【TOEIC勉強】スコアUPに役立つ"ノート"活用術【使うならリスニング】

「TOEIC勉強での"ノート"活用術」アイキャッチ画像 TOEIC

TOEICのスコアUPに役立つ"ノート"の活用術をご紹介!

どうも、最終TOEICスコアは「850点」です、アキラ(@akila_s8)です。

TOEICで高い点数を取るために勉強を進めている方や、これからTOEIC勉強を開始しようと考えている方の中には、「どのようにノートを使ったら、より効果的なTOEIC勉強ができるのだろう」と疑問に感じている方がいるはず。

そこで今回は、実際にTOEIC850点を取得しているボクが、TOEICの勉強に力を入れていたときに実践していた「ノート活用術」について解説していきます。

「TOEIC勉強でノートを使っているけれど、イマイチ活用できていない」という方は、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

正直、"ノート"を使わなくてもTOEICスコアは上がります

早速「TOEIC勉強でのノート活用術」について解説していきます。

といっても、いきなりあなたの期待を裏切ってしまいますが、別に「ノート」を活用しなくてもTOEICスコアは伸ばすことができます

無理やりノートを活用した勉強をする必要はありません。

TOEICテストで高い点数を「スムーズ」に取得したいなら、「ノートを取らないといけない勉強」以外に、もっと効率の良い学習方法があります。

少なくとも、実際にTOEIC850点を取得したボクは、このように考えています。

むしろ、"誤ったやり方"・"効果の無いやり方"でノートを使っていても、ノートに文字を書いたりする時間ばかりが奪われてしまって、TOEICのスコアUPスピードが遅くなってしまう危険性もあります。

わざわざ「ノート」を使わなくても、TOEICスコアは伸ばすことができる!

ひとまず上記のことは頭に入れておきましょう。

"ノート"を使うTOEIC勉強は基本的に「効率が悪い」

ボクは個人的に、ノートを使ってTOEIC勉強をすることは「効率が悪い」と考えています。

より厳密に言うと、「気づかぬうちに、効率の悪い勉強法になっている可能性がある」ので注意が必要です。

皆さんがTOEICの勉強でノートを使う場面は、基本的に「リーディングセクション」に関する勉強をする時ではないでしょうか?

TOEIC勉強でノートを使う場面
  • TOEICの頻出単語のうち、なかなか覚えられない単語を「何度もノートに書き写す」
  • TOEICの問題を解くときに必要になる「文法」について、「ノートにまとめる」
  • 「TOEIC Part7」の長文の和訳を「ノートに書く」 etc.

上記に挙げたような勉強って、TOEICのスコアUPにどのくらい影響を与えるのでしょうか?

これまで「覚えられない単語をノートに書き写す・大切な文法の内容をノートに書いてまとめる・長文の和訳をノートに書く」といった勉強をしてきた方に質問です。

「実際にこの勉強は効果あったなー」と感じることができるものはありますか

「ノートに書く勉強」は"勉強している気分"を味わえてしまう

「ノートに書く」という行為は、「勉強している気分」を体感させてくれますよね。

「勉強している感覚」があるので、ノートを使ったTOEIC勉強は「効果がある」ように思うのですが、数日経ってしまったら「ノートに書き写したことを忘れている」ことが多くないですか?

ボクも「TOEIC800点以上取得する」という目標に向かって本格的にTOEIC勉強をしている時、「リーディングセクションの点数を上げるための勉強」にノートを活用していたことが一時期ありました。

でも正直、その期間の勉強はあまり身になっていませんでした

実はあなたも「同じこと」思っていたりして。

「ノートに書く勉強」は"行程"が多い

「ノートに書く勉強」は、勉強している感覚に浸れるだけで「実は勉強している内容があまり身になっていない」というデメリットがあります。

それに加えて、「行程が多い」というデメリットもあります。

「ノートに書く勉強」の行程
参考書・問題集を読む→「ノートに書く」【時間がかかる・面倒くさい】→ノートの振り返りをして復習する

「行程が多い」分、時間がかかります。

ノートに書き写している時間があったら、その時間を使っても2周・3週と繰り返し参考書に目を通した方が効率良くありませんか?

もちろん、

  • 「TOEIC・英語を丁寧に勉強したい」
  • 「ノートを使った勉強に慣れている」
  • 「ゆっくりでも良いから確実にTOEICスコアを伸ばしたい」

という方がノートを利用することに反対するつもりはありません。

ただ、「できるだけ効率よく・スピーディーにTOEICスコアを伸ばしたい」と考えている方は、無理やりノートを使う必要はないでしょう。

スポンサーリンク

「リスニング」の勉強なら"ノート"も使える!

上記で、「TOEICの勉強でノートを使う必要は無い」と言っているボクですが、一つだけ、「ノートを使った方が良い」と思えるTOEIC勉強があります。

それが「リスニング」の勉強です。

「え?『リーディング』ではなくて『リスニング』?」と不思議に思った方がいるかもしれません。

そうです、「リスニングセクション」のスコアをスムーズに伸ばすためなら、ノートを使った勉強は大いに効果的です。

ボクも実際に、ノートを使ってリスニングの勉強をしていました。

「リスニング勉強」なのにどうやってノートを使う?

「リスニングの勉強」でどうやってノートを使うのか疑問に感じた方がいると思うので解説します。

ボクはTOEICのリスニングスコアを伸ばすために「ディクテーション」をやっていました。

ディクテーションとは
英語が話されている音声を聞き、読み上げられている文章を"そのまま書き出す勉強法"のこと。

「TOEIC 公式問題集」に付属している音声CDを使って、TOEIC本番と同クオリティのリスニング音声を聞き、聞き取った文章を「ノート」に書き出す

これを繰り返すことで、自分の耳・頭をTOEICのリスニング音声に慣れさせることができます。

このディクテーションで重要なことは、ノートに書きだすことで、聞き取れない・分からない箇所を把握できるところです。

自分が聞き取れなかった部分をハッキリさせることができるので、「自分はどんな文章が話されると聞き取れないのか」をあらかじめ確認しておくことができます。

何度もディクテーションを繰り返していけば、最初は聞き取れなかった部分も、徐々にハッキリ聞き取れるようになります。
英語を聞きながら、日本語訳に変換することもできるようになります。

ボクは「ノートを使った"ディクテーション"」を活用することで、TOEICのリスニングスコアをスムーズに伸ばすことができました。

具体的な「ノートを使ったリスニング勉強法」の手順

具体的な「ノートを使ったリスニング勉強法=ディクテーション」の手順は以下の通りです。

「ディクテーション」の具体的なやり方

①「TOEIC 公式問題集」のリスニング音声を何回か聞く

②リスニング音声を聞いて、流れた英語の文章を「ノート」に書きとる

③リスニング音声の「テキスト(話している内容を解説している文章)」を確認して、ノートに書きとった文章が合っているか確認する

④聞き取れなかった箇所・聞き間違いをしていた箇所をチェックして、実際に声を出して発音する

翌日(または数日後)同じ流れでノートを使ってディクテーションをする(精度を高めることを意識する)

ちなみに、ボクがおススメする「リスニング勉強法」は"ディクテーションのみ"ではありません。

ノートを使った「ディクテーション」の他に、「シャドーイング」&「リスニング音声をひたすら聞きまくる」という勉強を加えることで、"効果的なリスニング勉強"の完成です↓

ボクがおススメする「効果的なリスニング勉強」

①「TOEICテスト 公式問題集」を一度解く

②「公式問題集」のリスニングをノートを活用して「ディクテーション」する

③「シャドーイング」する

④「公式問題集」のリスニング音声を毎日「聞き流す」(習慣化)

⑤「公式問題集」のリスニング問題を解きまくる

上記の勉強法については、「"効率"よくTOEICスコアを伸ばす勉強法を解説!【コツはリスニング】」というエントリーで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

TOEIC勉強で"ノート"を使うかどうかは「好み」で決めればOK

実際にTOEIC勉強をガッツリ経験したボクからすると、「TOEIC勉強」でノートを使う必要があるのは、リスニング対策「ディクテーション」"のみ"かなと思っています。

ただし、

  • 「普段からノートを使って勉強している」
  • 「自分が勉強したことをノートに記録しておきたい」
  • 「ノートを使った勉強でこれまで成果を出している」
  • 「じっくり・確実にTOEICスコアを伸ばしたい」

といった方は、ノートを使った勉強を継続しても問題ないでしょう。

もし、これまでの自分の勉強法を見直してみて、「ノートにいろいろ書いていたけど、今振り返るとあまり自分の役に立っていないかも」と感じている方は、(TOEIC勉強に関しては)ノートを使わないというのもアリです。

ノートをとる勉強が、「本当に自分の役に立っているか」「自分のTOEICスコアUPにつながっているのか」を考える機会を作って、自分なりに確認してみてください。

ちなみに...

「ノートを取らない勉強法でどうやってTOEICスコアを伸ばせば良いの?」と疑問に感じている方もいるはず。

おススメは「公式問題集を解きまくる勉強法」です。
以下のエントリーで解説しているので、気になる方はチェックしてみてください↓

「公式問題集を"繰り返し"解く勉強法」アイキャッチ画像

「公式問題集」を"繰り返し"解く勉強でTOEIC850点!?【実話です】

2019年7月3日

「TOEIC勉強でのノート活用術」まとめ

今回は、「TOEIC勉強でのノート活用術」について、TOEIC850点を取得しているボクの意見を踏まえながら解説していきました。

ボクが「ノートを使ったTOEIC勉強」で効果があると考えているのは、リスニング対策の「ディクテーション」です。

リスニング音声を聞いて、聞こえた文章をノートに書きだす「ディクテーション」という勉強法は、あなたのリスニングスコアを効率よく伸ばしてくれます。

TOEICスコアをスムーズかつ確実に伸ばしたい方は、ぜひノートを使って「ディクテーション」をやってみてください!

「英語の"聞き流し"はTOEICスコアUPに意味ある?」アイキャッチ画像」

【TOEIC勉強法】スコアUPに"聞き流し"は意味ある?【効果アリ!】

2019年7月2日

おすすめ記事のバナー

TOEIC勉強法のおすすめ記事 バナー