【Twitter運用企画②】"Twitterアナリティクス"を活用しよう!

Twitterのアイキャッチ画像 Twitter運用企画
アキラ
みなさんは"Twitterアナリティクス"を活用していますか?

どうも、アキラ(@akila_s8)です。

7月の目標として「Twitterのフォロワーを50人にする」という目標を立てたのですが、月の半分が終了したにもかかわらず、フォロワーはまだ2人しか増えていません

【7月の目標】徹底したTwitter運用とプログラミングの勉強!

2018.07.01

"7月の目標"中間振り返り!フォロワー増やすの難しい!

2018.07.16

この目標達成のために、7月後半、どのようにTwitterを運用していけば良いのか考えなければいけません。

そこで、Twitterアナリティクスを活用して、自分のTwitter運用の改善点・今後の施策を考えていこうと思います!

"Twitterアナリティクス"とは?

"Twitterアナリティクス"のホーム画面

「Twitterアナリティクス」を使用することで、自分のツイートを分析したり、フォロワー数の変化を確認したりすることができます。

自分のツイートがTwitter上でどのくらいの人に閲覧されているのかや、Twitterのフォロワー数の変遷などが数値化されています。
そのため、Twitterアナリティクスを利用すれば、今後どのようにTwitterを運用していけば良いのか、適切な仮説検証をすることができるというわけです。

文字通り、自分のTwitterを分析するためのツールが、Twitterアナリティクスですね!

ちなみに、Twitterアナリティクスを見る方法は、至ってシンプルです。

"Twitterアナリティクス"の使い方を示す画像

PCのTwitter画面で、自分のアイコンをクリックします。
すると、上の画像のように、様々な設定メニューが出てくるので、赤で囲んだ「アナリティクス」をクリックすれば、Twitterアナリティクスを見ることができます。

ちなみに、右のリンクからも見ることができますよ→(https://analytics.twitter.com/

アキラのTwitterアナリティクスを見てみよう!

SNSのイメージ画像

それでは、ボクのTwitterアナリティクスを確認していきます。
今回は、Twitterアナリティクスの「ホーム」と「ツイート」の項目を確認していこうと思います。

Twitterアナリティクスの「ホーム」

アキラのTwitterアナリティクス画面

上の画像は、ボクのTwitterアナリティクスの「ホーム」画面(2018年7月16日時点)です。

アナリティクスのホーム画面では、過去28日間のアカウントパフォーマンスの変化を確認することができます。

Twitterアナリティクス「ホーム画面」の項目
  • ツイート…過去28日間の、自分のツイート数
  • ツイートインプレッション…過去28日間に、自分のツイートが他のユーザーに表示された回数
  • プロフィールへのアクセス…自分のプロフィール画面が、他のユーザーに見られている回数
  • フォロワー…現在のフォロワー数

一応、今月からTwitter運用をしっかりしようと思っていたので、ツイート数もツイートインプレッションも増えてはいますね。
まあ、ここは当然かなと。

プロフィールへのアクセスも結構伸びてますね。
おそらく、Twitter運用の仮説検証のエントリーでも書きましたが、フォロワー数を増やす対策として、「プロフィール欄を充実させる」ってことをやった効果なのかなと感じています。

【Twitter運用企画①】"フォロワー"を増やすための仮説検証!

2018.07.04

Twitterアナリティクスの「ツイート」

次に、Twitterアナリティクスの「ツイート」という項目を確認していきましょう。

アキラのTwitterアナリティクス画面

「ツイート」項目では、1日毎のツイートインプレッションと、個別ツイートの情報を確認することができます。

アキラのTwitterアナリティクス画面

上の画面では、各ツイートごとの情報が表示されています。
赤く囲んだ部分に、「インプレッション・エンゲージメント・エンゲージメント率」があります。
これはそれぞれ以下のような意味になります。

インプレッション・エンゲージメント・エンゲージメント率
  • インプレッション…そのツイートが他のユーザーに表示された回数
  • エンゲージメント…そのツイートに対して他のユーザーが反応(リンクをクリック・いいね・フォローするetc.)した回数
  • エンゲージメント率エンゲージメント数÷インプレッション数×100

この「ツイート」項目を見ることで、「反応が良いツイート」「反応が良くないツイート」それぞれどのような内容なのかを確認することができます。

アキラのTwitterアナリティクス画面

上の画像の赤で囲んだ「トップツイート」をクリックすることで、「インプレッション(ユーザーに表示された数=誰かの目に触れた数)」が多いツイート順に並べ替えることができます。

上の画像にあるツイートが、今までのツイートの中で、「最も人の目に触れたツイートTOP3」です。

以下、エンゲージメント(ツイートに対して、ユーザーが何かしら反応したもの)があるトップツイート4位~11位です。

アキラのTwitterアナリティクス画面 アキラのTwitterアナリティクス画面 アキラのTwitterアナリティクス画面

反応が良いツイートはどんな内容のもの?

今月、ボクがツイートしている主な内容は、「プログラミング」に関するツイートと、「モチベーション」に関するツイート、そして「ブログ更新」に関するツイートの3種類でした。

その中で、インプレッションが多く、エンゲージメントがあるツイートの特徴はズバリ、「プログラミング」に関する内容でした。

また、「Progate」「プログラミング」などのハッシュタグをつけていると、インプレッションやエンゲージメントが多い印象ですね。
また、プログラミングのツイートは「いいね数」も多かったです。

ちなみに、上位6つのトップツイートはすべてハッシュタグをいれています

7月後半のTwitter運用施策

Twitterの起動画面イメージ画像

まだまだデータが少ないので、検証しにくいのですが、7月後半は以下の施策でTwitterを運用していこうと考えています。

7月後半のTwitter運用施策
  • ツイートには1~2個のハッシュタグをつける
  • プログラミングのツイートを増やす
  • そもそもツイート数をもっと増やす(1日5個以上つぶやこうかな)

インプレッションやエンゲージメントが多いツイートは、「プログラミング×ハッシュタグをつける」という内容のものが多かったので、ツイートには基本的にハッシュタグをつけるようにします。

フォロワーもほとんどいないわけですし、まずは、ツイートの存在を知ってもらわないと話にならないですしね!

また、エンゲージメントが多い「プログラミングの内容」をもっと増やしていこうかな。

さらに、そもそものツイート数が少ないことも問題かと思っています。
なので、1日5個以上ツイートしていくことを心がけていきます!

アキラ
後半はもっとTwitterを運用していくぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です