英語が"苦手"でもTOEICで高い点数は取れる!【TOEIC特化の勉強】

「英語が"苦手"な人もTOEICで良い点数を取れる」アイキャッチ画像 TOEIC

英語が"苦手"な方でもTOEICで高い点数を取ることは可能です!

どうも、TOEIC850点を取得しています、アキラ(@akila_s8)です。

当エントリーをご覧になっている方は、"何かしらの理由・目的"のためにTOEICで高い点数を取りたいと考えている方のはずです。

そして、TOEICで高い点数を取りたいけれど、

  • これまでしっかり英語を勉強してこなかった
  • 英語が苦手・英語の勉強が嫌い
  • 久しぶりに英語の勉強をするから不安

と思っている方も多いのではないでしょうか?

英語が得意では無いし、できれば勉強したくはないけど、自分の目標を達成するためにはTOEICのハイスコアが必要。

そのような方は、「そもそも英語が苦手な人でもTOEICで良い点数を取れるの?」と疑問に感じてしまいますよね。

でも大丈夫。
英語が苦手な人でも、TOEICテストで良いスコアを取ることは可能です

実際にTOEICで850点を取得しているボクが断言します。

今回は、「英語が苦手な人でもTOEICで良い点数を取れる」というテーマで解説を進めていきます!

スポンサーリンク

英語が"苦手"な人でもTOEICで高い点数を取ることは可能!

もともと英語が苦手で、「英語の文章を読むどころか、英単語もほとんど分からない」という方でも、TOEICテストで良い点数を取れるチャンスは十分にあります。

このように言える理由は、TOEICというテストは「実はそこまで"英語力"が必要ではない」からです。

「ん?TOEICは"英語の資格試験"なんだから、英語力は必要でしょ」と感じる方も多いでしょう。
でも、実際にTOEICテストに挑戦してみれば分かりますが、TOEICで良い点数を取るためには「英語力以上に必要な能力」があるのです。

その能力とはズバリ「TOEIC力」です。

ボクがここで言う「TOEIC力」とは、以下のような能力を指しています↓

「TOEIC力」とは

TOEICテストで良いスコアを取るために必要な能力のこと。

例えば、

  • 英文の内容を把握しなくても"答え"が分かる問題を判別できる
  • リスニングで「問題の先読み」をすることができる
  • 自分に適した「時間配分」ができている
  • 約2時間の試験時間の間「集中力」を継続できる
  • 試験時間内にすべての問題に目を通すことができる

といったものを指します。

上記の能力は「TOEICのテクニック」と言い換えることもできますね。

たとえ英語力が低い(分からない単語がある・英文法を完全に理解していない・リスニングの内容を全部理解することができない)人でも、テクニックを駆使すれば良いスコアを取得できてしまうのが「TOEICテスト」なのです。

「TOEIC勉強は"英会話"につながる?」アイキャッチ画像

TOEIC勉強で"英会話"は上達する?850点取得者が解説!【両者は別物】

2019年7月7日

英語が"苦手"な人がTOEIC勉強をする際に注意すべきこと

英語が苦手な人がTOEICでハイスコアを取得するためには、注意しなければいけないことがあります。

それは

英語と真正面から向き合わないこと

です。

英語に対して「苦手」というネガティブなイメージを持つ方の多くが、英語の勉強をすることにある種の「アレルギー反応」を起こしてしまうのではないでしょうか?

分厚い英文法の参考書を用意しても、最初のページで「分からない・理解できない・つまらない・面倒くさい」といった気持ちが強くなってしまい、結局最初の10ページくらいで参考書を閉じてしまう。

そんな経験をしている方が多いはず。

「よし!TOEICで良い点数を取るぞ!」と意気込んで、英語力を高めるための「単語帳」や「文法書」などを使っても、"三日坊主"で終わってしまいます。

英語が苦手な方(苦手と思い込んでいる方)は、英語の勉強(英語力を高める勉強)と真正面に向き合わない方が良いです。

上記で説明したように、英語力が無い方でも「TOEIC力(TOEICの解答テクニック)」を身につけていれば、目標スコアを達成できる可能性は十分にあります。

なので、英語が苦手な人は「英語力を高める勉強」ではなく、「TOEIC力を高める勉強」をするようにしてください!

「TOEIC850点でも"日常会話"大苦戦」アイキャッチ画像

【経験談】TOEIC850点が"日常会話"に大苦戦!【勉強法が異なる】

2019年7月19日

スポンサーリンク

英語が苦手なら「TOEICに特化した」勉強をすべき

TOEIC力を高める方法は単純で、「TOEICに特化した」勉強をすることです。

もし「自分は英語が苦手」という意識があるなら、「TOEICに特化した」勉強法を試してみてください。

TOEICに特化した勉強をすることで、あなたは確実に「TOEIC慣れ」することができます。

「TOEIC慣れ」とは文字通り、「TOEICテストに慣れている状態」のことです。

当ブログ「アキラボ」の他のエントリーでも何度も説明していることですが、「TOEIC慣れ」することができれば"勝った"も同然。

「TOEIC700点以上」はかなり高い確率で獲得できます。

なぜ「TOEIC慣れ」すると高いスコアが見込めるのか。
それは、「TOEICで問題を解くことが"上手"になる」からです。

特に準備をせずにTOEIC試験を受けても、ほぼ確実に良い点数を取ることはできません。

準備ナシで「TOEIC500点以上」を取ることができたら、英語の実力はそれなりにあるということでしょうね。
600点や700点はまず無理でしょう。
(もちろん、稀に初めての受験でものすごい高い点数を取る人がいますが、そのような人は"すでに英語を話せる"という方が多いはずです)

ひたすら「TOEIC特化の勉強」をして「TOEIC慣れ」することで、上記で説明した「TOEIC力」が高まります。

そうすることで、

  • 「文法解答テクニック」を駆使して、時間をかけずに問題を解く
  • 「先読みテクニック」を駆使して、リスニングで"聞き取れない文章"があったとしてもしっかり正答を導き出す
  • 試験時間内に全問を"解答し終える"

ことができます。

「同じ英語力」の人でも、「TOEIC慣れ」しているかどうかでスコアは大幅に変動します。

【A君】…TOEIC特化の勉強によって、「TOEIC慣れ」している

【B君】…「TOEIC慣れ」していない

【A君】と【B君】は「同じ英語力」

【A君】は700点以上取れる!

【B君】は500点台がギリギリ

「TOEICの勉強を"習慣"にする」アイキャッチ画像

TOEICの勉強を"習慣"にできたら最強!【850点のボクが断言】

2019年7月6日

スポンサーリンク

英語が"苦手"な人がやるべき勉強はコレ!

「TOEIC慣れすれば、英語が苦手な人でも良いスコアを取れることは分かったけど、具体的にどんな勉強をすれば良いの?」と疑問感じた方も多いのではないでしょうか。

そこでここから、英語が苦手な人がやるべき「TOEIC特化の勉強法」をご紹介します。

英語への苦手意識がある方は、真面目に「英語力」を上げようとするのではなく、「TOEIC力」を上げて「目標TOEICスコアへ"近道"」することを心がけましょう。

「用意する物」は"TOEIC特化"のものだけでOK

まず「英語が苦手な人」がTOEIC勉強のために用意する物は、「TOEICに特化」しているものだけでOKです。

大学受験生の時に使っていた単語帳・参考書のようなものは「使うべきではありません」。

理由は、大学受験生の時に使っていた単語帳・参考書などは「英語力を高めることを目的としたもの」だから。

「センター試験・一般入試」と「TOEIC」は"全くもって別物"の試験です。
"TOEICとセンター試験"は別物!比較は意味無いです【勉強法も異なる】

もちろん、英語力(たくさんの単語を知っている・細かい文法知識がある etc.)がある人もTOEICで良い点数を取ることは可能です。

英語が得意・英語の勉強が"苦ではない"方は、自分が好きな参考書を使っても問題はないでしょう。

でも今回は「英語が苦手な人」がTOEICで良い点数を取るための勉強についてです。

先述しているように、英語への苦手意識がある人が「英語力を高めるための参考書」を使っても、途中で"アレルギー反応"を起こして、勉強へのやる気が下がり、サボって終了となってしまうでしょう。

なので、「TOEICに特化した参考書・単語帳」だけに絞って、とにかく「TOEIC力」を身につける勉強をしていくことが大切です。

ちなみに、「TOEIC力」を伸ばすために必要なのは、TOEICに特化した単語帳・文法書・問題集の"3冊のみ"で十分だとボクは考えています。

実際、ボク自身、ほぼ以下↓の3冊だけで「TOEIC850点」まで伸ばしました。

【単語帳】

「TOEIC専用」なら何でもOK!

【文法書】

「出るとこだけ!」シリーズの英文法バージョン

【問題集】

「TOEICテスト 公式問題集」

上記3冊に関しては、以下のエントリーでより詳しく解説しています↓

「TOEICの勉強で"揃えるもの"」アイキャッチ画像

【実践済】TOEICの勉強で"揃えるもの"は3つだけ!【850点取得】

2019年6月28日

TOEICに特化した「単語の勉強」

TOEICで良いスコアを取るためには、「単語の勉強(暗記)」は避けては通れません。

その理由は、「単語の意味が分からないと正答を導き出せない問題」が数問あるからです。

少しでも"近道"でTOEICスコアを伸ばしたいなら、「TOEIC専用の単語帳」を1冊用意して、その単語帳を「毎日」読み返すようにしてください。

最初はなかなか暗記できなくても大丈夫です。
暗記できない単語があっても、止まらずに、同じ単語帳を何周もする勢いで読み進めましょう。

とにかく、用意した「TOEIC専用の単語帳」だけにひたすら目を通すのみ。
理想は「毎日」です。

ちなみに、「TOEIC力」を高めるための勉強であって、「英語力を高める勉強」では無いため、「スペルを覚える」「発音を覚える」といったことは必要ありません

TOEICテスト(Listening&Reading)においては、単語を書けなくても・正しく発音できなくても問題なく点数を取れるからです。

「単語を一目見て、日本語の意味を言えるようになる」ことだけに集中して、単語帳と毎日"にらめっこ"するようにしてください!

TOEICに特化した「英文法の勉強」

TOEICでしっかり点数を取るためには、「英文法の勉強」も避けては通れません。

ただ、大学受験の時のように、「幅広い文法知識」が必要になるわけではありません。
TOEICテストで重要になってくる文法知識は"限定"されています。

だからこそ、「TOEICで出題される文法知識だけ」にフォーカスして勉強すれば、TOEICテストでしっかり正答を導き出すことができます。

「TOEICで出題される文法知識だけ」勉強しておけば良いので、苦手な英語の勉強に長い時間を割く必要がありません。
これぞ"近道"ですよね。

「TOEICで出題される文法知識」を身につけていれば、

  • 「問題文を見ただけ」で答えを出すことができる
  • 問題文に「知らない単語」があっても答えを出すことができる

ので、英語力に自信が無い人も良い点数を取れるというわけです。

「TOEICで出題される文法知識だけ」に特化した参考書が、「出るとこだけ!」シリーズの英文法バージョンです。

この参考書を"繰り返し"読んで、TOEICに出る文法知識だけはしっかり構築しておくようにしてください!

TOEICに特化した「長文読解・リスニングの勉強」

TOEICに特化した「長文読解・リスニングの勉強」は、いたって単純です。

それは「TOEICテスト 公式問題集」を繰り返し解きまくることです。

英語が苦手な人が、わざわざ複数の参考書・問題集を購入して勉強する必要はありません。
この「公式問題集」だけあれば、長文読解・リスニングの勉強は完結してしまいます。

それほど「公式問題集」はTOEICに特化した素晴らしい問題集ということです。

この公式問題集を用意したら、試験時間と同じ「2時間」を確保して、本番と同じように「テスト一回分」を解きましょう。

その後、答え合わせをして、間違えた問題の解説を読みます。

これをひたすら繰り返すだけです。
この勉強法によって、確実に「TOEIC慣れ」することができます。

リスニングセクションにおいて、問題を先読みする技術(どのタイミングで先読みすれば良いのか、どのペースで問題を解いたら先読みができるのか)を身につけることができます。

リーディングセクションにおいて、時間配分を身につけ、どんなペースで問題を解けば試験時間内に全問解答できるのかが分かります。

ボクは、「TOEIC800点以上取得する」ことを目標にTOEIC勉強に力を入れていたとき、ずっと「公式問題集を解きまくる」ことをしていました。

その結果が「TOEIC850点」です。

英語が苦手なら、英語の勉強に真正面から挑戦するのではなく、「TOEICテスト 公式問題集」に全神経を集中させた方が、効率良く・スムーズにスコアUPすることができます。

「公式問題集を解きまくる勉強法」については「「公式問題集」を"繰り返し"解く勉強でTOEIC850点!?【実話です】」というエントリーでより詳しく解説しています。

ちなみに、「リスニングの精度を高めたい!」という方は、「【TOEIC勉強法】スコアUPに"聞き流し"は意味ある?【効果アリ!】」のエントリーもチェックしてみてください。

「英語が苦手な人でもTOEICで良い点数を取れる」まとめ

今回は、「英語が苦手な人でもTOEICで良い点数を取れる」というテーマで解説してきました。

英語が苦手・英語の勉強が嫌いな人は、

  • 「英語と真正面から向き合うような勉強」を避ける
  • 「TOEICテストに特化した勉強」だけをやる
  • 「TOEIC慣れ」をして、スコアUPの"近道"をする

といったことを意識してTOEIC勉強に臨むようにしてください。

「英語が苦手」なら、わざわざ英語力を高める勉強をする必要はありません。

あなたが目標としているのは、「英会話ができるようになる」・「英語の文章を正しく書けるようになる」ことではありませんよね?

「TOEICスコアは伸ばしたい」なら、TOEICに特化した勉強だけしていれば良いのです。

「英語が苦手、だけどTOEICスコアが必要」という方は、ぜひ当エントリーを参考にしてみてください!

「TOEICの勉強が"つまらない"」アイキャッチ画像

TOEICの勉強が"つまらない"と感じているあなたへ【対策法を解説】

2019年7月8日

おすすめ記事のバナー

TOEIC勉強法のおすすめ記事 バナー