いち早く"成果"を出したいなら「モチベーション」を上げよう!

"モチベーションを上げよ"のアイキャッチ画像 モチベーション
アキラ
"成果"をすぐに出したい!ならモチベーションを上げるしかない!

どうも、アキラ(@akila_s8)です!

ここ最近は、もっぱらモチベーションに関するアウトプットをしています。

"褒める"時は要注意!モチベーションを下げてしまう褒め方とは?

2018.07.08

なぜモチベーションに関してのエントリーをたくさん書いているかというと、「モチベーションを上げること」が、手っ取り早く"成果"を出すためのコツなのかもしれない、と考えられているからです。

「能力」よりも「モチベーション」のほうが上げやすい

"成果"のイメージ画像

成果を出すために重要なのは、「能力」「モチベーション」の2要素、という考え方があります。
「能力×モチベーション=成果」という式で考えることができます。

つまり、能力とモチベーションの両方、または片方を上げることで、成果を出せる可能性が高まります。

ここで意識しておきたいのが、人間の「能力」をアップさせるには時間がかかるということです。
成果を出そうと「能力向上」に力を入れても、もちろん問題ありませんが、能力を上げることは非常に難しいことでもあります。

一方で、モチベーションは、比較的容易に上げることができますよね!
みなさんも、「なぜか分からないけど、今日はやる気満々だぞ!」みたいな時ありませんか?
ちょっとの気持ちの変化で、モチベーションは簡単に変化します。

"成功"した時は自信を持って「自分の能力のおかげ」だと思え!

2018.07.08
アキラ
きちんとモチベーションを上げる方法を学べば、モチベーションを維持して、出来るだけ早く成果を出せる!はず。

「正しい目標設定」でモチベーションを上げよう!

GOALと書かれたイメージ画像

モチベーションを上げる方法の一つに、「正しく目標設定する」というものがあります。

自分に適した目標を作ることで、モチベーションを持続させることができます。
ここで大切なのは、「自分に適した」ゴールを作ることです。

モチベーションが上がる目標とは、「ちょっとの努力で達成できそう・到達しそう」なレベルのものだと考えられています。

「ゴールを正しく設定する方法」についてのエントリーでも、似たようなことを書きましたが、人間は「達成確立」が50%ほどの目標に対しては、やる気が出て、すぐに行動できると考えられています。

確かに、「自分がすでに知っていること・できること」って、簡単で退屈な感情になりますよね。
一方で、「自分が全く知らないこと・全然できないこと」に対しては、関心がほとんどなく、興味がもてません

この「自分ができること」と「できないこと」の中間に位置する目標が、「自分に適した目標」と言えますね!

アキラ
ちょっとの努力で達成できる目標を作ってみよう!成果への近道だよ!

成果を求めて行動すれば「能力」もついてくる

DREAM BIGと書かれたイメージ画像

「少しの努力で達成できるゴール」を作ることで、モチベーションが高まり、いち早く「成果」を手に入れることができるかもしれません。

「能力を伸ばすよりも、モチベーションを上げたほうが良い」と述べましたが、モチベーションを高めて成果を追い求めれば、自然と「能力」も身についているはずです。

重要なのは「先延ばし」することなく、目標達成に向けて、すぐに行動することですよね。

ボクが最近やっている「プログラミング」でいえば、「まだ分からないことがたくさんある」状態でも、「とりあえず何か作ってみる」という行動をとることで、自然と分かることが増えていく・知らないコードを覚えていくはずですよね。

英語も、特に能力がない状態で海外に留学へ行って、話さなければやっていけない環境でもまれることで、いつの間にか話せるようになるし、聞けるようになるものです。

途中であきらめたり、先延ばしを防いだりするためには、結局、モチベーションを維持し続けることが大切なのです。

「モチベーションUP→成果+能力」

アキラ
モチベーションを上げていこう!!

【参考図書】

モチベーションの新法則(榎本博明 著)

行動の科学-先送りする自分をすぐやる自分に変える最強メソッド(マイケル・ボルダック 著)