【時間が大切な方へ】無駄のないTOEIC勉強の"進め方"を紹介

「TOEIC勉強の"進め方"」アイキャッチ画像 TOEIC
今回のテーマ

無駄のないTOEIC勉強の"進め方"

TOEIC初心者の方で、このように考えている方はいませんか?↓

TOEIC初心者

しっかり勉強してTOEICで良い点数を取らないといけない。
だけど、どうやってTOEIC勉強を進めれば良いんだ?
"無駄なこと"はしたくないよ。

あるいは、TOEICのスコアが思うように伸びなくて↓

TOEIC受験者

今までやってきた勉強が無駄だったのかも。
時間を無駄にすることなくTOEICスコアを伸ばすには、どうやって勉強を進めるべきなの?

↑このような疑問を抱いている方もいるはず。

そこで今回は、実際に"TOEIC850点"を取得しているアキラが、【無駄のないTOEIC勉強の進め方】について解説していきます。

  • 効率よくTOEICスコアを伸ばしていきたい!
  • TOEIC勉強に使える時間が限られているから、無駄なことはしたくない!

↑このような願望をお持ちの方は、ぜひ当エントリーを参考にしてみてください。

無駄なく点数を伸ばす!効率の良いTOEIC勉強の"進め方"

早速、ボクが強くおすすめするTOEIC勉強の進め方を説明します。

それがコチラ↓

無駄のないTOEIC勉強の進め方
  1. 自分の実力を確認する
  2. 英語の「基礎力」を身につける
  3. 【リスニング対策】毎日「シャドーイング」をする
  4. 公式問題集を解きまくる

自分の実力を確認する

TOEICで良い点数を取ることを決意してすぐに、

TOEICハイスコア取得を決意した人

よし!早速勉強をスタートしよう!

と考える人がいます。

アキラ

ちょっと待ってください。

勉強を始める前にやることがあります。
それは【自分の実力を把握する】こと!

実力を把握することで、"本当に力を入れて勉強すべきこと"が明確になりますよね。

この過程をサボっている人が多いのではないでしょうか?

自分のTOEICの現状を把握せずに勉強を開始するのは、道を全く知らない状態でスカイツリーを目指すようなもの。

目的地が定まっていても、そこに行くまでの道順を理解していないと、いつまで経っても到着しません。
たとえスカイツリーに到着できたとしても、そこにたどり着くまでに無駄なルートをたくさん通ってかなり長い時間がかかってしまう可能性が大きいですよね。

目的地が決まったら、まずGoogleマップで最適な経路を検索するはず。
これはTOEIC勉強でも同じです。

まずは、自分の現在地を把握して、どんな勉強を行うのが最も近道なのかを考えるようにしてください。

自分の実力を確認する方法【経験者Ver.】

過去にTOEICを受験したことがある方は、自分の実力を確認しやすいですよね。

過去のTOEIC結果を見れば良いだけです。

自分のスコア表を確認して、

  • リスニングスコアは何点か?
  • リーディングスコアは何点か?
  • どの項目が得意か?(例:短い会話のリスニングが得意 / 文法は理解できている etc.)
  • どの項目が苦手か?(例:長めのリスニング問題が苦手 / 長文読解が苦手 etc.)

↑この辺りをしっかり把握してください。

自分の実力を確認する方法【初心者Ver.】

TOEIC初心者

TOEICを受けたことが無い人は、実力の確認ができないのでは?

アキラ

方法はあります!

まだ本番のTOEICを受験したことが無い方は、【公式問題集】を使って実力を把握することが可能です。

公式問題集とは・・・本番のTOEICを実施するETSという機関が制作した問題集のこと。

公式問題集には、本番と同じクオリティのテストが2回分収録されています。
解答・解説・スコア換算表付き!

"本番と同じ状況"で公式問題集のテストを1回分解いて、解答を確認し、スコア換算表でおよそどのくらいのスコアが取れたかを確かめてみましょう。

また、自分の間違えたところなどをチェックすれば、苦手分野・得意分野を明らかにすることができますよね。

このように、TOEICの受験経験が無い方でも"実力確認"は可能です!

「TOEICの"初心者"がまずやるべきこと」アイキャッチ画像

TOEICの"初心者"がまずやることは「勉強」ではない!【実力を確認】

↑↑↑こちらでより深く解説しています↑↑↑

実力確認の作業を行うと、自分が以下"3つのパターン"のどれかに当てはまることが分かります↓

3つのパターン

【パターン①】
そもそも英語の基礎力(単語・文法)が身についていない

【パターン②】
リスニングが苦手・リスニング音声が聞き取れない

【パターン③】
リーディング(特にPart7)が苦手・時間内に問題を解ききれない

あとは、上記パターンごとに最適な対策を進めていくだけです。

アキラ

自分の実力を把握することで、無駄な勉強をせずに済みます!

英語の「基礎力」を身につける

パターン①が当てはまらないと感じた方は、このステップを飛ばしてOKです。

実力を確認した結果、

TOEIC受験者
  • まだ知らない単語がたくさんある
  • 文法がよく分かっていない
  • 文章の意味が分からず、勘で解答する問題が多い

という事実を把握した方は、まず【英語の基礎力】を身につける勉強からスタートしましょう。

当然のことですが、TOEICで高い点数を取るためには、"最低限の単語力・文法の知識"が必要になってきます。

特にTOEICが500点以下の方は、英語の基礎力が足りないと考えた方が良いです。

TOEIC受験者

どうやって勉強するのが効率的ですか?

ボクのおすすめは、「TOEIC対策用の単語帳(1冊)」と「TOEICに必要な文法の知識を解説した参考書(1冊)」を用意して、その2冊を【毎日・少しづつ】進めていく勉強法です。

ポイントは、【毎日・少しづつ】勉強すること。

単語や文法というのは、たった数日の詰め込み勉強で身につくものではありません。
何日も継続して勉強することで、少しづつ記憶に定着していくものです。

それから、"慣れない勉強"を急に始めると、途中できつくなってしまい、結果的に勉強が三日坊主になる可能性が高いです。

なので、"1日の勉強時間は短時間(30分くらい)"で良いので、その代わり【毎日欠かさず】単語と文法に向き合うようにしてください。

単語帳と文法の参考書については、「【800点越え】TOEIC勉強で本当に役立つ"参考書"【3つだけ】」をご覧ください。

アキラ

短時間でも毎日勉強を続けることで、2ヶ月経ったあたりから徐々に英語の基礎力が身についていると感じるはず!

「英語の基礎力を身につける勉強」が自分の生活に浸透してきたと感じたら、次のステップ(リスニング対策)に進みましょう。

【リスニング対策】毎日「シャドーイング」をする

普段から英語を使う人や帰国子女の方など、リスニングに絶対的自信がある(リスニングスコアが400点を超える)という場合、このステップを飛ばしてOKです。

自分の実力を確認した結果、

  • リスニングのスコアが低い(リスニングが400点以下)
  • 本番のリスニング音声を聞きとれている自信が無い
  • リスニングの途中で、聞くのを諦めることがよくある

と感じた方は、リスニング対策をしましょう。

それから、

  • 「英語の基礎力」はある程度身についていると思う
  • 単語や文法の勉強はすでに習慣化されている

という方も、リスニング対策のステップに移っていきましょう。

ちなみに、リスニング対策をリーディング対策より先にしたのは、

リスニング能力はすぐに伸びるものでは無い

という理由があるからです。

あなたも心当たりあるように、"英語を聞く力"は短期詰め込み勉強で身につくものではありませんよね。
短期間でリスニング能力が伸びるなら、誰も苦労しません。

英語を聞く力は、「毎日英語を聞く」という行為を積み重ねることで徐々に習得していくものです。

なので、早い段階から勉強をスタートする必要があります。

ところで、リスニング対策は具体的に何をすれば良いの?

実は、「TOEICのリスニングスコアを伸ばしたい人は全員やるべき!」と断言できる勉強法があります。

それが

公式問題集のリスニング音声をシャドーイングする勉強法

です!

  • 自分の苦手分野がリスニングだと認識している人
  • 英語の基礎力はある程度身についたらから、次のステップに移りたい人

は、必ず【公式問題集のリスニング音声をシャドーイングする勉強法】を実践してください!

この勉強法の具体的な内容・手順については、以下の関連記事から確認してください↓

「英語の"聞き流し"はTOEICスコアUPに意味ある?」アイキャッチ画像」

【TOEIC勉強法】スコアUPに"聞き流し"は意味ある?【効果アリ!】

ちなみに、このシャドーイング勉強法の効果をより発揮するためには、【毎日欠かさずやる】ことが超大切。
毎日繰り返すことで、あなたのリスニングスコアはみるみる上昇していきます。

公式問題集を解きまくる

自分の実力を確認し、英語の基礎力を身につけ、シャドーイングを毎日継続できるようになったら、最後に【公式問題集をフル活用】していきましょう。

当エントリーをご覧になっているあなたは、公式問題集をフル活用しているでしょうか?

TOEIC受験者

実力チェックのために、2~3回問題を解いたよ!

アキラ

甘い!甘すぎる...。
というか、せっかく公式問題集を持っているのに"もったいない"よ。

公式問題集を、実力チェックのために2回くらい解いて終わりにしていませんか?
それは非常にもったいないですよ。

公式問題集は、【何度も繰り返し解きまくる】ことで最高の効果が発揮される"TOEICの最強教材"です。

なぜなら、「公式問題集を繰り返し解きまくる勉強法」によって、"TOEIC慣れ"が実現するから!

TOEIC慣れ・・・文字通りTOEICテストに対して慣れてくること

TOEIC慣れすると...

  • 試験時間内に全問解き終えることができる
  • 「一目で答えを出せる問題」を判別できる
  • 「リスニングの先読みテクニック」が身につく
  • 2時間集中してTOEICテストに取り組めるようになる

といったメリットがあります。

TOEICで高い点数を取れる人の特徴は、大き2つに分けることができます。
それがコレ↓

  1. 英語が「第一言語」レベルの人
  2. TOEICテストに慣れている人

長い間英語圏で暮らしていた人でない限りは、「②TOEICテストに慣れている人」を目指すべき
その方が"効率が良い"ですからね。

そして、TOEICテストに慣れる方法はただ一つ。
【公式問題集を解きまくる】だけです。

「公式問題集を"繰り返し"解く勉強法」アイキャッチ画像

【発表】公式問題集を"繰り返し"解く勉強でTOEIC850点

"進め方"が分かったらあとは「継続」しましょう!

上記では、無駄のないTOEIC勉強の進め方を順番に解説してきました。

もう一度確認しましょう↓

無駄のないTOEIC勉強の進め方

まずは「自分の実力を確認」する

だいたい3パターンのどれかに分かれます

  1. そもそも英語の基礎力(単語・文法)が身についていない
  2. リスニングが苦手・リスニング音声が聞き取れない
  3. リーディング(特にPart7)が苦手・時間内に問題を解ききれない

自分が力を入れて勉強すべきことを理解したら、順番に進めていきましょう

  • 《英語の「基礎力」を身につける》
    →単語の暗記・文法の勉強を【毎日の習慣にする】
  • 《【リスニング対策】毎日「シャドーイング」をする》
    →【毎日必ず】公式問題集のリスニング音声をシャドーイングする
  • 《公式問題集を解きまくる》

ここで、TOEIC勉強の効果を高めるために重要なことを一つお伝えします。

それは

TOEIC対策を毎日行う・毎日TOEICに触れる

ということ。

英語の基礎力が足りない人は、単語と文法の勉強を【毎日】やってください。
リスニングスコアが足りない人は、シャドーイングを【毎日】継続してください。

毎日TOEICに触れることで、あなたの頭・耳は着実に"TOEIC慣れ"していきます。

TOEIC学習者

毎日継続して勉強できるかなー。
いつもみたいに三日坊主にならないか不安...。

TOEIC勉強を毎日継続する自信が無い方は、「このようにしてTOEIC勉強を"継続"しました【そして850点】」をチェックしてみて下さい。

ちなみに、「公式問題集を解きまくる勉強法」に関しては、"週に1回"がおすすめ。

普段会社に勤めている人や学校がある人にとって、毎日2時間(試験時間)を確保してテスト1回分を解くのは非常にハード。

なので、平日は「スキマ時間」"英語の基礎力勉強""リスニング対策"を行い、まとまった時間を確保できる休日"公式問題集を解く"ことをおすすめします。

「TOEIC勉強の"スケジュール"」アイキャッチ画像

この"スケジュール"ならTOEIC勉強が続く!スコアが伸びる!

その勉強の進め方は大丈夫?無駄な勉強チェックリスト

なぜボクが「無駄のないTOEIC勉強の進め方」を説明しているのか?

それは、ボク自身が「効果のない勉強で時間を無駄にした経験がある」からです。
そして、あなたには同じような経験をしてほしくないから。

ボクが「TOEIC800点以上取る」と決意してから最初の3ヶ月くらいは、特に何も考えずに勉強を進めていました

アキラ

とりあえず英語の勉強をしておけば、TOEICスコアは上がるでしょ。

という意識でいました。

しかし、当然のことながら、ただ何となく進めていた勉強ではTOEICスコアは伸びませんでした。

正確に言えば、少しは伸びていました。
ただ、自分が予想していた通りの成長ではなく、かなりショックを受けましたね。

アキラ

ヤバイ...。
時間を無駄にしてしまった...。

その後、自分の勉強法・スケジュールなどを一から見直し、実践したことで、何とか目標を達成することができました↓

【TOEIC勉強の"進め方"】TOEICのスコア画像

実際のTOEICスコア

この経験から、【あなたの時間を無駄にする可能性がある勉強法・勉強の進め方】が分かりました。
なので、ここで紹介しておきます。

チェックポイント
  • 違う種類のTOEIC参考書を何冊も使っている
  • 1日に"長時間(3時間以上)"勉強しようとしている
  • 休みの日だけ勉強しようとしている
  • 何の勉強をするのか計画を立てず、その日の気分で勉強している
  • リスニングの勉強をしていない(先延ばししている)
  • 公式問題集を使っていない
  • 公式問題集を"ただ何となく"使っている
  • 公式問題集を"本番通り(2時間向き合う)"にやっていない

上記の内容に心当たりがある・現在これをやっているという方は、ぜひ自分の勉強法・進め方を考え直してみてください

「TOEIC勉強の"計画"」アイキャッチ画像

850点を取得して気づいた「TOEIC勉強の"計画"」を立てる重要性

「無駄のないTOEIC勉強の"進め方"」まとめ

今回は、「無駄のないTOEIC勉強の進め方」をテーマに解説してきました。

自分の大切な時間を無駄にすることなく、効率よくTOEICスコアを伸ばしたい方は、ぜひ当エントリーを参考に勉強を進めてみてください。

最後に、今回の内容をまとめます!

ダイヤの区切り線

★無駄なくTOEIC勉強を進める方法↓

無駄のないTOEIC勉強の進め方

まずは「自分の実力を確認」する

だいたい3パターンのどれかに分かれます

  1. そもそも英語の基礎力(単語・文法)が身についていない
  2. リスニングが苦手・リスニング音声が聞き取れない
  3. リーディング(特にPart7)が苦手・時間内に問題を解ききれない

自分が力を入れて勉強すべきことを理解したら、順番に進めていきましょう

  • 《英語の「基礎力」を身につける》
    →単語の暗記・文法の勉強を【毎日の習慣にする】
  • 《【リスニング対策】毎日「シャドーイング」をする》
    →【毎日必ず】公式問題集のリスニング音声をシャドーイングする
  • 《公式問題集を解きまくる》

★ちなみに、TOEIC勉強の効果を高めるには...

TOEIC対策を毎日行う・毎日TOEICに触れる

ことが大事!
毎日TOEICに触れることで、【TOEIC慣れ】が実現します!

TOEIC慣れすると...

  • 試験時間内に全問解き終えることができる
  • 「一目で答えを出せる問題」を判別できる
  • 「リスニングの先読みテクニック」が身につく
  • 2時間集中してTOEICテストに取り組めるようになる

といったメリットがある

※下記チェックリストに心当たりがある場合、時間を無駄にする可能性があるので注意!

チェックポイント
  • 違う種類のTOEIC参考書を何冊も使っている
  • 1日に"長時間(3時間以上)"勉強しようとしている
  • 休みの日だけ勉強しようとしている
  • 何の勉強をするのか計画を立てず、その日の気分で勉強している
  • リスニングの勉強をしていない(先延ばししている)
  • 公式問題集を使っていない
  • 公式問題集を"ただ何となく"使っている
  • 公式問題集を"本番通り(2時間向き合う)"にやっていない
アキラ

無駄なことは省き、効率よくTOEICスコアを伸ばそう!

今回の内容が参考になったら、ぜひSNSでのシェアをお願いします!