"プログラミング"初心者は何から勉強を始めれば良いのか?

”"プログラミング"のアイキャッチ画像 プログラミング
アキラ
"プログラミング"って何から始めればいいの?

どうも、"プログラミング"初心者のアキラ(@akila_s8)です!

プログラミング未経験者って、必ず「何から始めれば良いの?」っていう悩みにぶち当たりますよね。
いや、悩みというより、純粋に良く分からない部分なんですよね。

プログラミングって、「自分じゃできない」「絶対難しい」っていうネガティブなイメージが先行していて。
実際ボクも、勉強を始める前はそのように感じていました。

今回は、プログラミング初心者が、プログラミングについて書いていきます。
「結局プログラミング初心者は、何から勉強していくのが一番良いのだろうか?」っていう内容を、初心者目線で考えます。

スポンサーリンク

アキラのプログラミング歴

ちなみに、ボクのプログラミング歴は勉強を始めて約1年(記事執筆時)ほど経ったかなという感じです。
確か昨年(2017年)の夏くらいに、プログラミングの勉強を開始した気がします。

実際、結構うる覚えですねー。
なぜなら、途中で勉強を止めてしまったからです...。

アキラ
完全に"先延ばし"しちゃいました...。

なので、ボクのプログラミング歴は実質5ヶ月ほどかと。
そうです、完全に「プログラミング初心者」ですね。

そんなボクが1年前に開始した勉強方法はというと、
「プログラミング学習サービス」を利用することでした。

"プログラミング"初心者は"Progate"をやるしかない!

"Progate"のWebイメージ画像

とにかくプログラミングに関しての知識が0の状態で、「とりあえずコードが書けるようになりたい!」と思っていました。

そこで始めたのが"Progate"という「プログラミング学習サービス」です。

自分なりに、何から手をつけるのが一番効率的なのかを調べてみたところ、この"Progate"というサービスに行きつきました。

実質5か月間勉強してみて、
プログラミング初心者がまず最初にやるべきことは"Progate"一択なのかな」という印象を持っています。

"Progate"ってどんなサービス?

"Progate"のロゴ

Progateは、オンラインでプログラミングを勉強できるWebサービスです。

2018年4月1日時点で、ユーザー数が300,000人にもなっているそうです。(追記:2019年4月1日時点で70万人を突破しています)
プログラミングをどうやって勉強すれば良いのか調べている人は、すでに知っているサービスかもしれませんね。

Progateには現在、全16コース・71のレッスンが用意されています。

プログラミングの基本中の基本である「HTML」「CSS」はもちろん、
「Ruby on Rails5」「PHP」「Python」「Swift」など、
様々な言語を基礎から学ぶことができます

Progateの「有料会員(月額980円)」になれば、基礎から実践まで、すべての言語・すべてのレッスンを学習することができます。

ただ、無料会員でも「HTML初級編」や「Ruby初級編」といった、基礎的内容の17レッスンを受けることが可能です。

このProgate、とにかく「初心者目線」でサービスが作られているので、プログラミングの知識が全く無い方でも非常に始めやすいです。

Progateで学習する流れは、すごくシンプルです。
最初に「スライド」で、覚えるべきプログラミングの知識について学習します。

"Progate"の画面

上の画像は、実際のProgateの学習画面です。

スライドでは、文章イラストによる解説を見ることができます。
このスライドが非常に分かりやすく、「今自分が何を学習しているのか」「今覚えようとしているコードは、実際にどのような場面で使えるのか」を、直感的に理解することができます。

そして、スライドで学んだことを実際にアウトプットしていきます。

Progateでは、「プログラミング初心者が必ずつまずく」でおなじみの「ローカル開発環境の構築」が必要なく、オンライン上でコードを書いていくことができるんです。

「ローカル開発環境の構築」とは、本番の環境(サーバー)に非常に近い仮想的的な環境(ローカル環境)をPC上に用意することです。
このローカル環境上で、アプリケーションやホームページの開発やテストを行います。

この環境構築が、非常に複雑で、初心者にとってはとても難しいものなんです。
プログラミング初心者がこれをやろうとすると、全然進まなくて、すぐプログラミングの勉強を挫折してしまうかもしれません。
少なくとも、ボクはそう感じました…。

"Progate"のレッスン画面

上が、実際にProgateでコードを入力していくときの画面です。

スライドで覚えた内容を、実際に自分でコードを打っていくので、「自分が今何をしているのか」が感覚的に理解できます。

自分の入力したコード内容がすぐに反映されるので、入力に誤り・ミス・エラーがある場合でも、どこが間違っているのかをすぐに見つけることができます

Progateでは、このようにしてレッスンを進めていきます。
操作も簡単なので、ストレスなく、スイスイ勉強できますよ!

アキラが"Progate"をおすすめする理由

プログラミング初心者のボクがProgateをおすすめする理由は、以下の3点です。

Progateをおすすめする理由
  • UI・UXが工夫されていて直感的に理解できる
  • オンライン上で学習できる
  • 経験値が貯まるとレベルアップしていく

UI・UXが工夫されていて直感的に理解できる

Progateの勉強画面

ProgateはUI・UXにものすごく力を入れている印象です。

「UI」とは「User Interface(ユーザーインターフェイス)」の略で、ユーザーとサービスの接地面のことを表します。
ユーザーの目に見える部分ということですね。

「UX」は「User Experience(ユーザーエクスペリエンス)」の略で、ユーザーがそのサービスで得られる体験のことです。

Progateは、先ほど画像でも見せたように、
「スライドでインプットして、実際にコードを打ってアウトプットする」という一連の流れで学習を進めます。

スライドは非常に見やすく・分かりやすいです。
文章もあまり多くないので、初心者でも理解しやすいです。

その結果、最初に抱いていた「プログラミングって難しそう」というイメージは無くなります。
いつの間にか、「次のレッスンもやってみようかな」という感覚になっていました

オンライン上で学習できる

これも非常にありがたいポイントです。

パソコンとインターネットがつながる環境があれば、どこでも・いつでも、簡単にプログラミングを勉強することができます。

しかも、Progateはスマホアプリも用意しています。

Progateのアプリ画像 スマホでプログラミングが勉強できるんです。
非常に便利ですね!

経験値が貯まるとレベルアップしていく

Progateでは、レッスンを重ねるごとに「経験値(EXP)」が貯まるように作られています。
経験値が貯まっていくと、自分のレベル(Lv.)がアップする仕組みになっています。

Progateのレベルアップ画面

ポケモンみたいに、勉強すればするほど自分のレベルが上がっていきます。
いわゆる「ゲーミフィケーション」ですね。

"Progate"のマイページ画面

クリアしていくレッスンの数が増えると同時に、自分のレベルもアップしていくので、モチベーションも保たれます

また、「Day,Week,Total」ごとのランキングも発表されています。
ガッツリ勉強した日に、ランキング欄に自分の名前があると、非常にテンションが上がります!

アキラ
プログラミング初心者でも勉強が続くように作られているので、始めやすいですよ!

プログラミングの参考書も買ってみたけど...

ちなみに、Progate以外の勉強方法として、自分でプログラミングの本を使って勉強する方法も試みました。
買った参考書は「HTML/CSS」の入門本です。

結論は、
「圧倒的にProgateのほうが始めやすい・プログラミング初心者に向いている」
ということです。

参考書は文章が多く、一度に理解できない部分が多々あります。
また、本を見ながらキーボードを打つという作業も大変だと感じました。

プログラミングになれないまま書籍を使って勉強を始めるのは、少しハードルが高いかなという印象です。

そのため、
「まず最初にProgateで基本的な知識を習得」→「参考書を辞書のように使う」
という流れが良いのかなと感じています。

アキラ
プログラミングの参考書って難しいんだよね。

書籍を使った勉強は、ボクには合わなかった。

プログラミングを体験してみたい方は"Progate"をいじってみよう!

"Progate"のイメージ画像

今回は、プログラミング初心者が一番最初に取り組むべき勉強方法について、ボクなりに解説してきました。

確かに、「プログラマーの方がおすすめする勉強法を知りたい」という初心者の方が多いと思います。

けれど、プログラミング未経験者により感覚の近い「ほぼプログラミング初心者」がおすすめする勉強方法のほうが、説得力があるかなと思い、今回の記事を書きました!

アキラ
「プログラミング触ってみたいなー」となんとなく思っているプログラミング未経験者は、ぜひ参考にしてみてください!