"不安"を取り除きたいなら「行動する」ことを意識しよう!

アクションをイメージさせるアイキャッチ画像 行動
アキラ
"不安"を感じたら、とにかく「行動」を起こそう!

みなさんは、何か"不安"を感じたとき、その不安に対してどのように対応しますか?

不安・悩み事・心配事を抱え込んでしまうと、「自己効力感」が低下して、打たれ弱くなってしまいます。
「打たれ弱さ」が染みついてしまうと、心理的にも健康的にも良くないことが分かっています。

不安を感じているときは、とにかく「行動」を起こすことが大切です!

"不安"に打たれ弱い人間は危ない!

"不安"を感じているイメージ画像

アメリカの心理学者である「K.H.トゼスニウスキー」が、不安に「打たれ弱い人」「打たれ強い人」の追跡調査を15年間に渡って行ったそうです。

その結果、「打たれ弱い人」は「打たれ強い人」と比べて、様々な部分で悪い影響があることが判明しました。

K.Hトゼスニウスキーの追跡調査結果
「打たれ弱い人」は、「打たれ強い人」と比べて...

  1. 「抑うつ感」に悩む人が1.26倍も多かった!
  2. 「不安障害」に悩む人が1.6倍も多かった!
  3. 1.32倍「タバコ依存」になりやすかった!
  4. 「犯罪」を犯しやすい人が1.32倍も多かった!
  5. 1.45倍もの人が「無職」でい続けた!

不安や悩みを上手く解消できない人は、心理面でも健康面でも、良くない結果を引き起こしてしまう可能性が高いことが分かったのです。

恐いですね。

この調査結果を見るだけでも、不安を上手に解消できるようになって、打たれ強い人間になりたいと思いますよね。

アキラ
これは、「打たれ強い」人間になるしかないな。

不安を解消するために「自己効力感」を高めよう!

レジリエンスのイメージ画像

みなさんは、「自己効力感(Resilience:レジリエンス)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

米国心理学会によると、自己効力感は以下のように定義されています。

逆境やトラブル、強いストレスに直面したとき、その状況に適応できる精神力と心理的プロセス

「自己効力感」が強い人は「不安」をバネに実力を発揮できる

「自己効力感」が強い人は、不安やストレスを感じたとき、「このストレスをバネにして、実力を発揮しよう!成長しよう!能力を伸ばそう!」と考えることができます。

一方、「自己効力感」が弱い人は、「不安に押しつぶされそう・私にできるはずがない」と考えてしまいます。

自己効力感を高めることで、不安やストレス、プレッシャーなどに「打たれ強く」なり、逆境を突破できるようになります

「自己効力感」を高めるには?

スタンフォード大学の「アルバート・バンデューラ」は、「自己効力感」が高まる要因の一つとして、「実体験」を上げています。

つまり、とにかく「何かやってみて」小さな成功体験を積み重ねることで、自己効力感が高まるということです。

「打たれ弱い人間」から脱するには、まず小さなことから行動を起こしていくことが大事なんですね!

「先週よりも、50個英単語を覚えることができた」とか「今週は、毎日30分プログラミングに触れた」とか、何でも良いので、小さな成功体験を味わうことができるように行動しましょう!

アキラ
昨日よりも今日、今日よりも明日、少しだけでも成長していることが大事!

価値のある人間になるには?何か"行動"を起こすしかない!

2018.04.10

不安は具体的な「行動」で解消できる!

ジェットコースターのイメージ画像

不安や悩みが大きい人ほど、それを解消したときの「快感」も大きいということが分かっているそうです。

フランスにあるランス大学の「ファビエン・レグランド」が、被験者を絶叫マシーンに乗せて、その「興奮レベル」を測る実験を行いました。

すると、絶叫マシーンに乗る前に抱えている「不安」が大きい人ほど、絶叫マシーンが終わった後の「快感」が大きかったのです。

最初はものすごく怖くて不安で「乗りたくなかった」のに、一度乗ってみたら、今度は絶叫マシーンの興奮を求めて「何度も乗りたくなる」。
そういう経験をした方もいるのではないでしょうか。

不安があるときは、その不安に「立ち向かう・解消しようと行動する」ことで、より大きな快感を得ることが可能です。
さらに、一度その不安やストレスを解消することができれば、その後同じような不安に見舞われても、対処できるようになります。

結局、何か「行動」を起こすことで、不安は解消できるし、大きな快感を得ることができるし、自己効力感も高まり、「打たれ強く」なるのです。

アキラ
不安を感じているときは、「行動すれば大きな快感を得られる」と意識してみよう!

今の自分に不満があるなら今すぐ"行動"するしかない

2018.04.06

【参考文献】逆境を突破する技術-「折れない心」を科学的に習得する極意(児玉光雄 著)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です