【注意】大学編入の勉強のために"休学"?やめなさい!【むしろ危険】

「大学編入受験生と"休学"の関係」アイキャッチ画像 大学編入

大学編入試験対策のために"休学"する必要はありません!

どうも、4つの大学の編入試験に合格することができました、アキラ(@akila_s8)です。

大学編入試験を成功させるためには、"毎日コツコツ"勉強する必要があります。

特に、大学編入の合否に大きく関わってくる「TOEIC」に関しては、短期間で集中的に勉強したからといって、すぐに目標スコアをゲットできるものではありません
【超重要】"大学編入試験"と"TOEIC"の関係性を徹底解説!【経験者談】

実際に、「なかなか思うようにTOEICのスコアを伸ばすことができない」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

また、「専門科目(経済学・経営学・法学・社会学 etc.)」に関しても、場合によっては「覚えることがたくさん」で、一定の時間を確保して勉強に集中しないと、編入試験に合格できるほどのレベルに達することができないということも考えられます。

例えば、「経営学専攻」の人は覚えなければいけないこと・勉強しないといけない範囲が広くて大変ですよね。
実際にボクも経験しているので、よく分かります。
【大学編入】"経営学部"の編入試験難易度は?経験者が"対策法"も解説!

この「編入試験対策のための勉強時間の捻出」に関してですが、当エントリーをご覧になっているあなたは「勉強時間の確保が難しい」と感じる方がいるのではないでしょうか?

特に、現在四年制大学に通いながら「大学編入」を目指している大学生とかですね。

そんな大学生の中に、大学編入合格のために勉強時間を確保しようと、「休学」を検討している方がいるかもしれません。

もしあなたが「休学」を検討しているなら、危険なので考え直しましょう。

今回は、「大学編入の勉強のために休学するのはアリか?」というテーマで解説をしていきます。

スポンサーリンク

大学に通っている「編入受験生」は勉強時間の確保が難しい

ボク自身は、「大学編入」に特化したコースがある専門学校に在籍し、そこで日々「編入試験対策」を行っていました。

「大学編入」のコースなので、実際の授業も「大学編入試験に役立つ・効果的な」内容のものが多く、非常に良い環境で勉強することができました。

ある意味、「編入予備校」に通っているようなものでした。

ボクと同じように、「大学編入」に特化したコース・専攻がある専門学校や短期大学などに通っている方であれば、授業そのものが編入試験に直結するため、結果的に「編入試験対策の時間をたくさん確保する」ことができます。

一方で、通常の四年生大学に通っている大学生が「大学編入」を目指す場合は、なかなか勉強時間を確保することができません

単純に、「編入試験とは関係の無い」大学の授業や課題をこなさなければいけないからです。

「大学編入に直結する授業・課題をこなす受験生」と「大学編入に関係の無い授業・課題+大学編入の勉強をしないといけない学生」では、さすがに確保できる勉強時間に差が生じてきますよね。

大学編入のために"休学"するのはダメ!

だからといって、現在通っている大学を「休学」するのはよろしくありません

確かに、休学をすることで、単純に24時間のうち「好きな時間」を編入試験対策に使うことができるようになります。

一見するとメチャクチャ勉強できるので、大学編入の合格確率が高まりそうですよね。

でもちょっと待ってください!

むしろ編入受験生(大学生)が「休学」することは危険です。
下手すると「編入試験の出願」すらできなくなる可能性があります。

ボクが「編入受験生は休学するな」という理由は以下の2つです。

編入受験生が休学してはいけない理由
  • 「出願資格」を満たせなくなる
  • 無駄に「お金」がかかる

"休学"がダメな理由①:「出願資格」を満たせなくなる

これが一番の理由です。

編入受験生(特に大学生)が休学をしてしまうと、編入試験の「出願資格」を満たせなくなり、「そもそも出願ができない」という事態に陥る可能性大だからです。

「編入試験の勉強時間を確保するために休学しよう」と考えていた方は、各大学・学部ぼ「編入試験募集要項」をしっかりチェックしてみてください。

例えば、以下の引用は「神戸大学法学部」の編入試験募集要項です↓

2.出願資格
次の各号のいずれかに該当し,かつ,4.出願手続(7)で指定しているTOEFL又はTOEICの成績証明書を提出できる者
(1) 学士の学位を授与された者(平成31年3月学士の学位を授与される見込みの者を含みます。)
(2) 休学を除き同一大学に2年以上在学し,62単位以上を修得した者(平成31年3月をもって休学を除き2年間在学し,62単位以上修得見込みの者を含みます。)
(62単位以上修得見込みで出願した者は,本学入学までに,62単位以上を修得していなければ入学許可が取り消されるので注意してください。)
(3) 短期大学を卒業した者(平成31年3月卒業見込みの者を含みます。)
(4) 高等専門学校を卒業した者(平成31年3月卒業見込みの者を含みます。)
(5) 外国において前(1),(2),(3),(4)の各号のいずれかに相当する資格を出願時までに得たと認められる者(なお,各号の括弧に記載された「見込みの者」は出願資格を有しません。)

出典:神戸大学法学部|編入試験募集要項(平成31年度)

上記出願資格の(2)の部分は、「四年制大学在学者」が出願する際の条件になります。

つまり、四年制大学に通っている大学生が「神戸大学法学部」の編入試験を受験するためには、【休学を除いて】2年以上大学に在学して、62単位以上取得している必要がある」ということです。

もうお分かりですよね?

編入試験対策のために今通っている大学を休学してしまうと、「休学している期間」は在学数に反映されないため、結局「出願資格」を満たすことができないということになってしまいます。

大学編入試験に合格「できるか・できないか」という話以前に、「出願ができなくなる」ので要注意です。

厳密に言うと、休学後再び大学に通って、トータルで2年以上在学したことになれば出願は可能ですが、それだとそもそも「編入試験対策のための休学」の意味が無くなってしまいます。

大学編入を採用している大学・学部の多くが、(大学生の)出願資格として「休学を除いて、大学に2年以上在学していること」としています。

あなたが編入を目指している大学・学部の「募集要項」をチェックして、確認してみてください。
大学編入の"出願条件"・"出願資格"は早めのチェックが必要!【要注意】

"休学"がダメな理由②:無駄に「お金」がかかる

上記で説明したように、大学生が編入学のために「休学」をすると、結果として「意味の無いこと」になってしまいます。

しかも大学の休学には「お金」が必要になりますよね。

大学によって休学にかかる費用はバラバラですが、高いところでは休学するために「数十万円」支払わなければいけないケースもあります。

「編入受験生が休学する」=「大学編入に出願できなくなる」+「費用がかかる」

これはさすがに"無駄"ですよね。

スポンサーリンク

"休学"しなくても大学編入合格は目指せる!

編入試験対策に力を入れる目的で「休学」することはやめましょう。
時間もお金も無駄になってしまいます。

確かに、大学の授業・課題をこなしながら、編入試験対策も同時に進めるというのは大変かもしれません。

ただしこれはもう「避けられない現実」なので、意識を「編入試験対策をする時間をどのように捻出するか」に向けるようにしましょう。

隙間時間の有効活用が合否を決める

まずは、普段の生活の中で「隙間時間」が無いか振返ってみましょう。
その隙間時間を編入試験対策に充てることができれば、十分合格のチャンスが広がるはずです。

実際に編入受験生だった時は、ボクもこの「隙間時間」を意識して勉強をしていました。

一番分かりやすいのは"移動時間"ですね。

学生の方なら、「自宅から大学まで」「大学からバイト先まで」といった"移動時間"が必ず存在しているはずです。

あなたはこの"移動時間"をしっかり有効活用できていますか?

ボクは断然、移動時間に「TOEICのリスニングを聞きまくる」ことをおススメします。

ボク自身、「駅までの徒歩の時間」や「電車の中」は、ひたすら「TOEICのリスニング(正確にはTOEIC公式問題集のリスニングCD)」を聞いていました。
大学編入試験の対策で活用できる"参考書"を紹介!【経験談アリ】

「移動時間を活用すること」の良いところは「毎日ある」ことです。
移動時間って基本毎日ありますよね?

なので、たった数十分の移動時間でも、"毎日"「TOEICのリスニング」に充てていれば、確実にTOEICスコアのUPに繋がります
【大学編入】"TOEICスコア"は何点まで伸ばすべきか?【経験談】

騙されたと思って、3か月ほど続けてみて欲しいです。

移動時間の他にも、普段より少しだけ早めに起きて、「1限が始まるまで、朝の静かな学校内で勉強する」といった時間活用もできるはずです。

"隙間時間"はマジでバカになりませんからね。

自分の貴重な時間を有効活用できれば、大学編入合格はグッと近づいてきます!
【経験談】大学編入成功者の"勉強時間"はどれくらい?【早稲田合格】

現在と同じ学部への編入なら効率的

もし編入学を目指している「学部」が、現在自分が通っている学部と"同じ"であれば、多少効率的に編入試験対策を進めることができます

その理由は、一部の大学の授業が「編入試験」に直結するからです。

例えば、現在「経済学部」に通っている人が、違う大学の「経済学部」への編入を目指しているとします。

経済学部に通っているわけですから、現在の大学で「経済学基礎」や「ミクロ経済学」「マクロ経済学」といった授業を受ける(必修の可能性が高いので受けさせられる)はずです。

この授業は、経済学部の編入試験にも直結する内容ですよね。

集中して授業を聞き、一生懸命課題に向き合うことで、「大学の授業・課題をこなした結果、それが大学編入にも直結する」という素晴らしい流れが生まれます。

"他学部"への大学編入についてのアイキャッチ画像

大学編入試験で"他学部"を受験するのはアリ?【文転は有利】

2019年4月27日

授業と課題を"サボる"のも選択肢の一つ

あなたが大学編入を目指そうと思ったのは、

  • 現在通っている大学に不満がある
  • もっとハイレベルな大学で勉強したい
  • 就職活動を成功させるためにもっと良い大学に行きたい
  • 自分を成長させたい

といった理由があるのではないでしょうか。

つまり、「自分がいる環境に満足できていない」ということですよね?

「満足できていない・なんだかモヤモヤする」大学の授業・課題に時間を取られていては、あなた自身が成長できないまま終わってしまいます

それは避けたいですよね。

満足できていない・納得できない大学の授業・課題に時間を奪われて、編入試験対策に時間を割けないくらいなら、多少は「今通っている大学の授業・課題を"サボる"」ことも必要になってきます。

「大学の成績」と「大学編入の合否」

あなたにとってより重みのある方がどちらでしょうか?

ちなみに、サボる時は「適度」にやることが大切です。
サボりすぎて「単位を落とす」ことは避けましょう

なぜなら、先述の募集要項を見て分かるように、各大学・学部の出願資格には「大学に2年以上在学し(休学は除く)、62単位以上修得している者」といった内容が記載されているからです。

大学2年生が編入試験に挑戦する際には、現在通っている大学の単位を「約60単位以上」修得済みとなっている必要があります。

そのため、「編入試験対策のために授業・課題をサボった結果、62単位に届かなかった」のでは本末転倒です。

大学編入の"必要単位"についてのアイキャッチ画像

【注意】"必要単位"を満たさないと編入試験を受けれない!?【大学編入】

2019年5月1日

適宜にサボることでねん出できた時間を、しっかり編入試験対策に充てることができれば、大学編入成功が少しづつ近づいてきます!

スポンサーリンク

「大学編入のための"休学"」まとめ

今回は、「大学編入のための休学」についてまとめてきました。

特に四年制大学に通いながら「独学」で大学編入を目指している大学生にとって、通常の授業・課題とはあまり関係の無い「編入試験の勉強」に時間を割くことは難しいですよね。
"独学"で大学編入を成功させるための「4つのポイント」とは?

ただし、「休学すれば時間をたくさん確保できるし、大学編入合格につながる」と思った方は、「そもそも出願できなくなる」「お金が無駄になる」という事実をしっかりと理解しておく必要があります。

「勉強時間は長ければ良い」というわけではありません。

「大学編入成功に必要なことに、集中力を投下できているか」の方がはるかに重要です。

大学編入試験に合格するために、限られた時間の中で「何をやるべきか」「何を意識すべきか」を知りたいという方は、ぜひ当ブログ「アキラボ」内のエントリーを参考にしてみてください!

おすすめ記事のバナー

大学編入のおすすめ記事 バナー