“誘惑”に勝てない人は「行動経済学を勉強しよう」って話

アイキャッチ画像 目標達成
アキラ
やるべきことがあるのに目の前の”誘惑”に負けてしまうー。

たまに誘惑に負けてしまいます。こんにちは、アキラ(@akila_s8)です。

目の前のやるべきこととか、集中力を使ってこなしたい作業とかがあるのに、「ちょっとだけ」とか思ってYouTube見ちゃったりするんですよねー。

せっかく集中していたのに、一気にその集中力が切れちゃって。
その後作業に戻ろうと思っても、もう無理だったりするんですよね。

みなさんもありませんか?こんなこと。
例えば、「ダイエットするぞ!」と意気込んでいたのに、誘惑に負けてお菓子を食べる。
「禁煙するぞ!」と目標を立てたのに、我慢できずに三日坊主

目標達成を妨げる先延ばしはどのように克服できるのか

2018.04.07

誘惑に負けて目先の快楽を手に入れようとしてしまう人は「現在志向バイアス」が強い&「時間割引率」が高いのかもしれません。

誘惑に弱いのは「現在志向バイアス」のせい

現在志向バイアスは行動経済学で登場する概念の一つです。

現在志向バイアス
目先のトクに目がくらみ、将来得られたであろう大きな利益を捨てて、目の前にある小さな利益を得ようとすること。
現在志向バイアス,行動経済学,イラスト

現在志向バイアスによって、目先の手軽に獲得できるトクを選び、将来手に入ったかもしれない大きな利益を手放し、大きな損を被るような行動をしてしまいます。

現在志向バイアスが強い人は、将来よりも現在を重視する傾向にあります。

禁煙ができない人は、煙草を口にくわえてライターで火をつけるだけで得ることができる快感に負けて、将来肺がんなどの病気になってしまうリスクをどんどん高めてしまいます。

ダイエットを成功させてきれいな体を手に入れることを夢見ても、現在志向バイアスが働くと、すぐに手に取って食べることができるお菓子に夢中になってしまう。結果、ダイエットは失敗です。

現代の世の中は、誘惑が多すぎて…現在志向バイアスが強い人にとっては、なかなかやるべきことに集中できない環境になってますよね。

現在志向バイアスはお金を使う場面でも現れる

現在志向バイアスは、頭を使って考える必要のある「お金の使い方」にも関係してきます。
現在志向バイアスが影響して、間違ったお金の使い方をしてしまう人も多そうです。

この記事は、春から新社会人になる人たちに向けて「間違ったお金の使い方」について解説している記事でした。

誤ったお金の使い方として紹介されていたのは以下の3点です。

間違ったお金の使い方
  • リボルビング払い
  • カードローン
  • 医療保険を含む生命保険

お金を使う場面でも、「現在志向バイアス」が働きます。
この中だと「リボルビング払い」と「カードローン」は注意ですよね。

 

現在志向バイアスが働く→将来お金を支払わなければいけないけど、衝動買いを優先→クレジットカードを使いすぎて「リボルビング払い」。

現在志向バイアスが働く→将来お金を支払わなければいけないけど、気軽にお金を借りることができるから利用してしまう→いつの間にか借金地獄で、返済困難に。

 

将来よりも目先のお得感(衝動買いでほしいものを手に入れる、手軽にお金が手に入る)を優先してしまうと、将来にそのツケが回ってきてしまいます

アキラ
これ当たり前のことなんだけど、きちんと理解できている人は少ない気がする。

人間は間近な出来事にせっかちになる

人間は、間近な出来事には「せっかち」で、遠い将来のことには「気長」になる傾向があります。
これも行動経済学の「双曲割引」の概念です。

ある二つの場面を想像してみましょう。

あなたは予約を変更するか?
  1. 「今晩」友達とディナーをするためにレストランを予約しておいた

    「予約を明日に変更していただければ、レストラン側からワインのボトルを1本無料で差し上げます」とレストランから連絡がきた。
  2. 「3カ月後」友達とディナーをするためにレストランを予約しておいた

    「予約を3カ月と1日後に変更していただければ、レストラン側からワインのボトルを1本無料で差し上げます」とレストランから連絡がきた。

①と②それぞれの場面で、あなたは予約を変更してワインをもらう選択をするでしょうか、それともワインはもらえなくてもいいから変更しない選択をするのでしょうか。

きっと今晩予約を入れている場面は、間近にせまっているディナーを変更することは無いと思います。
一方、3カ月先の予約であれば「まあいいかな」と感じて、変更する選択をとるのではないでしょうか。

これが「双曲割引」です。
基本的に人間は、近い将来ほど「時間割引率」が高く、遠い将来に関しては「時間割引率」が低い傾向にあります。

大事なのは将来か?現在か?

行動経済学,時間割引率, 誘惑 イラスト
時間割引率
人が「将来の利益」よりも「目先の利益」を優先する傾向にあることを測る尺度のこと。
「現在の利得」と「将来の利得」の交換比率で表すことができる。

この双曲割引の実験は実に面白くて、タバコを吸う人たちがいかに「時間割引率」が高いかが分かります。
「現在の100円と同等な価値をもつ1年後の金額は?」という質問に対し、非喫煙者平均で「169円」と答えたのに対し、喫煙者たちは平均「216円」と答えたそうです。
つまり、タバコを吸う人のほうが、現在または近い将来を優先する傾向にあります。

時間割引率が高く、近い将来が大切だと感じるということは、将来の出来事に関しては現実味を感じられなくなります。
高い目標とか掲げて、最初のうちはワクワクしてたのに、実際にやるべきことを目の前にするとそれまでのワクワク感が消えてしまうのは、時間割引率が原因になっているのかもしれません。

「旅行は計画を立てているときが一番楽しい」とかまさに典型的な例です。
計画を立てているときは、旅行はまだ先の話なので現実味がないため、あいまいな計画を立てがちです。
だんだん旅行が近づいてくると、準備するものが多かったり、計画に不備が見つかったりして、だんだんやる気が無くなってきてしまいます。

行動経済学をもっと深く理解しよう

アキラ
行動経済学を理解して、自分の行動をもっと合理的で、的確なものにしていこう!

と今考えています。

行動経済学の概念を深く理解して、普段の生活に取り入れていけば、もっとレベルの高いライフスタイルを送れるはず!
目標達成もたくさんできるはず!