睡眠アプリ"Sleep Meister"を使ったら、新事実が判明した!

"Sleep Meister"のアイキャッチ画像 健康
アキラ
"Sleep Meister"というアプリ知ってますか?

どうも、なんとか自分の「睡眠偏差値」を上げようと試行錯誤しています、アキラ(@akila_s8)です!

みなさんは、ちゃんと「質の高い」睡眠がとれていますか?
当然の話ですが、「睡眠」は人間の体にとってめちゃくちゃ大事なことです!
"睡眠"の質改善を今から本気で考えないと!

今回は、あなたの睡眠をより良いものにしてくれる「睡眠アプリ」、"Sleep Meister"を使ってみたので、レビューを書いてみようと思います。

実は、このアプリを使い始めてから、これまで知ることのなかった「自分の新事実」が明らかになったのです...。

"Sleep Meister"ってどんなアプリ?

"Sleep Meister"

出典:App Store プレビュー - Sleep Meister

Sleep Meisterというアプリは、「眠りの浅い」タイミングでアラームを鳴らしてくれる「睡眠サイクルアラームアプリ」です。

このアプリの一番の特徴は、ズバリ「眠りの浅いタイミングでアラームを鳴らしてくれる」という点です。

人間には「睡眠サイクル」が存在します。
なんとなく聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

「レム睡眠」「ノンレム睡眠」っていうやつですね!

人間の睡眠サイクル

「レム睡眠」…睡眠が浅い状態(眼球が動いたりしてるみたいよ)

「ノンレム睡眠」…睡眠が深い状態(眼球は動かないんだって)

人間が眠りに落ちると、すぐに「ノンレム睡眠」になります。
いわゆる「ぐっすり眠っている状態」ですね。

そのあと、大体90分後に、「ノンレム睡眠」から「レム睡眠」に眠りの状態が変化します。
つまり、人間は90分ごとに、睡眠の質が入れ替わっているんですね。

ノンレム睡眠(90分)→レム睡眠(90分)→ノンレム睡眠(90分)→レム睡眠(90分)
みたいに。

この睡眠サイクルの中で、眠りの浅い状態である「レム睡眠」の時に目覚ましが鳴ると、人は「ノンレム睡眠」時に起こされるときよりも目覚めがよくなるといわれています。

Sleep Meisterでは、この睡眠サイクルを計測していて(iPhoneに内蔵されている加速度センサで人間の体動を感知しているんだって)、
自分が寝る前に設定した「時間帯」と「レム睡眠」が重なったタイミングで、アラームを鳴らしてくれます!

iOSデバイス向けのアプリなので、Androidスマホでは利用できません。

だから、決まった時間に必ずアラームが鳴ってしまうアプリや目覚まし時計と比べて、心地よい目覚めが実現するんです!

アキラ
確かに、ボクもSleep Meisterを使い始めてから、

比較的スムーズな目覚めを迎えられている!(気がします...思い込みじゃないよ...思い込みかな?)

Sleep Meisterは「寝言」や「いびき」を録音してくれる!

このSleep Meisterは、睡眠サイクルアラーム機能以外にも、自分の睡眠の質を高めるための様々な機能が搭載されています。

Sleep Meisterの機能
  • 睡眠サイクルの記録機能
  • Twitterへの自動ツイート機能
  • 寝言(物音)の録音機能
  • 入眠時に自動停止する音楽プレイヤー機能
  • iPhoneの「ヘルスケア」アプリと同期可能

Sleep Meisterでは、毎日の睡眠状態が記録されます。

そのため、「昨日はあまり良く寝ることができなかったな~」とか「今日すっきり目覚めることができて、一日の調子が良かったけど、睡眠が良かったからか!」などと振り返ることができます。

"Sleep Meister"の統計画面

「統計」というところから、上の画像のように、自分の睡眠状態を確認することができます
「眠りの深さはどうだったか?」「睡眠効率は良かったか?」などをチェックできるんですね!

"Sleep Meister"のグラフ画面

「グラフ」というタブをタップすれば、睡眠サイクルのグラフを確認することができます。

"Sleep Meister"の睡眠サイクル画面

「起床時間」としてセットした時間帯で、眠りが浅くなったときにアラームを鳴らしてくれます。

Sleep Meisterの機能設定方法

"Sleep Meister"の設定

上の画像は、Sleep Meisterのアラーム設定画面です。
ここでは、利用すべき機能の設定画面を紹介します。

  • 【①起床時間の設定】
  • 【②行動メモの設定】
  • 【③寝言(物音)録音設定】
  • 【④ミュージック設定】

【①起床時間の設定】

起きたい時間を設定すると、設定した時間の30分前からアラーム稼働がスタートする仕組みになっています。

この設定した時間帯で「レム睡眠」になったタイミングでアラームを鳴らしてくれます。

【②行動メモの設定】

"Sleep Meister"の行動メモ

②で囲んだ部分では、「行動メモ」を設定することができます。
アラームをセットするときに、その日に行った行動を記録しておきましょう。

この行動メモを記録しておくことで、
「昨日は眠りが浅かったけど、アルコールを飲んだことが原因の可能性が高いな~」
などと、自分の行動と睡眠の質を結びつけることができます。

【③寝言(物音)録音設定】

"Sleep Meister"の寝言録音

③で囲んだ部分をタップるすると、睡眠中の「寝言」や「物音」などを記録することができます。

自分が睡眠中に「"いびき"をかいているのか気になる」「"寝言"しゃべってたりするのかな」など、睡眠中の自分の行動を記録したい方は、「録音」をONにしておきましょう!

「体動の測定」や「物音の録音」のために、睡眠時はiPhoneを頭のそば(枕元など)においておく必要があります。

ただ、iPhoneと顔の位置が遠すぎたり、枕の下にiPhoneが入ってしまうと、うまくデータが取れないので注意です。

"Sleep Meister"の体動検出負荷

↑体動が検出できなかった時の表示

【④ミュージック設定】

"Sleep Meister"のミュージック

Sleep Meisterでは、音楽をかけて眠りについても、入眠が確認されたら自動的に音楽がストップする機能が搭載されています。
そのため、好きな音楽聞きながら眠りにつくことができます。

④で囲んだ部分をタップすることで、プレイヤーを起動することができます!

寝言(物音)を確認するには?

睡眠中の録音機能をONにすることで、自分が寝ている間にどんな音を発しているのかを確かめることができます。

"Sleep Meister"の録音再生

「グラフ」→「寝言」をタップすることで、録音した音を確認することができます。
ちなみに、上の画像の「23"」というのは、「23秒間物音を録音できた」ことを意味しています!

Sleep Meisterで分かったボクの新事実

"新事実"のイメージ画像

Sleep Meisterで睡眠中の「寝言(物音)」を録音し始めてから、これまで気づかなかった自分の新事実が判明してしまいました。

ある日、目を覚ますと、Sleep Meisterに「寝言(物音)」が録音されていました。

アキラ
あ!録音されてる!

なぜか分からないけど、ちょっとだけテンションが上がりました
なぜだろう。

"Sleep Meister"の物音再生画面

↑ある日の「寝言(物音)再生画面」

アキラ
37秒間も録音されてるよ!
なんだろう?
イビキかな?
でも普段イビキをかいている自覚はないんだよなー。

なぜか胸を膨らませ(なぜだ)、録音再生画面で再生ボタンを押してみると...。

アキラの歯
キリキリ...
アキラ
ん?
おかしな歯
キッキッキリキリ...
アキラ
これはまさか...
暴れる歯
キリキリキリキリーーーー!!!
アキラ
歯ぎしりや~~~~~~~~!!!!!

ボクは睡眠中に歯ぎしりをしているようです。

Sleep Meisterを使うまで知らなかった...。

Sleep Meisterを使って分かったのが、
歯ぎしりが起こる日と起こらない日があって、
歯ぎしりがなるのは、基本的に朝方(眠りが浅くなっている時間帯)であることです。

アキラ
ちょっとこれは改善しないとダメですね~。

Sleep Meisterはこれからも使っていこうと思う

そんなこんなで、これからもSleep Meisterは使っていこうと考えています

起きたい時間帯の「眠りが浅いタイミング」を見計らってアラームを鳴らしてくれるし、
睡眠中の寝言・物音・歯ぎしりを録音してくれるし、
過去の統計データもチェックできるし。

かなり気に入っています!

「睡眠の質を改善したい!」

「自分は寝言とかイビキとかしてるのか知りたい!」

という方は、ぜひ使ってみてください!

"朝型"人間になって「健康&生産性」を手に入れよう!

2018.08.18

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です