【Twitter運用企画①】"フォロワー"を増やすための仮説検証!

アイキャッチ画像 Twitter運用企画
アキラ
"フォロワー"はどうやったら増やせるんだろう?

7月の目標の一つとして、「Twitterのフォロワー数を50人にする」というゴールを設定しました、アキラ(@akila_s8)です。

ゴールを設定したからには、1カ月後、できるだけ目標の数字(50人)に近づきたいものです。
ちなみに、現状は実質0人なので、結構厳しい道な気もしますが...。

そこで、目標達成に向け、どのようにTwitterを運用していけば良いのかについて、仮説を立て、実行していこうと思います。

そもそもなぜ"フォロワー"を増やそうとしているのか?

SNSのイメージ画像

施策について書く前に、どうして2018年というこの時期に、フォロワーを増やすという目標を立てているのかについて、ちょっと書こうかなと思います。

Twitterを始めた理由は...特になし!

ボクがTwitterを登録したのは、今年(2018年)の2月です。
後発も後発、なんというスロースターター。
これまで、SNSに特に興味もなく、使用する理由もなかったので、登録すらしていませんでした。

Twitterを使ってみようと思ったのは、このアキラボを作ってみようと考え始めたからです。
ブログとSNSの相性が良いのは、何となくイメージしていたからです。
特に、何か発信したいものがあるとか、誰かのツイートを読みたいというような気持ちはありませんでした

そのため、実際使い始めても、何かつぶやくわけでもなく、なんとなく気になる人のツイートを読むか、「NewsPicks」というニュースアプリで、ニュースにコメントしたものをツイートするかくらいの使い方しかしていないのが現状です。

フォロワーは「数」として見れる&影響力を持ちたい

そんな状態のボクが、なぜ急にフォロワーを意識しだしたのか。
理由は二つで、「数字として可視化される」「少しでも影響力のある人間になりたい」というものです。

フォロワーは「100人」や「1000人」のように、数字として出てきます。
つまり、フォローしてくれる人を増やそうと「行動した結果」が、目に見えるかたちで表れるので、自分が取っている行動は、目標達成のために「正しいのかor効果がないのか」が判断しやすいのでは、と考えています。

「仮説検証してみよう」というのが、このアキラボのテーマでもあったりするので、"フォロワー"という目に見える結果について、仮説を立て、行動してみるのはおもしろそうだなと考えました。

もう一つの理由としては、少しでも「影響力」を持つことができるかもと考えているからです。

自分が挑戦していることや、経験していること考えていることなどをアウトプットすることで、誰かの行動にもプラスの影響を与えることができればいいなと思っています。

アキラのTwitterの現状はこんなかんじ(2018年7月3日時点)

このエントリーを書いてる2018年7月3日時点での、ボクのTwitterはこんなかんじです↓

アキラのTwitter画面 アキラのTwitter画面 アキラのTwitter画面 アキラのTwitter画面

 

まあ、ほとんど運用していないので、当然といえば当然の状況ですね。

フォロワーは5人いますが、アフィリエイトとか物販とかの集客用アカウントみたいな感じなので、実質0人と言って問題ないですね。

フォロワーを増やすためのTwitter運用とは?

Twitterの起動画面イメージ画像

それでは、具体的にどうやってTwitterを運用していけば良いのでしょうか?

ただなんとなく投稿してもあまり意味が無いのは、分かり切ったことなのですが。
あと、いろんな人たちの投稿に「いいね」したり、無作為に多数のアカウントをフォローして「相互フォロー」的なものをもらったりするのは、あまり意味がありませんよね。

そこで、メンタリストのDaiGoさんが「ニコニコチャンネル」で話していた、「フォロワーが増える心理学」を参考にしてみたいと思います。

※YouTube動画は前半部分(ニコニコ動画の無料部分)です。動画をすべて視聴するには、DaiGoさんのニコニコチャンネルに会員登録する必要があります。ちなみに、DaiGoさんのチャンネルは非常にオススメです!

DaiGoさんは動画の中で、フォローしてくれる人を増やす際に心がけるべきポイントを7つ紹介していました。
7つすべての内容は、ぜひDaiGoさんのニコニコチャンネルで確認してみてください。

ボクはこの7つのポイントのうち、まずは「プロフィールを充実させる」ことと「ペルソナをハッキリさせる」ことを意識していきます。

フォロワー増加に向けた施策

Twitterのイメージ画像
Twitter運用【7月編】
  • プロフィール内容を充実させる
  • ペルソナをハッキリさせる

プロフィール内容を充実させる

フォロワーを増やすために重要なこととして挙げられていたポイントの一つが、「プロフィールを充実させること」でした。

プロフィールを充実させる効果
自分が「社会的にどんな立場にいて」「どんなバックグラウンドがあるのか」を説明

「だからあなたにこのような情報を提供できますよ」と伝えることができる

プロフィール欄に「自分は社会的にどのような立場にいるのか」「自分のバックグラウンドはどんなものか」を記載すると、アカウントを覗いてくれた人に対して、「あなたにこのような情報を提供できます」ということを伝える効果があるそうです。

ちなみに、ボクはTwitterを始めてから、一度もプロフィール欄を書いたことがありませんでした

アキラのTwitterプロフィール画面

まずはここから改善ですね。

ということで、プロフィールを充実させてみました↓

"フォロワー"増加のための施策「Twitterプロフィール欄の充実」

「経歴」「プログラミングを学んでいるということ」、そして「どんどんアウトプットしていく意気込みがあること」について書きました。

もしかしたら、今後より良いプロフィール内容が見つかったり、変化があったりするかもしれないので、その場合は随時プロフィール内容も変更していきます。

ペルソナをハッキリさせる

もう一つ、「ペルソナをハッキリさせる」こともやっていきます。

ペルソナとは、自分が提供する製品・サービスを利用する顧客の人物像のことです。
(例)自社のゴルフクラブを買ってくれるペルソナ→40代の男性、IT会社の会社員、年収600万円、妻・子供2人の4人家族、ゴルフが趣味で、時間が空けばゴルフの打ちっぱなしに足を運ぶ、家族もいるのであまりゴルフクラブにお金をかけることができない

ペルソナを設定することで、顧客目線のサービス提供や、適切な意思決定即座のサービス改善などが可能となります。

SNSの心理学的には、多くの人にウケる投稿よりも、特定の誰か・グループに刺さる投稿のほうが良いそうです。

そういうことなので、Twitterのペルソナを立ててみました。

アキラ's Twitterのペルソナ
  • 大学生や専門学生などの学生20代前半の人たち
  • プログラミングに全く触れたことがないけれど、勉強してみたいと思っている
  • プログラミング初心者「どんな勉強をしていけばいいのか知りたい」「自分と同レベルの人が初心者から成長していく過程を見たい」と思っている
  • 将来どうしていこうか定まっていない、就活にやる気が出ない、将来に不安がある
  • 新卒でフリーランスになる就職しないとどういう状況になるのか知りたいと感じている

このペルソナは、当ブログにも当てはまるのかなと感じています。
上記のペルソナを意識しながら、ツイートしていきます!

ツイート内容は自分にとってポジティブ&タメになる内容に

ちなみに、ツイートしていく内容は、自分にとって(つまりアキラにとって)「ポジティブな気持ちになる」&「タメになる・役に立つ」ものにしていこうかなと考えています。
この二つは当たり前なことのようにも感じますが。

ポジティブなツイート

「ポジティブな気持ちになる」ツイートは、自分が読んでみて、モチベーションが上がるような内容にします。
投稿時間は、できるだけにしてみようかなと思っています。
人間は、朝ポジティブな気持ちになる生き物なので。

あと、ポジティブなツイートは、「客観的」な内容にしていきます。
自分の主張ではなくて、「成功者の名言」とか、「モチベーションが高まる内容の本からの引用」などが良いのかな、と。

タメになるツイート

これは、「自分が経験したこと」「本から得た知識」「プログラミング初心者ならではの投稿」をすることで、ペルソナが知りたいと思っている内容をつぶやいていくということです。

まあ、当然ですよね。
「この人の投稿を見ると、自分が知りたい情報が転がっている」と思ってもらうための施策です。

Twitter運用【7月編】:まとめ

フォロワーを増やす施策のまとめ

【プロフィール内容の充実】
経歴や現在学んでいること、これからアウトプットしていく意思などをアピール

【ペルソナを作る】
自分の投稿を読んでくれる人物像を設定

【朝の時間帯に、ポジティブで客観的な内容のツイートをする】

【自分にとってタメになる、プログラミング初心者が知りたい内容をツイート】

今月は、上記の施策を獲ることで、フォロワーが増えるという仮説を立てました。

アキラ
結果は月末に!(増えるといいな...。)