"不安"を解消するためには?考えるな!行動しろ!

アイキャッチ画像 モチベーション
アキラ
"不安"を解消するには、とにかく何も考えずに「行動」するのが一番ですよ!

どうも、アキラ(@akila_s8)です。

不安を抱えてしまうのは、誰にでもあることです。

不安と言っても、様々な種類がありますよね。
「将来自分がどうなっているのか分からなくて不安」「明日のプレゼンでしっかり話せるのか不安」「試合で練習の成果を発揮できるか不安」などなど。

「不安を抱えること」を避けるのは難しいです。
ただ、「不安を解消すること」は可能です。

"不安"を解消する具体策

白くまのイメージ画像

不安を上手く解消できずにいると、物事が思い通りに進まなくなってしまいます
不安を抱えたときに良くない行動は、「不安なことについて考えてしまう」ことです。

有名な実験に、「白くまのリバウンド効果実験」があります。

これは、ハーバード大学のダニエル・ウェグナー博士が行った実験です。
みなさんも自分が被験者だと思ってやってみてください。

白くまのリバウンド効果実験

それでは、「白くま」について絶対に考えないでください

………
………

どうですか?
「白くま」について考えてはいけないと言われているのに、なぜか白くまが頭に思い浮かんでしまったのではないでしょうか。

人間が、画像イメージを記憶するときに使われるのは右脳です。
そして右脳は「否定形」を理解できないそうです。

つまり、「白くまについてイメージしてはいけない」と否定形で考えるほど、右脳に白くまのイメージが浮かびあがってしまうのです。

「不安なことを考える」と実現してしまう

「明日のプレゼンは失敗してはいけない」「相手のバッターの得意コースに投球してはいけない」「TOEICテストのリスニングを一言一句聞き逃してはいけない」「就職活動に失敗してはいけない」

もしあなたが「不安なこと」を抱えているとき、きっと上記のように考えてしまうのではないでしょうか。

ただ、「ネガティブなこと・不安なこと・悩み」を考えれば考えるほど、結局「自分が失敗したとき・望んでいない結果が出たとき」のイメージが明確化されてしまい、そのマイナスなイメージが実現してしまうことがあります。

アキラ
あー、考えすぎは良くないのねー。

不安を解消するにはどうすれば良いのか?

"不安"を捨てる状況をイメージさせる画像

ダニエル・ウェグナー博士は、抱えてしまった不安を解消する方法として、以下の5つを挙げています。

不安を解消する方法
  1. 考えることをやめて"行動"する
  2. 不安を"棚上げ"する
  3. ネガティブ思考と真正面から戦う
  4. "瞑想"をする
  5. 不安に感じていることを忠実に日記に書き記す

1,2の方法は、不安なことについて「考えるのをやめてしまう」方法です。

不安なことを考えても、ますますネガティブな気分になってしまうだけですし、下手すると、その不安が実現してしまいます。

不安を感じたり、ネガティブ思考に陥った場合には、とにかく"行動"することを意識してみましょう!

例えば、ランニングや筋トレ、運動をしてみたり、趣味や勉強をしてみたり。
行動を起こしているうちに、不安に感じていたことを忘れたり、意外と大した悩みじゃなかったかもという気分になれます。

"本田圭佑選手"がプログラミングの勉強!成長欲がすごい!

2018.07.20

3,5は、ネガティブな考えに対して、真正面から向き合うことで解消する方法です。

3の「ネガティブ思考と真正面から戦う」は、嫌なことにあえて挑戦してみる「暴露法」と呼ばれる心理療法の一つです。
苦手なことに果敢にチャレンジすることで、「不安耐性」を強化することができます。

また、「瞑想」は、不安や恐怖を抑える効果があることが、科学的にも分かっています。

アキラ
不安を感じたら、考えるのはやめて、とにかく行動しよう!

すぐに行動できるって強いよね!

すぐに行動する人のイメージ画像

結局、即座に行動できる人って強いですよね。

とりあえず何も考えずに、一歩前に進んでみよう!
何かを考えてしまうと「先延ばし」が発生してしまうので。

行動すれば、失敗する可能性ももちろんあります。
だけど、失敗から得られるフィードバックをもとに、新たな行動を起こすことで、人は成長できます。

不安なことや、悩み、嫌な出来事がある時は、とりあえず何か"行動"してみよう!

いち早く"成果"を出したいなら「モチベーション」を上げよう!

2018.07.12
アキラ
自分に常に言い聞かせよう。

【参考図書】逆境を突破する技術-「折れない心」を科学的に習得する極意(児玉光雄 著)