【経験者が語る】大学編入する"意味"はあるのか?【愚問だよ】

「大学編入する"意味"」アイキャッチ画像 大学編入

「大学編入する"意味"ある?」と感じている方は読んでください!

どうも、専門学校から早稲田大学へ3年次編入しました、アキラ(@akila_s8)です。

  • 「大学編入に興味があるけど、実際のところ大学編入する意味ってあるのかな?」
  • 「大学編入の勉強がつらいなー。こんなに勉強したのに、大学編入する意味がなかったらどうしよう...。」

あなたはこのように感じてはいませんか?

今回は、「早稲田大学・東北大学・中央大学・明治学院大学」の4校に同時合格し、専門学校から早稲田大学へ編入学することができたボクが実際に体感した「大学編入する意味」について解説していきます。

「大学編入する意味があるのか」不安に感じている方は、ぜひ当エントリーを参考にしてみてください!

スポンサーリンク

大学編入する"意味"は...メチャクチャある

早速、実際に大学編入を経験したボクの考えを話します。

大学編入する意味は「メチャクチャあります」

正直、「大学編入する意味ってありますか?」という質問は"愚問"ですね。

当然のことですが、大学編入はある程度「一生懸命勉強しないと」合格できません。
この「一生懸命勉強する」という行動を経て、新しい大学に入学することができるので、自分自身を大きく成長させることが可能なのです。

「自分自身を成長させることができるもの」に"意味がない"わけないですよね。

それでは次の章から、ボクが実際に体感した「大学編入する意味」を具体的に説明していこうと思います。

ボクが体感した「大学編入する"意味"」

ボクが実際に体感した「大学編入する意味」には、以下のようなものが挙げられます↓

ボクが体感した「大学編入する意味」
  • 最終学歴を変えることができる
  • 編入試験対策の過程でTOEICがレベルアップする
  • 編入試験対策の過程で「専門科目」の知識が豊富になる
  • 就職活動でのアピールポイントになる
  • 必要な努力をすれば環境が変わることを実感できる

最終学歴を変えることができる

大学編入を成功させることで、「最終学歴」を変えることができます

これは、大学編入を目指す皆さんにとって「かなり重要な意味」があるのではないでしょうか。

ボクは、この最終学歴を変えることができたという経験は、自分の人生において非常に大きな意味があったと強く感じています。

なんせボク自身、編入する前は「強い学歴コンプレックス」を抱えていましたからね。
そんなボクが、一生懸命自分がやるべきことをコツコツ進めたことで、「専門学校から早稲田大学へ」と最終学歴を変えることができたわけです。

現在大学編入目指して勉強進めている皆さんの中にも、「学歴コンプレックス」を抱えている人が少なくないはず。

半年から一年半の期間、毎日の努力を積み重ねることで、その学歴コンプレックスは確実に解消されます

編入試験対策の過程でTOEICがレベルアップする

ボクが「大学編入する意味はある」と断言できる理由の1つが、「編入試験対策の過程でTOEICスコアを伸ばすことができる」からです。

大学入学のためには「TOEICのハイスコア取得」が必要になってきます。
そのため、たとえ英語が苦手な人でも、ある程度TOEICの勉強をしなければいけません。
【超重要】"大学編入試験"と"TOEIC"の関係性を徹底解説!【経験者談】

その結果、「気づいたらTOEICハイスコアが手に入ってるじゃん!」という状況になっています。

ボクも、大学編入という目標を達成するためにTOEICの勉強を一生懸命やっていましたが、その結果「TOEIC 850点」までスコアアップさせることに成功しました。

この「TOEIC」という英語資格試験は、何も「大学編入試験のため」だけに利用されるものではありません。

「就職活動」の場面でも大いに役立つ資格の1つですよね。
企業に就職してからも、「転職」「昇進」といった場面で大きく役立ちます。

この「TOEICのハイスコア手に入る」というポイントだけでも、充分「大学編入に挑戦する意味がある」と言えるのではないでしょうか。

編入試験対策の過程で「専門科目」の知識が豊富になる

大学編入合格に向けて一生懸命勉強に取り組むことで、「専門科目の知識」が豊富になります

これもTOEICと同様、大学編入合格のためには「専門科目の知識の構築」が必須になるためです。

この「専門科目の知識」は、大学編入した後の大学生活や、大学を卒業した後の「社会人生活」で大いに役立ちます。

例えば、大学卒業後「公務員」として働きたい人は、「公務員試験」を受ける必要がありますよね。
「公務員試験」では、大学編入試験で勉強が求められる「専門科目」の知識が必要になってきます。

この時に、編入試験対策を一生懸命行い、「専門科目の知識」をすでに構築できていれば、公務員試験にもスンナリ対応することができます

実際ボクは、「編入試験対策のために」公務員試験の参考書を使用していましたからね。

就職活動でのアピールポイントになる

大学編入は「就職活動で大きなアピールポイントとなる」という点で、皆さんにとって大きな意味合いがあることではないでしょうか。

大学編入というものは、現在自分が通っている学校(大学・短大・専門学校・高専)から、新しい大学へ環境変えるという「大きな挑戦・行動」です。

企業側にとって、自ら進んでこのような行動・挑戦を起こせる人材は、非常に魅力的と言えます。

大学受験に成功し、順風満帆で「良い大学」に入学した学生の中には、その後特に何の挑戦・行動することなく、学生生活を終える人たちもたくさんいます。

一方で、確かに高校3年生の時は勉強をサボってしまい「受験に失敗」したかもしれないけれど、その後自分のことを見つめ直し、行動・挑戦することで「自らの力で環境を変えることに成功した」という事実は、就職活動において非常に強いアピールポイントになります。

「編入生×"就職活動"」のアイキャッチ画像

【大学編入】編入生は"就職活動"で不利になるって本当なの?

2018年11月23日

必要な努力をすれば環境が変わることを実感できる

「必要な努力をすれば環境が変わる」ということを体感できただけでも、ボクにとって「大学編入」は非常に意味のあるものだったと強く感じています。

大学編入するまでのボクは、特に何も考えず、行動するわけでもなく、本気の努力をした経験もない人間でした。
もちろん、自分に自信もありませんでした。

そんなボクでも、「今やるべきこと」を明確にし、それをひたすら継続したことで、現役受験時には想像もしていなかった「早稲田大学入学」を実現させることができたのです。

この経験は、「必要な努力をコツコツ積み重ねれば、自分の目標を達成することができる・環境を変えることができる」ことを痛感する良いきっかけになりました。
環境を変えたい学生へ。大学編入という"方法"がありますよ【チャンス】

スポンサーリンク

編入試験の勉強がつらくなってきたら「大学編入する"意味"」を振返ろう!

現在、大学編入合格に向けて勉強している編入受験生の中には、「大学編入の勉強がつらくなってきた」「サボって遊びたい」と感じてしまっている方もいるはずです。

もちろん、その気持ちはすごくよく分かります。
ずっと集中力・モチベーションを保てる人なんて、いませんからね。

もし「大学編入の勉強」がつらくなってきた・モチベーションが下がってきたら、「大学編入することの意味」を振返ってみてください。

また少しづつ、勉強へのやる気が復活してくるはずです。

ボクも、編入受験生だった時は、勉強へのやる気が下がるたびに、

  • 「大学編入に成功出来たら絶対人生変わるぞ」
  • 「最終学歴変えたいもんなー」
  • 「就活を有利に進められるようになりたい!」

などと考えて、モチベーションを復活させていました。

それから、大学編入に成功している人の「合格体験記」などを読んで、「大学編入できたらこんな風に環境が変わるのか」と"大学編入の意味・魅力"を再確認して、やる気を高めたりもしていました。

スポンサーリンク

「大学編入した"意味"」を強く感じるためには「編入後の行動」も大切!

もし大学編入を成功させることができたら、編入後もしっかり「行動し続ける・挑戦し続ける」ことでが大切です。
そうすることで、より「大学編入の意味」を強く感じることができます。

大学編入できたことに満足して、その後"何の行動も起こさない"と、「あれ、大学編入したけどあんまり意味無かったな」なんてことになり得ます。

「大学編入して終わり」ではないですからね。
大学編入は"人生の目標"ではないですよね。

きっと、大学編入を目指している方は、「大学編入後の進路」「大学編入した後何をしたいか・何を学びたいか」「大学卒業後どうなっていたいのか」といったことまでイメージできていると思います。

「大学編入によって得た環境・経験」を活かして、より自分をステップアップさせることで、あなたの「大学編入挑戦」に新たな意味がプラスされていくはずです。

ボク自身、自分の「大学編入」という経験に"新たな意味"が付け加えられるように、日々コツコツ努力をしています。

大学時代の"後悔"アイキャッチ画像

卒業してから反省!"学生時代の後悔"を公開するよ【学生必読】

2018年11月21日

「大学編入する意味」まとめ

今回は、「大学編入する意味」について、実際に大学編入を経験したボクの考えを説明しました。

ボクが体感した「大学編入する意味」
  • 最終学歴を変えることができる
  • 編入試験対策の過程でTOEICがレベルアップする
  • 編入試験対策の過程で「専門科目」の知識が豊富になる
  • 就職活動でのアピールポイントになる
  • 必要な努力をすれば環境が変わることを実感できる

上記のように、大学編入する意味は「たくさん」あります。
"大学編入のための勉強が無駄になる"ことなんてあり得ません

安心して、自分の目標達成に向けて、勉強を積み重ねてください。

当ブログ「アキラボ」では、大学編入に関するエントリーを複数投稿しています。
大学編入に興味がある・大学編入を成功させる方法を知りたい方は、ぜひ他のエントリーも参考にしてみてください!

おすすめ記事のバナー

大学編入のおすすめ記事 バナー