編入学サポートはこちら

TOEICを頑張っても転職には意味ないのか?データから考える!

「TOEICは転職に意味ない?」アイキャッチ画像

  • TOEICスコアを持っていても転職には意味ない?
  • TOEICが転職で役に立たないって本当?
  • 600点や700点台でも転職に役立つ?

上記の疑問を解消できる記事をご用意しました。

当記事では、「TOEICを頑張っても転職に意味ないのか?」についてデータや企業の情報などを見ながら考えていきます。

  • これから転職活動を開始する人
  • 外資系企業や海外部門への転職を考えている人
  • 転職活動で役立つアピールポイントを作りたい人

は、ぜひ当記事の内容を参考にしてみてください!

「TOEICスコアは転職に意味ない」という考えは誤り

早速、「TOEICを頑張っても転職には意味ないの?」という疑問の答えを述べます。

TOEICスコアは転職に意味ある!
頑張って勉強してスコアを伸ばすべき!

アキラ

ボクは上記のように考えます。

「どうせTOEIC勉強を頑張っても転職には役立たない」という考え方を持った状態だと、将来損をする可能性があります。

その理由を解説していきましょう。

TOEICスコアが転職に役立つ理由をデータを見て解説

TOEIC Programを運営するIIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)は、TOEICテストに関する様々な調査結果やデータを公開しています。

その調査結果やデータを見ながら、TOEICスコアが転職活動に役立つ理由について説明します。

TOEICが転職に役立つ理由
  • 英語ができる社会人の需要が高まっているから
  • 採用時にTOEICスコアを参考にされるから
  • 転職サイトからのスカウトが増えるから
  • TOEICは伸ばしやすいから

英語ができる社会人の需要が高まっているから

「英語力が高い人材が欲しい」←このように考える企業が年々増加しています。

以下の画像はIIBCの調査結果です↓

IIBCの調査結果「企業・団体は英語ができる人を求める」

英語力の需要が高い

出典:「英語活用実態調査2019」まとまる‐IIBC

「今後ビジネスパーソンにとって重要なスキルは何?」という質問に対し、多くの企業・団体が英語と回答しています。

では、企業はどのようにして転職希望者の英語力を測るのでしょうか?

様々なやり方があると思いますが、最も簡単で分かりやすいのが「TOEICスコアを見る」こと。

企業は英語ができる人材が欲しい→TOEICスコアが高い人材に魅力を感じる

と考えることができますね。

採用時にTOEICスコアを参考にされるから

「TOEICは転職に意味ない」と考えることは危険です。

なぜなら、採用時に応募者のTOEICスコアを参考にする企業が増えているから。

以下は、IIBCが行った調査結果です↓

企業は採用時にTOEICスコアを参考にしている

TOEICスコアは参考にされている

出典:「英語活用実態調査2019」まとまる‐IIBC

「英語を使用する部署の中途採用」において、50%を超える企業・団体がTOEICスコアを参考もしくは採用要件にしていることが分かります。

英語を使用する部署だけでしょ?
自分は英語を使うところには入らないし。

と感じた方がいるかもしれませんが、その考え方は危険です。

なぜなら、複数の転職サイトをのぞいてみると、海外部署とは関係の無い募集でも「TOEICスコアを応募必須条件や歓迎条件」としている企業が多いことが分かるからです。

  • 三菱自動車工業株式会社<ADASシステム開発エンジニア>
    →TOEIC600点以上が必須条件
  • 株式会社三井住友銀行<事務企画担当>
    →TOEIC700点以上が必須条件
  • 楽天グループ株式会社<経営企画>
    →TOEIC800点以上が必須条件

その他、転職時にTOEICスコアを参考にする企業については「TOEICスコアを重視する企業は?各企業が求める点数」をご覧ください。

転職サイトからのスカウトが増えるから

転職希望者がTOEICスコアを伸ばす意味はあります。

なぜなら

転職サイトからのスカウトが増える

からです。

転職サイトは常に「企業にマッチした人材を紹介したい」と考えています。

英語力の高い人材を求める企業が多いということは、TOEICスコアが高い応募者は「企業にマッチした人材」と言えますよね。

そのため、TOEICスコアを取得している応募者はスカウトメールが多く届くようになります

転職サイト側からスカウトメールが届くことで、魅力的な求人を見つけることができたり、転職活動の成功確率を高めたりすることができます。

TOEICは伸ばしやすいから

「転職希望者がTOEICを頑張る意味はある!」と断言できる理由の一つが

TOEICテストはスコアを伸ばしやすい

からです。

英語力を測る試験にはTOEIC以外にも

  • 英検
  • TOEFL
  • IELTS

などがあります。

この中で、TOEIC(L&R)だけは

「リスニング」と「リーディング」の2技能のみ必要な試験

となります。

その他の資格試験はリスニングとリーディングの他に、「ライティング」と「スピーキング」の合計4技能が求められるため、対策が難しいです。

英語を「書く力」と「話す力」を伸ばすことに苦手意識を持つ方も多いのではないでしょうか?

アキラ

ボクも苦手です。

さらに、英語をアウトプットする能力を習得するには長い時間を必要とします。

一方で、TOEICはリスニングとリーディングだけでスコアが決定するため、他の資格試験より圧倒的に勉強しやすいです。

適切な勉強法を継続すれば、短期間で目標点数を達成することも目指せます

普段は会社勤めで忙しくてなかなか勉強時間を確保できない社会人にとって、TOEICは最もスコアを伸ばしやすい試験です。

【注意】中途半端なTOEICスコアは意味ない!

上記では、転職活動でもTOEICは意味があることをお伝えしました。

ただし、気をつけて欲しいこともあります。

それが「履歴書に記載する点数」です。

アキラ

とりあえずTOEICのスコアを書いておけば良いわけではありません!

中途半端なTOEICスコアは逆に評価を下げてしまう可能性があります。

どのくらいのスコアから履歴書に記載できるのか

履歴書に記載できるスコアについて、制限はとくにありません。

つまり、何点であっても履歴書にスコアを記入することは可能ということ。

しかし、一般的に「600点以上から」記入するのが良いと言われています。

  • なぜ600点からなのか?
  • なぜ500点台以下のスコアを記入してはいけないのか?

については「TOEICは何点から履歴書に書ける?データを見て確認しよう!」で詳しく解説しています。

ライバルと差がつかないスコアはあまり意味がない

600点以上から履歴書に書いて良いのか。
今ちょうど600点台だから、これ以上の点数を目指して勉強しなくても大丈夫か。

↑このように考えた方はちょっと待ってください!

ライバルとあまり差がつかないスコアを記入しても、良いアピールにはなりません。

むしろ、

  • この応募者は600点台しかないのか…。もっと高い点数を持つ人の方が良いな。
  • 頑張ればもっとスコアを伸ばせるのにな…。スコアアップの努力を怠っているかも。

上記のように考えられてしまうリスクもあります。

アキラ

企業から良い評価をもらうためには、希少価値の高いスコアが必要です。

転職の成功率を高めるスコアは何点か?

では、転職の成功率を高めることができるTOEICスコアは何点なのでしょうか?

この章であなたが目指すべきスコアを解説していきます。

最低限必要なTOEICスコアは700点

転職活動時にアピールポイントとしてTOEICを利用する場合、最低でも「700点」は取得しておくべきです。

英語を使う部門や外資系企業でなくても、700点を超えるスコアが無いと企業から良い評価をもらうことは難しいと言えます。

なぜ最低でも700点台が必要なのかについては「転職が有利になるTOEICは何点以上?スコアを重視する企業も紹介」で詳しく解説しています。

転職希望者が目指すべきTOEICスコアは800点以上

転職の成功確率を高めたいなら

800点以上

目指すべきです。

TOEIC800点以上を取得できれば、あなたの希少価値は高まります

なぜなら、TOEICで800点以上取得している人は、受験生全体の「上位17%」に位置することができるからです。

>>TOEIC800点のレベルやすごさとは?勉強時間や勉強法も解説!

もし、海外部門や外資系企業など、普段から英語を使う機会が多い職業に転職したい方は800点台でも足りない可能性があります。

900点以上取得して、「英語力が相当高いこと」を確実に伝えられるようにしておくべきです。

>> TOEIC900点のすごさは?必要な英語レベルについて解説

転職希望者が目標スコアを達成するためのTOEIC学習法

TOEIC800点や900点を取得できる自信が無い…

確かに、TOEIC800点以上を取得することは決して簡単ではありません。

加えて、転職希望者の多くが普段は会社勤めをしており、まとまった勉強時間を確保することも困難です。

しかし、少しでも転職成功率を高めたいならTOEIC勉強から逃げるわけにはいきません。

そこで、忙しい社会人におすすめのTOEIC勉強法を紹介します。

アキラ

ボクが実際にTOEIC850点を取得できた方法なので、高い効果が期待できます!
アキラのTOEICスコア画像

アキラのTOEICスコア

忙しい社会人は「スキマ時間」を有効活用しよう!

平日(仕事がある日)まとまった時間を確保できない場合は、スキマ時間を使って効果の高い勉強を行いましょう

ぜひやっていただきたいのが

  • スキマ時間に「単語帳の暗記」
  • スキマ時間に「シャドーイング」

です。

スキマ時間に「単語帳の暗記」

スキマ時間にできる勉強の一つが「単語帳を使った学習」です。

TOEICで良い点数を取るためには、TOEIC頻出単語をしっかり暗記しておく必要があります。

まだTOEIC単語に自信がないという方は、TOEIC専用の単語帳を1冊用意してコツコツ勉強しましょう。

おすすめの単語帳は「もう迷わない!本当におすすめできるTOEIC参考書を紹介」で紹介しています。

スキマ時間に「シャドーイング」

もう一つ、スキマ時間で行えるおすすめ勉強法があります。

それが

リスニング音声をシャドーイングする勉強法

です。

シャドーイングとは、聞こえてきた英文を「後追い」しながら発音するリスニング勉強法の一つです。

アキラ

聞こえた英文をオウム返しするイメージですね。

シャドーイングに使う音声は必ず「公式問題集のリスニング音声」にしてください。

MEMO
公式問題集とは、TOEICテストを開発するETSが制作した問題集のこと。

 

>> TOEIC 公式問題集とは?

公式問題集には、本番のTOEICと同じスピーカーによって作られたリスニング音声を聞くことができます。

このリスニング音声をシャドーイングすることで、あなたの耳と頭が徐々にTOEICのリスニング音声に慣れてきます。

アキラ

ボクはこの勉強法で「リスニングスコア430点」を取得できました!

公式問題集を使ったリスニング勉強法については「TOEICリスニングで400点を超えるコツは?最強の対策法も紹介!」で具体的な流れも含めて詳しく解説しています。

アキラ

ちなみに、通勤時間に(脳内)シャドーイングするのがおすすめですよ。

休日は「公式問題集」を解きまくれ!

会社が休みでまとまった時間が取れる日は、

公式問題集を解きまくる勉強法

で実践力を高めましょう。

TOEICスコアを伸ばす上で欠かせないのが

  • 英語の基礎力(単語や文法の知識)
  • TOEIC慣れ

の2つです。

英語の基礎力は、単語帳や文法書を使って勉強することで身につくため、TOEIC受験生全員が行っています。

一方で、「TOEIC慣れ」対策を怠っている人が多い印象があります。

アキラ

TOEICは独特な試験形式なので、慣れないと「点数の取りこぼし」が多くなります。
  • 2時間集中して試験に取り組めない
  • 時間内に200問を解き終えたことが無い
  • リスニングを途中で聞き逃してします
  • 適当にマークする問題が多い

↑このような悩みを抱えている場合、「TOEIC慣れ」が足りていません。

そこでやっていただきたいのが「公式問題集を繰り返し解く勉強法」です。

本番と同じクオリティの問題に挑戦できる公式問題集を繰り返し解くことで、TOEICテストの形式に慣れ、

  • 自分に最適な時間配分
  • 問題を解ききる集中力
  • リスニング設問の先読みテクニック
  • 10秒で答えが分かる問題を見分ける力

などを習得できます。

詳しい内容・勉強の流れなどについては「TOEIC公式問題集の使い方!やり込み勉強だけで8割超える」で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

一人で学習することが難しいなら

  • 頑張って勉強しているけどスコアが伸び悩んでいる
  • 独学を継続することが難しい…いつも3日坊主…
  • 転職活動まで時間が少ない…早くスコアを伸ばしたい

このように考えている社会人の方は、TOEICサービスの活用を検討してみましょう。

特に、英語学習のプロの力を借りて確実にスコアアップを実現したいなら「TOEICスクール・パーソナルコーチ」を利用してみてはいかがでしょうか?

「できるだけTOEIC学習にかかる費用を節約しつつスコアを伸ばしたい」という場合は、TOEIC通信講座もおすすめです。

コスパの良いTOEIC通信講座は「安い+内容が充実しているTOEIC通信講座まとめ」でまとめています。

また、スタディサプリTOEICに登録して、スマホでいつでもどこでもTOEIC学習できる環境を整えることもおすすめです。

>> スタディサプリTOEICの料金まとめ!各プランの内容は?

転職にTOEICは意味ある!逃げずに勉強しよう

今回は「TOEICは転職に意味あるのか?」というテーマで解説してきました。

もう一度結論を述べておくと

  • TOEICスコアは転職活動にも役立つ!
  • ただし、中途半端なスコアでは良い評価をもらえない
  • 最低でも700点以上、目標は800点以上取得したい!
  • スキマ時間を使って効率よく勉強しよう!

です。

転職活動のためにTOEICを頑張ろうと思っていた方は、ぜひ参考にしてみてください。