あなたは"運動不足"?そんな時は「運動した」と思い込もう!

"運動不足"のアイキャッチ画像 健康
アキラ
あなたは"運動不足"じゃありませんか?

どうも、アキラ(@akila_s8)です!

あなたはしっかり"運動"できていますか?
もしかして、「運動不足」になっていたりしませんか?

おそらく、このエントリーを読んでいる方の多くが「あー、運動不足だなー。」と感じているのではないかと予想します。

運動不足は、あなたが思っているよりも「人間の健康」には良くないことです。
反対に言うと、適度な運動をすることは、「人間の健康」を維持するためには不可欠なものです。

将来の自分に「健康な体」を与えるためにも、そして「寿命」を伸ばすためにも、もし現在の自分が運動不足だと感じている方は、それを解消する必要があります。

全世界の成人の4分の1が"運動不足"

"運動不足"のイメージ画像

「運動不足」になってしまうと、生活習慣病のリスクが高まったり肥満になりやすくなったりするのは、あなたも何となく感じていることでしょう。

そして多くの人が「健康のためにも、たまには運動しておかないと」と考えます。
でも、そう考える人の多くは、運動が長続きせず、やるべきことも「先延ばし」してしまうのです。

目標達成を妨げる"先延ばし"はどのように克服できるのか?

2018.04.07

実際に、全世界の成人のうち4分の1の人たちが、「健康を維持するために必要な運動を行っていない」という研究結果が、WHO(世界保健機関)によって発表されています。

【関連記事】「全世界の成人のうち4分の1以上が運動不足」という研究結果

運動不足の危険性

実のところ「運動不足」は、あなたが思っているよりも危険であることをしっかり認識しておく必要があります。

「運動不足」は、全世界の「死亡に対しての危険因子」において「4番目」に危険であるといわれています。

ちなみに、「死亡に対しての危険因子」は上から順に「1位:高血圧」「2位:喫煙」「3位:高血糖」となっており、運動不足は、これらに次いで「死亡する危険性のある要因」となっています。

【参考記事】身体不活動(運動不足)は全世界の死亡危険因子第4位

人間はどのくらい運動する必要があるの?

「運動不足が危険というのは分かったけど、じゃあどのくらい運動すれば良いの?」と思いますよね。

WHOによると、「適度な運動」は「週に150分」「激しい運動」は「週に75分」と言われています。

つまり、毎日適度な運動をすると仮定した場合、1日「約20分」運動しなければいけません。

アキラ
運動不足は危険なんだなー。

"運動不足"の人は「自分は運動している」と思い込むと良いらしい

"運動"のイメージ画像

健康のために必要な運動時間について、「毎日運動なんかできないよ」「週に150分は多いよ」と思う方も多いのではないでしょうか。

でも、そんな方に朗報な「面白い研究」がありました。

スタンフォード大学の"オクタビア・ザート"氏が行った研究では、「自分は運動している」と思い込むことが、「健康のために運動する」のと同等のインパクトがあることが分かったそうです。

オクタビア・ザート氏の研究
過去21年分の資料をもとに、約6万1000人の人達が「健康な状態の時から死ぬまで」の期間で、

・「彼らがどのくらい運動していたのか」
・「同じ運動量の他人と比較して、自分の運動量をどのように考えていたか」

といったポイントを調べ、健康面との関係性を研究したそうです。

その結果、同程度の運動量だった人たちでも、

「他人と比べて、自分は運動不足かもしれない」と感じていた人は、
「他人と比べて、自分の運動量は多い方だ」と感じていた人よりも「若くして死ぬ」傾向にあったそうです。

さらに、2007年には、ホテルの掃除やベッドメイキングをする従業員に対して、「あなたの仕事は適度なエクササイズと同等の効果がある」と伝え、「その後の従業員の健康問題がどのように変化したのか」を調べる研究が行われました。

その結果、ほとんどの従業員の体重が減り血圧が下がっていたことが分かりました。

"睡眠"の質改善を今から本気で考えないと!

2018.04.25

つまり、健康を維持するためには、「実際に適度な運動をする」事はもちろん効果的ですが、それと同等に「自分はしっかり運動している」と思い込むことも効果的だというのです。

【参考記事】「運動した」と思えることが健康にとって重要

「運動している」と思っていることが大事!

"運動"のイメージ画像

もし、仕事や学校などが忙しくて、なかなかまとまった運動時間が確保できないという方は、「運動に関するポジティブな思い込み」を活用してみましょう。

スキマ時間などを利用して、ウォーキングサイクリングランニングなどの適度な運動をするのと同時に、「自分は他の人よりも運動している方だよな」と考えるようにしてみましょう。

もちろん、しっかり運動できた方が、間違いなく健康に良いです。
でも、もしやむを得ない理由で「運動不足」になってしまいそうだったら、「ポジティブな思い込み」対策をとってみると良いかもしれませんね。

健康面にポジティブな影響が及ぶことが期待できますよ!
寿命を延ばすこともできるかもしれません!

"寿命"を縮めたくないなら「ポジティブ」でいたほうが良い!?

2018.07.30
アキラ
「自分は他人よりも運動している方だよな」と意識的に考えてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です