“睡眠”の質改善を今から本気で考えないと!

アイキャッチ画像 健康
アキラ
“睡眠”を改善していかないと…

とけっこう本気で考えてます。こんにちは、アキラ(@akila_s8)です。

この記事を読んで、本当に自分の睡眠状況を改善しないとやばいな~ってなってます。

“睡眠”が夜型の人は危険?

イギリスで行われた実験で、43万人以上を対象に6年半をかけて調査したそうです。
この研究によると、「夜型人間」の人は「朝型人間」よりも死亡リスクが10%も高くなることが分かったといいます。

夜型人間は朝方タイプの人よりも、「精神的疾患」「糖尿病」「胃や呼吸器の不調」にかかる割合が高くなるそうです。

夜型が危険なのは、「夜遅くまで起きていることで体内時計が狂い外部環境と合わなくなってしまう」事のようです。

アキラ
夜型は良くないのかー。病気のリスクも高まるらしいしなー。

寝る時間が多ければいいわけでもない

「人間はどのくらい寝るのが良いと思いますか?」

と聞かれたら、みなさんだいたい「8時間」と答えるのではないでしょうか?

カリフォルニア大学サンディエゴ校の睡眠に関する研究によると、「6.5時間睡眠の人のほうが8時間睡眠の人よりも長生き」だということが分かったそうです。

この研究結果は、8時間睡眠が体に悪いということではなくて、「長い睡眠をしないと疲れが取れない=不健康だ」ということを意味しています。

アキラ
当然のことだけど、「睡眠」と「健康」は密接に関わり合ってるんだなー。
これは睡眠をハックしないとダメだな!

睡眠解析アプリ「Sleep Cycle alarm clock」

最強の食事,本

かなり話題になった本で、知っている方も多いかもしれませんが、デイヴ・アスプリー著の「シリコンバレー式 自分を変える 『最強の食事』」という本を参考に、これから睡眠をハックしていこうかなと考えています。

デイヴ・アスプリーさんは、世界トップクラスの医学博士や栄養士、生化学者たちの数多くの研究をもとに自分の体をバイオハッキングして、IQを20ポイント上昇させ、体重を50キロも減量させた、いわゆる強者です。

デイヴさんは自分に30万ドルも投資をして様々なダイエット方法や健康方法を探ったといいます。
その過程で得た体験や、体をより良くする方法を「最強の食事」という本の中にまとめています。

Sleep Cycle alarm clockのアプリアイコン

この本の中で、デイヴさんが睡眠を科学的にコントロールする方法の一つとして紹介していたのが、睡眠アプリ「Sleep Cycle alarm clock」でした。
これ、以前自分でも使っていたアプリだったので「オッ」ってなりました。

このアプリは、アラームをセットして、ベッドの上とかシーツの上にスマホを置いておくだけでいいんです。
あとは、スマホのマイクを利用して、睡眠時の呼吸などから「睡眠のパターンと質」を解析してくれる優れモノです。

解析結果は自動的に保存されるので、自分の睡眠のデータを集めることができます。

このアプリを入れようと思った一番の理由が、「眠りの浅い時にアラームを鳴らしてくれる」点です。
眠っている最中も、アプリが睡眠の質や眠りの付加差などを逐一解析してくれています。

そして、アラームを設定した時間帯に近づくと、眠りが浅くなった時にアラームを鳴らしてくれるので、気持ちよく、すっきりした目覚めが可能になるんです。

Sleep Cycle alarm clockの画面

例えば、7時に起きたいとき、このアプリで7時にアラーム設定すると、だいたい6:30~7:00の間で眠りが浅くなった瞬間を狙って、アラームが鳴ります。

Sleep Cycle alarm clockの画面

そして上の画像のように、アプリを起動してからアラームが鳴るまでの睡眠状態をデータ化してくれます。
睡眠の深さ、快眠度、睡眠時間、いびきなどを記録してくれるので、自分の睡眠の質をチェックするにはもってこいのアプリです。

アキラ
最近使ってなかったけど、睡眠をハックしたいから使っていこう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です