この"スケジュール"ならTOEIC勉強が続く!スコアが伸びる!

「TOEIC勉強の"スケジュール"」アイキャッチ画像 TOEIC
今回のテーマ

おすすめ"スケジュール"を紹介!
これならTOEIC勉強が続く!

TOEIC受験者

TOEIC勉強のスケジュールはどうやって立てれば良いのかな?

TOEIC勉強を開始した初心者の方や、TOEICでなかなか良い点数を取れない方は、【TOEICの学習スケジュール】について悩んでいるのではないでしょうか?

そこで今回は、実際に"TOEIC850点"を取得しているボクが、【TOEIC受験者におすすめの学習スケジュール】をご紹介します。

  • TOEIC勉強を継続することができない...
  • いつも勉強を「先延ばし」してしまう...
  • 普段は学校や会社があって、なかなか勉強時間を確保できない...
  • 確実にTOEICスコアを伸ばしたい!

↑このようにお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

【紹介】TOEIC勉強の"スケジュール"はこれがおすすめ!

早速、ボクがおすすめするTOEIC勉強のスケジュールを解説していきます。
それがコチラ↓

TOEIC勉強のスケジュール

<月~金曜日>

◎朝(通学・通勤時間がおすすめ / 約30分)
単語帳で「英単語を暗記」《英語の基礎力》

◎夕方 or 夜(帰宅時間がおすすめ / 約30分)
リスニング音声を「シャドーイング」《TOEIC力》

ダイヤの区切り線

<土曜日>

◎朝(約30分)
リスニング音声を「シャドーイング」《TOEIC力》

◎昼 or 夕方 or 夜(約30分)
「英文法」を勉強《英語の基礎力》

ダイヤの区切り線

<日曜日>

2時間を確保
「公式問題集」のテスト1回分を本気で解く&答え合わせ《TOEIC力》

ダイヤの区切り線

【詳細】

♦この"1週間スケジュール"を、目標スコアが達成できるまで「ひたすら繰り返す」だけ!

♦《英語の基礎力》・・・英語の問題を解くために必要な「単語+文法」の力をつける勉強
♦《TOEIC力》・・・TOEICテストで良い結果を出すために必要な力をつける勉強

♦すでに《英語の基礎力》に自信がある方は、この部分を「リスニング音声のシャドーイング」に変えてOK!

上記がおすすめ学習スケジュールです!

TOEIC受験者

え?これだけ?
かなり大雑把なスケジュールだな。

このように感じた方が多いのでは?
でも、TOEIC850点を取得したボクからすると、これが最高の学習スケジュールです。

ここから、もう少し詳しく解説しますね。

平日は「スキマ時間」を有効活用すべし!

当エントリーをご覧になっている方の多くが、"月曜日~金曜日は会社や学校に通っている"と思うので、それを想定してスケジュールを立てました。

まず、会社や学校がある平日は、そもそも「まとまった勉強時間を確保するのが難しい」はず。

まとまった時間を確保できないのであれば、【スキマ時間】を使って効率よく勉強すべきです!

そこでおすすめなのがコレ↓

平日スケジュール

<月~金曜日>

◎朝(通学・通勤時間がおすすめ / 約30分)
単語帳で「英単語を暗記」《英語の基礎力》

◎夕方 or 夜(帰宅時間がおすすめ / 約30分)
リスニング音声を「シャドーイング」《TOEIC力》

会社や学校に通っている方は、ぜひ「通学・通勤時間」をTOEIC勉強に充ててください。
「通学・通勤時間」はTOEIC学習の黄金タイムです。

スキマ時間を使ってやるべき勉強は【単語の暗記】【リスニング音声のシャドーイング】のどちらか。

単語の暗記

単語の暗記は分かりますよね。

TOEICの問題の中には、「単語の意味が分かっていないと正答できない問題」があります。
なので、基礎的な英単語はしっかり頭に入れておかないといけません。

【TOEIC用の単語帳】を1冊購入して、通勤中の電車の中でひたすら単語を覚えましょう。

もし、「必要な単語力はついてきたかも」と感じたら、単語帳の暗記はやめてOK!
その時間を「リスニング音声のシャドーイング」に変更してください。

リスニング音声のシャドーイング

TOEIC受験者

「単語の暗記」は分かるんですけど、「リスニング音声のシャドーイング」って何ですか?

《TOEIC力》高めるために絶対おすすめなのが「リスニング音声のシャドーイング」です。

TOEICのリスニングスコアを効率よく伸ばすためには、「この勉強法しか無い!」と言っても過言ではありません。

リスニング音声のシャドーイング

「公式問題集」のリスニング音声を聞きながら、"シャドーイング"を行う勉強法。

※シャドーイング・・・聞こえてきた英文を「後追い」しながら発音する。耳に入ってきた文章をオウム返しするイメージです。

通勤時間・帰宅時間は、あなたの耳は"空いている"はずです。
誰かの話に注意を向けなくて良いので。

なので、この時間は「公式問題集のリスニング音声」を聞きながら「シャドーイング」する時間にしましょう!

ちなみに、電車の中で英文をぶつぶつ発音すると"ヤバイ人"なので、その場合は「脳内シャドーイング」でOKです。

この勉強法を、短時間でも良いので「とにかく毎日繰り返す」ことで、あなたの耳・頭がTOEICのリスニング音声に慣れてきます。
そうすると、本番のTOEICでもしっかり聞き取れるようになりますよ!

「リスニング音声のシャドーイング」については、以下のエントリー↓でより詳しく解説しています↓

休日は「公式問題集」で予行演習すべし!

休日の学習スケジュールをもう一度見てみましょう↓

休日スケジュール

<土曜日>

◎朝(約30分)
リスニング音声を「シャドーイング」《TOEIC力》

◎昼 or 夕方 or 夜(約30分)
「英文法」を勉強《英語の基礎力》

ダイヤの区切り線

<日曜日>

2時間を確保
「公式問題集」のテスト1回分を本気で解く&答え合わせ《TOEIC力》

休日のスケジュールで大切なのは、【公式問題集を解く】時間を作ること

休日はある程度まとまった時間を確保できるはずなので、その時間を利用して「公式問題集」を解きましょう。

公式問題集とは・・・本番のTOEICを実施しているETSという機関が制作した問題集のこと

公式問題集を使えば、TOEICの予行演習ができます!

毎週1回は、"本番と同様の状況"を用意して公式問題集を解くようにしてください。

この勉強を毎週繰り返すことで、確実に「TOEIC慣れ」が実現します!

「TOEIC慣れ」すると、

  • 試験時間内に全問解答することができる
  • リスニングで聞き逃す問題が減る
  • 2時間集中してTOEICテストに向き合うことができる etc.

↑このようなメリットがあります。

「公式問題集の活用方法」については、以下のエントリー↓でより詳しく解説しています↓

「1週間スケジュール」をひたすら繰り返す!

あとは上記で紹介した「1週間スケジュール」を、目標スコアが達成できるまで繰り返すだけ

途中で、「単語の暗記」や「文法の勉強」をやめるのはOK。
でも、【リスニング音声のシャドーイング】と【公式問題集を解く】ことは、最後まで続けることをおすすめします。

TOEICで高い点数を取るには、「どれくらいTOEICに慣れているか」が重要になってくるからです。

同じ英語力を持つ人でも、TOEICという特殊な試験に慣れている人とそうでない人では、取得できるスコアに大きな差が生まれます。

「効率よくTOEICスコアを伸ばしたい!」とお考えの方は、《TOEIC力》を高める勉強は継続するようにしてください。

TOEIC勉強の"スケジュール"を細かく作る「デメリット」

上記では、ボクがおすすめする学習スケジュールについて解説してきました。

ここまで読み進めた方の中には、

TOEIC受験者

こんな大雑把なスケジュールで良いの?
学習スケジュールは"もっと細かく"作った方が良いのでは?

と感じている人もいるのではないでしょうか?

ボク個人的には、「TOEIC勉強のスケジュールを細かく立てる」ことは"オススメしません"

理由は2つ↓

細かい学習スケジュールを立てるデメリット
  • 無理なスケジュールを作りがち
  • 三日坊主になりやすい

無理なスケジュールを作りがち

「学習スケジュールを細かく作ろう」とする人たちは、往々にして【無理なスケジュールを作りがち】です。

「細かいスケジュール・具体的なスケジュールを立てること」が目的になってしまっているので、実際にスケジュールを実行する時のことを考えられていません。

旅行などでこのような経験ありませんか?↓

せっかくの休みを利用して旅行に行くのだから、時間を無駄にしたくない!
事前にしっかりとした旅行スケジュールを立てておこう!

1時間単位・分単位でスケジュールを組む。
やりたいことを"たくさん詰め込む"。

実際に旅行に行くと...【全くスケジュール通りに進まない】

細かいスケジュールを立てたところで、基本的にその通りに行動できませんよ。

三日坊主になりやすい

細かいスケジュールは、あなたを"三日坊主"にします。

スケジュールを細かく作った時は、TOEIC勉強に対するモチベーションがかなり高いです。
やる気に満ちあふれているので、計画通りに勉強できると"思い込んでいます"。

でも実際に勉強をスタートすると、思い通りにはいきません。

  • 今日はメチャクチャ疲れているからな...
  • 思ったより仕事に時間がかかってしまったな...
  • 今日は何だかやる気が出ない...

↑このように、"勉強に使える時間"や"あなたのモチベーション"は日に日に変化するもの。
だから、どこかのタイミングで必ず「スケジュール通りに勉強できない日」が生まれます。

一度スケジュールが崩れてしまうと、一気にやる気が失われます

TOEIC学習者

昨日もサボってしまったからなー。今日も勉強しなくて良いか。

と開き直ったり、

TOEIC学習者

自分が立てた学習スケジュールを守れないなんて...。
やっぱり自分はダメなんだ...。

と自己嫌悪に陥ったりします。

そして、気づけば勉強が"三日坊主"で終わります。

アキラ

こんな経験ありませんか?

スポンサーリンク

"スケジュール"を立てることよりも「大切」な要素

TOEICで良い点数を取る上で、スケジュールを立てることよりも大切な要素があります。

それは

スコアアップに必要な勉強を"毎日継続"すること!

です。

TOEICは"特殊な特徴"を持つ試験なので、「英語力があれば高いスコアを取れる」というわけではありません。
逆に、英語が苦手でも、TOEICに必要なスキル・テクニックを身につければ、十分高い点数は狙えます。

「英語が"苦手"な人もTOEICで良い点数を取れる」アイキャッチ画像

英語が"苦手"でもTOEICで高い点数は取れる!【TOEIC特化の勉強】

2019年7月13日

では、どうしたら「TOEICに必要なスキル・テクニック」が身につくのでしょうか?

それは、毎日「TOEICテスト」に触れて【TOEIC慣れ】する以外にありません!

「1週間に1回だけガッツリTOEIC勉強する」よりも、【1回の勉強は短時間でも、毎日欠かさずTOEIC勉強する】方が、圧倒的にスコアUPに直結します。

「TOEICは"コツコツ"勉強しろ」アイキャッチ画像

TOEICは"コツコツ"勉強しなさい!理由とポイントを解説【経験談】

2020年1月2日

だからこそ、

毎日TOEIC勉強を継続できるようなスケジュールを作る

ことがとにかく大事!

  • その日やるべきことをハッキリさせておく
  • 平日の勉強時間は短くてOK!(スキマ時間を使う)
  • 毎日続けられるスケジュールにする(ハードなのはNG!)

↑この辺りを意識すれば、TOEIC勉強を継続できますよ!

「TOEIC勉強の"継続"」アイキャッチ画像

このようにしてTOEIC勉強を"継続"しました【そして850点】

2020年4月1日

スポンサーリンク

「TOEIC勉強の"スケジュール"」まとめ

今回は、「TOEIC勉強のスケジュール」をテーマに解説してきました。

  • どのようにTOEIC勉強を進めれば良いのだろう?
  • おすすめの学習スケジュールが知りたい!

といった方は、ぜひ当エントリーを参考にしてみてください!

最後に今回のまとめ↓

ダイヤの区切り線

★TOEIC勉強のスケジュールは細かく立てるべきではない!なぜか?↓

細かい学習スケジュールを立てるデメリット
  • 無理なスケジュールを作りがち
  • 三日坊主になりやすい

★ではどんなスケジュールが良いの?↓

TOEIC勉強のスケジュール

<月~金曜日>

◎朝(通学・通勤時間がおすすめ / 約30分)
単語帳で「英単語を暗記」《英語の基礎力》

◎夕方 or 夜(帰宅時間がおすすめ / 約30分)
リスニング音声を「シャドーイング」《TOEIC力》

ダイヤの区切り線

<土曜日>

◎朝(約30分)
リスニング音声を「シャドーイング」《TOEIC力》

◎昼 or 夕方 or 夜(約30分)
「英文法」を勉強《英語の基礎力》

ダイヤの区切り線

<日曜日>

2時間を確保
「公式問題集」のテスト1回分を本気で解く&答え合わせ《TOEIC力》

ダイヤの区切り線

【詳細】

♦この"1週間スケジュール"を、目標スコアが達成できるまで「ひたすら繰り返す」だけ!

♦《英語の基礎力》・・・英語の問題を解くために必要な「単語+文法」の力をつける勉強
♦《TOEIC力》・・・TOEICテストで良い結果を出すために必要な力をつける勉強

♦すでに《英語の基礎力》に自信がある方は、この部分を「リスニング音声のシャドーイング」に変えてOK!

★スケジュールは大雑把でOK!【勉強を継続できるスケジュール】を意識しよう!

今回のエントリーが参考になったなと思ったら、シェアしていただけると嬉しいです。