"効率"よくTOEICスコアを伸ばす勉強法を解説!【コツはリスニング】

「"効率"よくTOEICスコアを伸ばすための勉強法」アイキャッチ画像 TOEIC

"効率"よくTOEICスコアを伸ばすための勉強法について解説します!

どうも、TOEIC850点を取得しています、アキラ(@akila_s8)です。

ボクは「大学編入」に挑戦するタイミングでTOEICの勉強に力を入れていました。

大学編入を成功させるためには、ハイレベルなTOEICスコアの取得が求められていたからです。

ただ、この大学編入という目標達成のためには、TOEIC以外の勉強も求められていたので、「できるだけスムーズに」TOEICスコアを目標点まで伸ばす必要がありました

そんな経験を通して、「効率よくTOEICスコアを伸ばすためには、こういう勉強をすれば良いのか」ということが分かりました。

そこで今回は、「出来るだけスムーズにTOEICスコアを伸ばしたい」「面倒くさい・遠回りなTOEIC勉強はしたくない」といった方に向けて、「効率よくTOEICスコアを伸ばす勉強法」について解説していきます。

「"あまりTOEICスコアUPに直結しない"ような勉強はやりたくない」「短期間である程度スコアを伸ばしたい」という方は、ぜひ当エントリーで解説する勉強法を試してみてください!

スポンサーリンク

"効率"よくTOEICスコアを伸ばすために「知っておくべきこと」

具体的な勉強法について触れる前に、効率よくTOEICスコアを伸ばすために「知っておくべきこと」についてお話していきます。

その「知っておくべきこと」とは以下のことです↓

知っておくべきこと
効率よくスコアを伸ばせるのは「リスニングセクション」

TOEICテスト(Listening&Reading)は「リスニングセクション」と「リーディングセクション」の二つに分かれていますよね。

このうち、スコアを一気に伸ばしやすいのは「リスニングセクション」です。

TOEICテストのリスニングに関しては、あなたの耳・頭を「TOEICのリスニング音声」に慣れさせることで、爆発的にスコアを伸ばすことが可能です。

実際にボク自身、「TOEICスコアを800点以上まで伸ばす」と決意してから、以降の章で解説する方法で勉強を進めた結果、かなりスムーズに「リスニングセクション」のスコアを伸ばすことに成功しました。

同じタイミングで「リーディングセクション」の勉強も始めていましたが、"スコアの伸び率"は「リスニングセクション」の方が大きかったです。

もし現在のTOEICスコアで「リスニングセクションのスコアがかなり低い」という方がいたらチャンスです。

効率のいい対策をすれば、リスニングのスコアは"上げやすい"ので、あなたのTOEICスコアは全体的に上昇していきます。

"効率"よくTOEICスコアを伸ばしたいなら「リスニング」を強化しろ!

上記で解説したように、TOEICテストの中でもスコアを伸ばしやすいのは「リスニングセクション」です。

あなたが「できるだけスムーズにTOEICスコアを伸ばしたいよ!」とお考えなら、まず手を付けるべきは「リスニング」の勉強です。

特に、リスニングセクションの点数が「200点台~300点」の方は、絶対にリスニングの勉強に力を入れるべきです。

集中的に対策を行えば、次に挑戦するTOEICテストでリスニングスコア「350点以上」も達成可能な数字と言えます。

一方で、もともとリスニングが得意で、リスニングセクションのスコアは「350点以上」あるという方は、無理にリスニングの勉強をしなくても良いでしょう。

スポンサーリンク

【最優先】"効率"よくリスニングスコアをUPさせる「具体的勉強法」

それではここから、効率よくTOEICスコアを伸ばすための勉強法について解説していきます。

まずは効率のいい「リスニング」の勉強法です。

重要なのは「ディクテーション」「シャドーイング」です。

「ディクテーション」・「シャドーイング」とは?

英語を勉強している方なら、この「ディクテーション」・「シャドーイング」という言葉は何となく聞いたことがあるのではないでしょうか?

そして、「聞いたことはあるけど、具体的にどんな勉強法なのか知らない」「なんとなく時間かかりそうだし、面倒くさそうだからやったことない」という方も多いはず。

ディクテーションとは

「ディクテーション」とは、リスニング音声で読み上げられている文章を"そのまま書きとること"です。

リスニング音声で "I like songs made by Bruno Mars." と流れたら、それを聞き取って、聞こえた通りに「I like songs made by Bruno Mars.」と書く。

これが「ディクテーション」というリスニング強化練習です。

「ディクテーション」の具体的なやり方

①リスニング音声を何回か聞く

②リスニング音声を聞いて、流れた英文を書きとる

③リスニング音声の「テキスト」を確認して、自分が書きとった文章が合っているか確認する

④聞き取れなかった箇所・聞き間違っていた箇所を確認、実際に声を出して発音してみる

翌日(または数日後)同じようにディクテーションをする(精度を上げる)

ディクテーションは上記の手順で進めましょう。

シャドーイングとは

「シャドーイング」とは、流れたリスニング音声と同じ文章を、"リスニング音声の後を追いながら発すること"です。

例えば、リスニング音声で "I like songs made by Bruno Mars." と流れたら、その音声が流れている途中に、同じように「I like songs made by Bruno Mars.」と声に出して発音します。

聞こえた英語の文章を追いかけながらそのまま発音する、これが「シャドーイング」というリスニング強化練習です。

「シャドーイング」に関しては文章の説明だけだと少々分かりにくいので、シャドーイングについて分かりやすく説明している動画をYouTubeで探しました↓

↑こちらの動画は、シャドーイングのやり方を分かりやすく解説してくれているので、「シャドーイングって何?」という方は参考にしてみてください。

ディクテーション・シャドーイングって意味あるの?

ボク自身、TOEICの勉強を本格的に始めた時は「ディクテーション・シャドーイングって意味無いんじゃないの?」と感じていました。

ただ、疑心暗鬼ながら試してみた最終結果が「TOEIC850点」。

この経験から考えると、「ディクテーション・シャドーイング」は効果があると言えますよね。

少なくともボクは、TOEICのスコアUPに関して"効果絶大"だと思っています。

もし当エントリーをご覧になっている方の中に、「ディクテーション・シャドーイングはつまらなそう・効果あるのかよく分からない・意味無さそう」といった"思い込み"を持っていて、実際にやったことが無いという方もいるはずです。(もしかしたら多いかも)

そんな方は、別に大金を失うわけではないので、一度"騙されたと思って"「ディクテーション・シャドーイング」をやってみてください。

具体的な「TOEICリスニング」勉強の流れ

具体的な「リスニングセクション」の勉強の手順を解説します。

以下で紹介する手順は、実際にボクがTOEICを850点まで伸ばした勉強法です。

効率よくリスニングのスコアを伸ばす勉強の「手順」

①「TOEICテスト 公式問題集」を1回解いてみる

②「TOEICテスト 公式問題集」のリスニング問題を"ディクテーション・シャドーイング"する

③「TOEICテスト 公式問題集」のリスニング音声を毎日"聞き流す"

④「TOEICテスト 公式問題集」のリスニング問題に「慣れる」ための練習をする

ちなみに、効率のいいリスニングの勉強に必要不可欠なのが「TOEICテスト 公式問題集」です。

まだ持っていないという方は、"必ず"「TOEICテスト 公式問題集」を手に入れる必要があります。

「TOEICの勉強で"揃えるもの"」アイキャッチ画像

【実践済】TOEICの勉強で"揃えるもの"は3つだけ!【850点取得】

2019年6月28日

①「TOEICテスト 公式問題集」を1回解いてみる

まずは「公式問題集」を一通り解いて、答え合わせをします。

公式問題集を解いて、リスニングセクションがどのくらいの出来かを確認しておきましょう。

②「TOEICテスト 公式問題集」のリスニング問題を"ディクテーション・シャドーイング"する

次に、「解答・答え合わせ」をしたリスニング問題を使って「ディクテーション・シャドーイング」をやっていきます。

「公式問題集」にはリスニング音声CDが付属されています。
そのCDを使って、「ディクテーション・シャドーイング」を行います。

「ディクテーション・シャドーイング」のやり方は、上記で解説しているのでそれを参考にしてみてください。

ディクテーション・シャドーイングの順番は、「①ディクテーション→②シャドーイング」がおススメです。

まずは公式問題集の音声を聞きながら「ディクテーション」をして、リスニングをある程度"暗記"しましょう。

それなりにリスニングの文章が理解できる(聞き取れる)ようになったら、「シャドーイング」を通して、リスニング音声を「自分の耳・頭」に慣れさせます

ここまで進めると、

  • 「リスニングの音声がハッキリ聞こえるようになる」
  • 「意味が理解できるようになる」
  • 「短い文章ならリスニング音声に合わせて全文読めるようになる」

といった変化を感じることができるはずです。

③「TOEICテスト 公式問題集」のリスニング音声を毎日"聞き流す"

ディクテーション・シャドーイングでTOEICのリスニング音声に慣れたら、あとは「毎日リスニング音声に触れる」ことで、TOEICのリスニング音声に「耳・頭を慣れさせる」ことに努めます。

公式問題集に付属されたCD音声をウォークマンやiPhoneに取り込んで、その音声を毎日聞くようにしましょう。

音声を聞き流しながら、頭の中で「シャドーイング」すると"なお効果アリ"です。

そして、「CDの速度」にある程度慣れてきたら、音声スピードを「1.5倍速」くらいに速めてみましょう。
「1.5倍速」のリスニング音声を聞き流すことで、TOEICテスト本番のリスニングが「ゆっくり」に聞こえます。

個人的には、この段階が最も重要です。

ボクもTOEICの勉強を本格的にスタートしてからは、毎日リスニング音声(1.5倍速)を聞くことを継続していました

「"通勤"・"通学"の時間はTOEIC」アイキャッチ画像

"通勤"・"通学"時間はTOEIC勉強の「黄金タイム」【有効活用せよ!】

2019年6月29日

どんなに勉強のやる気が出ない日でも、「リスニング音声を聞き流す(頭の中でシャドーイング)」だけは行ってください。
「15分」程度の短い時間でも構わないので。

「リスニング音声(1.5倍速)を聞き流す」という勉強を毎日継続することで、数か月後のリスニングスコアは確実に上がります。
【TOEIC勉強法】スコアUPに"聞き流し"は意味ある?【効果アリ!】

④「TOEICテスト 公式問題集」のリスニング問題に「慣れる」ための練習をする

「公式問題集のリスニング音声(1.5倍速)」を毎日聞き流すのと同時進行で、TOEICのリスニング問題に「慣れる」ための練習もしましょう。

具体的には、「問題の"先読み"テクニック」の習得を目指します。

問題の「先読み」テクニック

TOEICのリスニングセクションで高スコアを取るためには、問題の「先読み」が欠かせません。
特に、英語のリスニングに自信が無い方は、確実に「先読みテクニック」を身につける必要があります。

「先読み」で確認することは主に

  • Part1:写真の内容(誰がいる?何をしている?どんな状況?)
  • Part2:特になし
  • Part3・Part4:問題文&選択肢の内容

です。

「先読み」をして、あらかじめ「次の問題・選択肢」の内容を把握しておくことで、「自分が何を聞きとるべきか・理解すべきか」の準備ができるので、正答率を高めることができます。

この「先読みテクニック」は練習しないと本番で出来るわけがありません

そのため、公式問題集のリスニングセクションを活用して、「先読みテクニック」を身につける必要があります。

スポンサーリンク

"効率"よくリーディングスコアをUPさせる「具体的勉強法」

続いて、「リーディングセクション」のスコアを効率よく伸ばすための「具体的勉強法」を解説します。

リーディングに関しては、スコアを伸ばす勉強法は一つでは無いと思っています。

「単語力が低い人」「文法力が低い人」「長文読解力が低い人」など、それぞれ苦手なポイントが異なるためです。

なので、「自分が苦手な部分」を集中的に勉強することが、とりあえず大切になってきます。
"TOEICとセンター試験"は別物!比較は意味無いです【勉強法も異なる】

ただ、「全員に共通する」効率のいいリーディング勉強法があるので、解説しておきます。

それは

「公式問題集を解きまくる」

です。

「ベストなTOEIC勉強法」を探しているあなたなら、何度かこの「公式問題集を解きまくることが大切!」という言葉を目にしているのではないでしょうか?

ボクからも言わせてもらいます。
ものすごく大切です!

理由は、「TOEICのリーディング問題に"慣れる"必要がある」からです。

TOEICに慣れないままだと、確実に「時間が足りない状態で」試験が終了します
あなたも「最後まで解答する時間が無い...」という経験ありますよね?

それは「単語力・文法力・長文読解力」もさることながら、「TOEIC問題に慣れていない」ことも要因の一つとなっています。

そこで、本番のテストと同じクオリティの「公式問題集」を解きまくることで、

  • 各Partに費やす時間はどのくらいが良いか
  • 文章・選択肢を見た瞬間に解ける問題はどういうものか
  • 長文は全部読むべきか・重要な箇所だけ読むべきか

を把握・理解する必要があります。

さらに、「リーディングの解答テクニック」も身につけることができます。

そうすることで、よりスピーディに問題を解答することができ、「時間が無い」という事態を防ぐことが可能となります。

もし、「まだ公式問題集を購入していない」「まともに使ったことが無い」という方がいたら、すぐに公式問題集を用意して、リーディングセクションを解きまくりましょう!

「公式問題集を"繰り返し"解く勉強法」アイキャッチ画像

「公式問題集」を"繰り返し"解く勉強でTOEIC850点!?【実話です】

2019年7月3日

「効率よくTOEICスコアを伸ばすための勉強法」まとめ

今回は、「効率よくTOEICスコアを伸ばすための勉強法」について解説してきました。

「できるだけ早く結果に反映されるような勉強法が知りたい!」という方は、ぜひ当エントリーの内容を参考にしてみてください。

効率よく「リスニング」のスコアを伸ばすなら!

①「TOEICテスト 公式問題集」を1回解いてみる

②「TOEICテスト 公式問題集」のリスニング問題を"ディクテーション・シャドーイング"する

③「TOEICテスト 公式問題集」のリスニング音声を毎日"聞き流す"

④「TOEICテスト 公式問題集」のリスニング問題に「慣れる」ための練習をする

効率よく「リーディング」のスコアを伸ばすなら!

自分が不足している能力(単語力・文法力・文章読解力 etc.)の補足勉強

公式問題集を解きまくる!

おすすめ記事のバナー

TOEIC勉強法のおすすめ記事 バナー