度」じゃないですか?

"思考態度"のイメージ画像

スタンフォード大学の心理学者"Carol Dweck"博士は、20年に及ぶ研究の結果、「成長」に関する思考には、「成長する思考態度」「固定された思考態度」があることを発見しました。

Carol Dweck博士の研究

・「成長する思考態度」

自分の知性や能力を伸ばして、どんどん成長できる思考

・「固定された思考態度」

成長したいと思っているのに、自分でその成長を妨害してしまう思考

もし、「自分ってなかなか成長できない人間だよなー」と感じている方は、この「固定された思考態度」を持っているのかもしれません。

「固定された思考態度」の人は「失敗を嫌がる」

「固定された思考態度」の人達は、心のどこかで「自分をよく見せたい」と思ってしまっているようです。
「自分をよく見せたい」と思っているから、「失敗」してしまいそうな挑戦を避ける傾向にあるといいます。

その思考によって、とにかく自分が失敗しない選択肢を選ぼうとします。

"緊張"する状態に身を投じることで"成功"に近づく!

2018.07.20

一方、「成長する思考態度」の人たちは、「学びたい」という欲求から「自分の行動」を起こします。
自分が失敗するかどうかは気にしません。

「固定された思考態度」の人は「すぐにあきらめる」

「固定された思考態度」の人は、何か障害にぶつかると、すぐにあきらめてしまい「努力しても意味ないか。努力は実を結ばないな。」と考えてしまいがちです。

どうやら、「出来るだけ早く結果を出そう」と考える傾向にあります。
「成長」のために必要な「過程」を楽しむことができず、結果が出るまで時間がかかりそうだと感じると、いっきにモチベーションが下がってしまいます。

一方、「成長する思考態度」の人は、「学びたい」という欲求から行動を起こすため、逆境に立ち向かうエネルギーを持っています。

アキラ
あなたは、どちらの「思考態度」をもっていますか?

賢く見せたい?賢くなりたい?

"考える"のイメージ画像

「固定された思考態度」を持つ人、つまりなかなか成長できない人は、「成長する思考態度」を持つ人よりも「自分の見え方」を気にしがちです。

「固定された思考態度」の人は「他人に賢く見られたい」と考え、「成長する思考態度」の人は「賢くなりたい」という考え方をします。

Dweck博士の研究
【研究対象】

4歳の子供たち

【研究内容】

子供たちを2つのグループに分けて、一つのグループには「固定された思考態度」を教え、もう片方には「成長する思考態度」を教える

その後、2つのグループにジグソーパズルを解いてもらう ジグソーパズルは、「簡単なパズル」「難しいパズル」の2種類があった

【研究結果】

「固定された思考態度」を教えられた子供たちは、自分の能力を誇示するために「簡単なパズル」を選ぶ傾向にあった

「成長する思考態度」を教えられた子供たちは、「固定された思考態度」グループの子供たちが、どうして「新しい学びの無いパズル(簡単なパズル)」を選択するのか理解できなかった

「固定された思考態度」を持つ人たちは、自分の能力をなんとかして誇示しようと行動するようです。
そのため、失敗の無い「簡単な問題」にしか手を出さないのです。

人間は、行動・挑戦した結果生まれた「失敗」から、多くのフィードバックを得て、それをもとに自分を成長させることができます

つまり、失敗することを嫌う「固定された思考態度」を持つ人たちは、居心地の良い「ぬるま湯」に使っているだけで、いつまでたっても成長することができません

"ネガティブ思考"を上手に利用すると成功しやすくなる!

2018.07.12
アキラ
失敗を怖がってはいけない。失敗を怖がると、成長が止まってしまう。

"成長"のためには「自分の思考」から変えていこう!

"成長"のイメージ画像

「固定された思考態度」を持つ人たちは、とにかく自分が完璧でないと気が済まないタイプです。

「完璧じゃないと嫌で」、「失敗が怖くて」、「人によく見られたくて」、「プライドが高い」のです。
いわゆる「完璧主義者」ですね。

完璧主義者は、モチベーションが下がりやすく、自分の目標達成のために「やるべき行動」をすぐに先延ばししてしまいます。

目標達成を妨げる"先延ばし"はどのように克服できるのか?

2018.04.07

この「完璧でいたいという思考」を持ち続ける限り、成長することは難しいでしょう。

もし自分が「固定された思考態度」を持つタイプだなと思う方は、「成長する思考態度」に自分を変えていく必要があります

「やらなかった"後悔"」より「やって"後悔"」を選択しろ!

2018.08.13

【参考記事】「成長する考え方」と「成長できない考え方」の違いが20年の研究で明らかに

アキラ
ボクも少しづつ「成長する思考態度」に自分を変えていこう!