TOEIC本番で"集中できない"あなたに対処法を教えます!

「TOEICテスト中"集中できない"」アイキャッチ画像 TOEIC
当エントリーで分かること!

「TOEICの本番中に"集中できない"!」
と悩んでいる方におすすめの対処法

TOEIC受験者

TOEICの試験中にどうしても集中力が切れてしまう...。
そのせいで、これまでの勉強の成果が発揮できない...。

↑このような悩みを抱えている方も多くいるのではないでしょうか。

ボク自身、同じ悩みを抱えていました。

TOEIC試験中に集中力が切れてしまうと、「せっかく正解できたはずの問題」を取りこぼしてしまうので、スコアに大きく影響してきます。

この”集中力が続かない問題”は、急いで対処する必要アリです!

そこで今回は、TOEICを850点まで伸ばすことができたボクが、【TOEIC試験中に集中力が切れてしまう】方に向けて、その対処法をご紹介していきます。

TOEIC試験中に"集中できない"人は今すぐ改善しよう!

TOEIC試験の最中に集中力が一旦途切れてしまうと、それを元に戻すのは"至難の業"。
ほぼ不可能ですよね。

ボクも、TOEICを受け始めた頃はよく"集中できない問題"に直面していました。

この問題が発生してしまうと、いろいろな「損」が生じます。

TOEIC中に集中力が切れると...
  • 本来解けていたはずの問題を"取りこぼす"
  • 問題を最後まで解くことができず、本当の実力がTOEICスコアに反映されない
  • これまでのTOEIC勉強が"無駄"になってしまう

TOEIC試験中に集中力が無くなると、集中している時なら正解していた問題を間違える可能性が高まります。
このせいで、あなたのスコアは下がりますよね。

また、"ただでさえ試験時間内に全問解ききることが難しい"のが「TOEIC」。
集中力が切れてしまったら、問題を全て確実に解答することはもちろん不可能です。
「全問しっかり解答できない=あなたのスコアが下がる」←こうなりますよね。

つまり!

TOEICテスト中に集中力が切れてしまったら、(当たり前のことですが)TOEICスコアは大きく下がります。
しかも、「本来の実力を発揮できていないスコア」になってしまうわけです。

これは、【今までのTOEIC勉強が無駄になった】ことを意味しています...。

当エントリーをご覧になっているあなたは、目標スコアを達成するために、貴重な時間を使ってTOEIC勉強を頑張っているはず。

その"頑張り"が無駄になることを想像してみてください。
それだけは避けたいですよね。
だからこそ、「集中力が切れてしまう問題」は早急に解決しなければいけません

TOEIC試験中に"集中できない"原因を考える

自分が抱える問題を解消するためには、その問題が発生する"原因"を理解することが大切。
原因が分かれば、それを根こそぎ改善すれば良いだけです。

では、TOEIC試験中に集中力が切れてしまう原因には何があるでしょうか?

考えられる原因
  • 時間が経つにつれて頭が疲れる→集中力が切れる
  • リスニングで"聞き逃し"が発生→集中力が切れる
  • リスニングで"問題とは関係の無い時間(Directions)"にボーっとする→集中力が切れる
  • 「分からない問題が多い」「時間が足りない」という焦りが生まれる→集中力が切れる
  • 周りの受験生が気になる→集中力が切れる etc.

TOEIC試験中に集中力が切れる原因として、↑この辺りが考えられるのではないでしょうか?
心当たりありませんか?

ちなみに、上記に挙げた原因は、ボク自身の集中力が切れるタイミングでもあります。
これらが原因で、大事な試験中に集中力が無くなっていたことを覚えています。

TOEIC試験中に"集中できない"人が取るべき対処法

TOEICテストで最後まで集中できない原因を突きとめたら、あとはその原因を対処する行動を起こすだけです。

この章では、ボクがおすすめする【集中できない原因の対処法】をご紹介していきます。

ちなみに、当エントリーを書いているボクはTOEIC850点を取得しています↓

【TOEICで"集中できない"】TOEICのスコア画像

集中力が切れる原因を理解し、これから紹介する対処法を実践した結果、この点数につながったと思っています!

アキラ

これから紹介する方法は、きっとあなたの役にも立つはず!

"集中できない原因"←実は「1つ」で説明できる

おすすめの対処法について解説する前に、一つお伝えしたいことがあります。

先程の章で、「TOEICで集中力が続かない原因」をいくつか挙げました。
実はこれらの原因(これ以外にあなたが思い浮かべた原因も含めて)は、すべて「1つ」にまとめることができます

それが...

TOEICテストに慣れていない!
(=TOEICの練習不足)

というものです。

「TOEIC中に集中力が続かないよ...」と悩んでいるすべての人に当てはまる"根本的な原因"が、【TOEICテストに慣れていない】ことだとボクは考えています。

「TOEICテストに慣れていない」ことが根本的な原因!

TOEIC受験者

TOEICテストに慣れていない?
どういうこと?

帰国子女などの方を除き、初めての受験で「TOEIC800点以上」取れるような人は"ほとんどいない"はず。

それは、TOEICテストには"独自の特殊性"があるから。

TOEICの特殊性
  • 試験時間はおよそ「2時間」
  • 試験時間内にすべて解答するのが難しいくらい「問題数が多い(200問)」
  • リスニングでは、問題には関係の無い「説明音声が流れる」
  • 問題冊子に「書き込みできない」
  • リスニングは「試験会場で音声が流される」
  • 周囲に「他の受験生がたくさんいる」

どうですか?
TOEICテストってかなり"クセが強い"試験ですよね。

この特殊性が、あなたの集中力を邪魔してきます↓

▲試験時間はおよそ「2時間」
▲「問題数が多い(200問)」
→長時間、たくさんの英語の問題を解かないといけないので、途中で頭が疲れる→集中力が続かない

▲リスニングの設問の間に「説明音声(Directions)が流れる」
→ふとした瞬間に集中力が途切れる

▲問題冊子に「書き込みできない」
→リスニングで"聞き逃し"が発生→集中力が切れる

▲リスニングは「試験会場で音声が流される」
▲周囲に「他の受験生がたくさんいる」
→周りの雑音が気になる・他の受験者がスラスラ解答している(ように見える)→集中できない

TOEICテストの"特殊性"に慣れない限り、集中力を阻害する原因は消えません

つまりですよ!

反対に考えると、【TOEICテストに慣れる】ことができれば、いつの間にか自分の集中力を邪魔するものが消えるということでもあります。

「TOEIC慣れ」が実現すれば集中力を持続できる!

TOEICテストに慣れることができれば、試験中の集中力は自然と高まっていきます。

同時に、"解答テクニック""時間配分"等の能力も向上するので、結果的にあなたのTOEICスコアは大きく上昇します。

TOEIC受験者

どうすればTOEICに慣れることができるの?

「TOEICテストに慣れる」方法は"1つ"しかありません。

それは...

「公式問題集」を使って、TOEICテストの"予行演習"を繰り返す

です!

【おすすめの対処法】「公式問題集」を繰り返し解きまくる

当エントリーをご覧になっているあなたに質問です。

質問

「公式問題集」を活用していますか?

公式問題集とは・・・本番のTOEICを運営しているETSという機関が制作する問題集のこと。

《特徴》
◎テストが2回分(計400問)収録されている
◎解答・解説・スコア換算表あり
◎リスニング音声のCDが付属(音声はTOEICの公式スピーカーにより録音されている)

【TOEIC慣れ】するための"最も効果的な方法"は、「公式問題集を繰り返し解きまくる」ことです。

というか、これ以外にTOEIC慣れする手段はありません!

公式問題集には、本番のTOEICテストと「同じクオリティで作られている」という大きな特徴があります。

つまり、公式問題集を使えば【何度でもTOEICの予行演習ができる】ということですよね。

TOEIC受験者

なるほど!
じゃあ、公式問題集を使って勉強しようー。

アキラ

ちょっと待って!

公式問題集を使って「TOEIC慣れ」を目指す上で、"必ず守ってもらいたいポイント"があります。

それが

【本番と同じ状況】で公式問題集を使う

ということ。

公式問題集をただ何となく使っていては、何の意味もありません。

公式問題集は、「本番のTOEICテストと同じ状況」で使ってこそ"大きな効果"が期待できます

本番のTOEICテストと同じ状況にするには...
  • 試験時間「2時間」を確保する
  • リスニング→リーディングの順に解く
  • 自分なりに「時間配分」を意識する
  • 2時間以内に全問解き終えることができなくても、解答を止める
  • メモ書きなどはしない
  • 周りに人がいる状態(図書館,学校など)だとより効果的

公式問題集で「テスト1回分」を進める際は、毎回上記のポイント↑を意識するようにしてください。

そして、これを「何度も何度も繰り返す」こと!

本番さながらの予行演習をひたすら繰り返していくと、徐々に【TOEICという特殊なテストに慣れてきます】よ。

すると、

★2時間TOEICに向き合うことに【頭も心も慣れる】
→「時間が経つにつれて頭が疲れる」原因が解消される

★リスニングの"先読みテクニック"が身につくので、【聞き逃す問題が減る】
→「"聞き逃し"による集中力低下」が解消される
→「"問題とは関係の無い時間(Directions)"にボーっとする」ことが無くなる

★解答テクニック&時間配分が身につくので、【解けない問題が減る】
→「分からない問題が多い」「時間が足りない」という焦りが無くなる

★周囲に人がいても気にならなくなる
→「周りの受験生・環境の変化」による原因が解消される

↑このように、「集中力が切れる原因」が改善されていきます

ボク自身、【何度も公式問題集を繰り返す勉強法】に切り替えてから、明らかにTOEIC本番中のパフォーマンスが変化しました。

TOEIC試験中に集中力が切れてしまい、思うようにスコアが伸ばせなくて悩んでいる方は、ぜひこの対処法を試していただきたい!

「公式問題集を"繰り返し"解く勉強法」については、↓以下のエントリー↓でより詳しく解説しているので、気になる方は目を通してみてください。

「公式問題集を"繰り返し"解く勉強法」アイキャッチ画像

【発表】公式問題集を"繰り返し"解く勉強でTOEIC850点

「TOEIC試験中に"集中できない"」まとめ

今回は、TOEIC試験中に集中力が切れてしまう方向けに、おすすめの対処法をご紹介しました。

「試験中に集中力が切れてしまい、本来の力が出せない」という方は、ぜひ当エントリーを参考にして、ご自身の問題解決に取り組んでください!

最後に今回のまとめ!

ダイヤの区切り線

★TOEIC中に集中力が切れると、このような損が発生します↓

TOEIC中に集中力が切れると...
  • 本来解けていたはずの問題を"取りこぼす"
  • 問題を最後まで解くことができず、本当の実力がTOEICスコアに反映されない
  • これまでのTOEIC勉強が"無駄"になってしまう

だから、「集中できない問題」は出来るだけ早く解消する必要があります。

★では、原因を探ろう!「集中できない問題」の根本的な原因とは...↓

TOEICテストに慣れていない!
(=TOEICの練習不足)

TOEICテストに慣れていない状態だと、特殊なテスト方式があなたの集中力を阻害してきます。
【TOEIC慣れ】できれば、徐々に集中力を阻害する原因に対処できる!

★では、どうやってTOEIC慣れすれば良いのか?↓

公式問題集を繰り返し解きまくる!
(毎回本番と同じ状況で解く)

詳しい解説はこちら→【発表】公式問題集を"繰り返し"解く勉強でTOEIC850点

「参考になった!」と思ったら、ぜひシェアをお願いします!