"WordPress5.0"は投稿画面が変わりすぎ!元に戻す方法とは?

"WordPress5.0"のアイキャッチ画像 ブログ
アキラ
"WordPress5.0"にアップデートしたら、ビックリしました...。

どうも、WordPressでこのアキラボを書いています、アキラ(@akila_s8)です!

先日、"WordPress5.0"のアップデートが配信されました。

恥ずかしながら、ボクは、
WordPressのバージョンアップデートがあることも、そして"5.0"へのアップデートが「こんなに大きく変わる」ことも、全く知りませんでした。

なので、

アキラ
あ、アップデート来てるな。
WordPress自他のアップデートなのか。
よし、アップデートしよう!

と、何も考えず・調べずにアップデートしてしまいました。

アップデートが終わった後に、新しいエントリーを書こうと思ったらビックリ!!

アキラ
え、投稿画面こんなに変わるの...

となってしまいました。

もしかしたら、このエントリーを見ている方の中にも、
特に何も考えずにWordPress5.0にアップデートしたことで、
「変わりすぎて焦っている」「前のバージョンの様式に戻したい」
と思っている方がいるのかもしれません。

なので今回は、「WordPressメモ」として、
WordPress5.0への対処法 についてまとめていきます。

"WordPress5.0"はどう変わる?

WordPress5.0で衝撃的に大きく変化するのが、「投稿画面(エディタ)」です。

ボクは、WordPress5.0のアップデート内容について全く知らなかったので、
アップデート後に「新しい投稿画面(新エディタ)」を見たらビックリしてしまいました。

【↓WordPress5.0から導入された新しい投稿画面↓】

"WordPress5.0"の"Gutenberg"エディタ
アキラ
なんだこれ...。
分からない...。
全然分からない...。

投稿画面の内容が変わりすぎて、エントリー執筆作業がまったく進みませんでした。

さすがに変更内容が大きすぎて、戸惑いますね、これは。
非常に書きにくいです。

ちなみに、WordPress5.0から導入されたこの「新エディタ」は、"Gutenberg"と呼ばれるエディタです。

“Gutenberg” とは、WordPress の新しいエディター体験を作り出すためのプロジェクト名です。このプロジェクトのゴールは、誰でもリッチな投稿のレイアウトができるような、ブログ投稿や固定ページ編集における新しい体験を作ることにあります。

-WORDPRESS.ORG 「Gutenberg についてのよくある質問」

WordPress5.0以前の投稿画面に慣れてしまっているので、
1つのエントリーを書き上げるだけでも相当な時間がかかりそうでした。

新しい投稿画面は、慣れるまでに時間がかかりそうですし、
このままの状態で執筆をしても、生産性が下がるだけだと感じてしまいました。

アキラ
うーん、
旧投稿画面に戻したい。

ということで、WordPress5.0にアップデートしてしまった後から「旧投稿画面(旧エディタ)」に戻す方法を調べてみました。

"Classic Editor"をインストールしよう!

WordPress5.0で大幅変更されてしまった投稿画面を、使い慣れた元の投稿画面(旧エディタ)に戻す方法は、非常に簡単です。

それは、"Classic Editor"というプラグインをインストールすることです。

WordPressのプラグイン画面

「Classic Editor」のインストール↑

お使いのWordPress画面で「プラグイン」→「新規追加」の順で選択し、
検索窓に「Classic Editor」と入力します。

そうすると、「Classic Editor」のプラグインが表示されるので、「今すぐインストール」をクリックしましょう。

WordPressのプラグイン有効化画面

プラグイン有効化↑

「Classic Editor」のインストールが完了したら、「有効化」をクリックしましょう。

これで完了です。
簡単ですね!

"Classic Editor"の投稿画面"

旧エディタ・旧投稿画面・Classic Editor↑

「Classic Editor」を有効化すれば、旧エディタに戻すことができます!↑

「Classic Editor」を有効化することで、
これまで使ってきた「旧エディタ」と"Gutenberg"の「新エディタ」両方を利用できるようになります

投稿エディタの切り替え

エディタの切り替え↑

現在使っているエディタが「Classic Editor(旧エディタ・旧投稿画面)」になっている場合は、
「ブロックエディター」をクリックすることで、新しい投稿画面に切り替えることができます

WordPress5.0にアップデートした方が良い?

まだWordPress5.0にアップデートしていない方からすると、
アップデートすべきかどうか悩むところではありますね。

調べてみると、WordPressの「テーマ」「プラグイン」によっては、
WordPress5.0に対応していなものもあるようです。

投稿画面の変化であれば、上記で説明した方法で「旧投稿画面」に戻すことができるので大きな問題ではありません。

しかし、自分が愛用している「テーマ」や「プラグイン」が上手く対応してくれなくなり、
サイト自体の表示やデザインが崩れてしまうのは困りものです。

ボク自身、投稿画面も旧エディタの方が圧倒的に使いやすいと感じているので(もちろん慣れているということもあるのですが)、
「急いでWordPress5.0にアップデートしなくても良いのかな」という印象です。

「WordPress5.0」のまとめ

今回は、「WordPress5.0による投稿画面の変更」についてメモしてきました。

いずれは新しい投稿画面・新エディタの"Gutenberg"に慣れないといけないのかもしれません。

しかし、今のところは「エントリー・文章の書きやすさ」「エントリーの構成のしやすさ」を重視したいので、旧エディタの方を継続して使っていこうかなと考えています。

WordPressをアップデートしたら、見慣れない投稿画面になってビックリした...。
以前の投稿画面で引き続き執筆していきたい...。

と考えている方は、ぜひ今回の内容を参考にしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です