iPhoneの「その他」を減らすには?iPhoneを"初期化"しよう!

アイキャッチ画像 iPhone
アキラ
iPhoneのストレージを圧迫する「その他」は、iPhoneを"初期化"して消してしまおう!

どうも、アキラ(@akila_s8)です。

みなさんはiPhoneユーザーでしょうか?
ちなみにボクは、いまだにiPhone5sを使用している、一応のiPhoneユーザーです。

iPhoneユーザーなら分かると思うのですが、「iPhoneストレージ」にある「その他」ってやつ、邪魔じゃないですか?

ちなみに、ボクのiPhone容量が、この「その他」で埋め尽くされてしまい、データの保存やアプリのアップロードが容易にできなくなってしまいました。

iPhoneのデータ画面

謎に、「その他」がボクのiPhone容量のほとんど半分を埋め尽くしていました

アキラ
何これ...。

さすがにこのまま対策しないでいると、iPhoneで何もできなくなってしまいます。
そこで、この「その他」を削除して、ストレージに余裕を持たせるために、iPhoneを「初期化」してみました。

iPhoneのストレージにある「その他」って何なの?

iPhoneのデータ画面

ちなみに、iPhoneストレージに登場するこの「その他」とは何なのでしょうか?

iPhoneストレージの「その他」とは、「削除されていない不要なデータ」のようです。

アプリやiOSを起動しているときに、一時的に使用された「データ(キャッシュファイルや設定ファイルなど)」は、基本的には自動で削除されるようです。
しかし、iPhoneを使い続けているうちに、削除されずに残ってしまう内容不明のデータがあり、それが「その他」として表示されます。

「『その他』も消さずにiPhone内に残しておかないといけないんじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、どうやら不要なデータなので、容量を圧迫させないように消してしまいましょう

アキラ
自分のiPhoneストレージに「その他」がたくさん溜まっている場合は、削除してしまおう!

iPhoneを"初期化"するまでの流れ

iPhoneのイメージ画像

iPhoneの「その他」を最も効率よく削除する方法は、iPhone自体を「初期化」することです。

複数のサイトを見てみると、「その他」を消す方法として、「iPhoneを再起動する」「各アプリのキャッシュ・履歴を削除する」などが紹介されていました。

ただ、これらの方法を試してみても、ボクのiPhoneには全く効果がありませんでした

そこで、もっとも効果が高いという「iPhoneの初期化」をすることにしました。

実際に自分のiPhoneを初期化してみたので、「その他」にストレージが圧迫されて困っているという方は、参考にしてみてください。

iPhoneを"初期化"する前に「バックアップ」を忘れないで!

iPhoneの初期化をする前に、「アプリ」や「連絡先」などの、iPhoneに保存されている大事なデータをしっかりバックアップしておきましょう。

iPhoneのデータをバックアップする方法としては、「iCloud」にバックアップする方法と、「iTunes」にバックアップする方法の2種類があります。

iCloudとiTunes

・iCloud

iCloudにバックアップする際は、パソコンは必要なく、iPhoneのみを使ってバックアップすることが可能です。
ただ、iCloudの無料版では、最大「5GB」までしかデータをバックアップすることができません。

・iTunes

iTunesは、パソコンを使用してバックアップする必要がありますが、パソコンの空き容量分だけ、iPhoneのデータをバックアップすることができます。

今回は、「iTunes」にバックアップしていきます。

ただ、iTunesにバックアップする方法は、非常に簡単です。

iPhoneとパソコンをUSB接続して「iTunes」を開きましょう。

iPhoneのバックアップ

「バックアップ」の欄にある「このコンピューター」「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れて、「今すぐバックアップ」をクリックしましょう。

これだけで、パソコン内にiPhoneのデータをバックアップすることができます。

バックアップを復元するときは、「パスワード」が必要になるので、忘れずに覚えておきましょう。

LINEのトーク履歴をバックアップしておこう!

iPhoneのイメージ画像

「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れておけば、LINEのトーク履歴などのデータもバックアップされます

ただし、不具合が発生して、トーク履歴がすべて消えてしまう危険性もあります。
もし、トーク履歴がすべて消えると困るという方は、LINEのトーク履歴もバックアップしておきましょう。

ちなみに、LINEトークのバックアップは、iCloudに行います。

LINEのトーク履歴バックアップ LINEのトーク履歴バックアップ

LINEのアプリを起動し、左上の歯車マークをタップして「設定」を開き、「トーク」をタップします。

 

LINEのトーク履歴バックアップ LINEのトーク履歴バックアップ

「トークのバックアップ」「今すぐバックアップ」をタップすれば、バックアップが開始されます。

 

LINEのトーク履歴バックアップ

「前回のバックアップ」の時間が更新されれば、無事バックアップが完了したことになります。

ボクの場合、iTunesからの復元をしただけで、LINEのトーク履歴も無事に引き継がれていました
そのため、わざわざLINEのトーク履歴をiCloudにバックアップする必要はないかもしれません。

iPhoneの「初期化」方法

大切なiPhoneのデータをバックアップしたら、iPhoneを初期化していきます。

iPhoneの初期化方法
①iPhoneの「設定」→「一般」の順にタップする

iPhoneの"初期化"の流れイメージ画像

「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」の順でタップする

iPhoneの"初期化"の流れイメージ画像 iPhoneの"初期化"の流れイメージ画像

パスコードを入力する

iPhoneの"初期化"の流れイメージ画像

「iPhoneを消去」をタップする

iPhoneの"初期化"の流れイメージ画像

「Apple ID」を入力する

iPhoneの"初期化"の流れイメージ画像

この後は、画面にApple社のロゴマークが表示され、初期化が始まります。

初期化が完了したら、画面に日本語で「こんにちは」と出てきます。
その後は画面の指示に従って、初期の設定を行っていきます。

アキラ
さあ、不要データ「その他」はどうなっているのか...。

iPhoneストレージの「その他」はどうなったか?

初期化が無事完了したら、再びパソコンとiPhoneを繋ぎ、データの復元を行います。

iPhoneの復元

iPhoneデータの復元画面

「このバックアップから復元」にチェックを入れて、「続ける」をクリックしましょう。
iPhoneデータの復元がスタートします。

そしておよそ5分(初期化から復元までは10分くらいかな?)で復元が完了しました。

いよいよ、最も重要なポイント「iPhoneの初期化で「その他」は減らすことができるのか?」を見ていきます。

iPhoneの「その他」は消えたのか?

iPhoneストレージの画像

結果、iPhoneを初期化したら、ストレージの半分を圧迫していた「その他」がガッツリ減りました
また、「その他」以外のデータも少しずつ減りました(データ自体が消えたのではなく、キャッシュなどの無駄なものが消えたと推測)。

やはり、iPhoneストレージ「その他」最も効率よく減らす方法は、「iPhoneを初期化する」ことだと思います!

アキラ
「その他」が邪魔・消えないと悩んでいる人は、思い切ってiPhoneを初期化してみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です