編入学サポートはこちら

TOEICスコアの正式名称は?履歴書への正しい書き方を解説!

「TOEICスコアの履歴書への書き方」アイキャッチ画像

  • TOEICスコアの正式名称って何?
  • 履歴書への正しい書き方を知りたい
  • TOEICスコアを履歴書へ書く際の注意点は?

就職活動や転職活動でTOEICスコアをアピールしたいなら、履歴書へ正しく記載しなければいけません。

この記事では、TOEICスコアを履歴書でアピールする際の「正しい書き方」について解説しています。

どうやって履歴書に書けばいいのか気になっている方は、ぜひ当記事の内容を参考にしてください!

履歴書へ書く前に確認!TOEICの正式名称は?

TOEICとは、「一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)」が運営するテストプログラムのことです。

TOEICテストは必要な技能・テスト形式・難易度などの違いによって「5種類」に分けられます。

  • TOEIC Listening & Reading Test
    (↑一般的なTOEIC)
  • TOEIC Speaking & Writing Tests
  • TOEIC Speaking Test
  • TOEIC Bridge Listening & Reading Tests
  • TOEIC Bridge Speaking & Writing Tests

それぞれのテストの正式名称は上記の通り。

一般的にTOEICと表現されるテストは一番上の「TOEIC Listening & Reading Test」を指します。

履歴書に記載する表記はどれがいい?

履歴書で自分のTOEICスコアをアピールしたいなら、TOEICについて正式名称で記入すべきです。

「TOEIC Listening & Reading Test」って記入すればいいの?

もちろん誤りではありませんが、もっと短い表記で記入できます

それが

TOEIC公開テスト

という表記です。

TOEIC公開テストと書けば、TOEIC Listening & Reading Testを受験したと理解してもらえます。

団体受験のスコアは表記が異なるので注意

TOEICテストを自分で申し込みをして個人で受験する場合は「TOEIC公開テスト」ですが、大学や企業内で一斉受験(団体受験)した場合は表記が異なります。

TOEICの団体受験は

TOEIC IPテスト

と表記します。

TOEIC公開テスト TOEIC IPテスト
申込方法 個人で行う 団体が申し込みする
受験場所 指定の場所 団体の教室等
スコア表の発送 個人宛 団体宛
スコア表の呼び方 公式認定証 スコアレポート

公開テストとIPテストにはいくつか違いがあるため、両者をしっかり区別して記入するようにしましょう!

表記の早見表

自分が持っているTOEICスコアの表記がどれか迷った時は、以下の表で確認してください↓

履歴書への表記早見表
TOEIC Listening & Reading Test
(公開テスト)
TOEIC公開テスト
TOEIC Listening & Reading Test
(団体受験 / IPテスト)
TOEIC IPテスト
TOEIC Speaking & Writing Tests TOEICスピーキング&ライティング公開テスト
注意
TOEIC Bridge Testは「英語初級レベル」のテストであるため、履歴書に記載してもあまりアピールできません。

そのため、ここでは省いています。

TOEICスコアの履歴書への書き方を解説

履歴書にTOEICの点数を記入する時の書き方を解説します。

といっても、特に複雑なことはありません。

記入のポイント
  • 今まで受験したTOEICの最高点を書く
  • 記入するスコアを取得した日付を書く
  • テストの正式名称を書く

上記3つのポイントを守って記入すればOKです。

TOEIC点数の履歴書への書き方例

上の画像が記入例です。

アキラ

上記例を参考に記入してください!

TOEICスコアを履歴書へ記入する際の「疑問点」

TOEICの点数を履歴書へ記載する時に、いくつか疑問が生じます。

疑問点
  • 履歴書へ記載できる点数はどのくらい?
  • IPテストの点数も有効?
  • スコアの有効期限はいつまで?2年以内?
  • 最高点と最新点はどっちを書く?
  • 嘘を書いてもバレない?

それぞれの疑問点について解説します。

履歴書へ記載できる点数はどのくらい?

「履歴書に記入できる点数は○○点から」と厳密には決まっていないため、どれだけ低い点数を書いても問題はありません。

しかし、あまりにもスコアが低い場合は履歴書へ記載しても良いアピールにはなりません。

そのため「一定のスコア以上」は目指すべきです。

基本的に、履歴書に記入しても良いTOEICスコアは

600点以上

と考えられます。

  • 600点以上から記入できる理由
  • 500点台以下の点数がダメな理由
  • 企業から高い評価を受ける点数

などについては、「TOEICは何点から履歴書に書ける?データを見て確認しよう!」で詳しく解説しています!

IPテストの点数も有効?

TOEIC IPテストの点数も履歴書に記入して良いの?

という疑問を持っている方がいるはず。

結論としては、

IPテストの点数も履歴書に書くことは可能

です。

これはTOEIC公式サイトでも明言されています↓

スコアレポートも公式認定証と同様に履歴書に書くことができるのか?

A:できます。ただし、提出先独自の指標を設けている場合があるため、スコアを活用する際には提出先へのご確認をお勧めします。

引用:よくある質問-IIBC

一点注意しておくべきなのは、IPテストは「公式認定証」が発行されないことです。

TOEIC公開テストとは異なり、IPテストでは「スコアレポート(個人成績表)とスコアロースター(成績一覧表)」が用意されます。

つまり、履歴書を提出する先が「公式認定証の提出を求めている」場合、公式認定証が発行されないIPテストの点数は認められない可能性があるということ

もし不安な方は、履歴書の提出先に「IPテストの点数は有効か」確認することをおすすめします。

スコアの有効期限はいつまで?2年以内?

TOEICスコアの有効期限は「2年」だよね?
私の最高点数は3年前に取得したから、履歴書には書けない?

上記のような疑問を抱えている方がいるはず。

結論は、

3年以上前に取得したスコアも履歴書に書ける

です。

「TOEICスコアの有効期限が2年間」という話を聞いたことがある方も多いと思いますが、それは勘違いです。

TOEICのスコア自体に有効期限は存在しません

これも公式サイトに記載されています↓

スコアレポートに有効期限はあるのか?

A:有効期限はありません。

※ただし、再発行は解答用紙を採点した年度の翌年度4月1日から2年間に限ります。


公式認定証に有効期限はあるのか?

A:有効期限はありません。

※ただし、再発行は試験日から2年間以内のものに限ります。

引用:よくある質問-IIBC

そのため、取得したスコアが2年以内のものでなくても履歴書に記入できます!

ただし!

注意しておくポイントが2点あります。

注意点
  1. スコア証明書の提出が必要な場合
  2. 応募条件に「取得日の制限」がある場合

証明書の提出が必要な場合は注意!

基本的に、履歴書へTOEICスコアを記載する場合、公式認定証やスコアレポートなどを添付しなくても大丈夫です。

しかし、企業によっては「スコア証明書(公式認定証・スコアレポート)」の提出を求めるところがあるかもしれません

ここで注意しなければいけないのが、

スコアレポート・公式認定証の再発行には
有効期限がある

ということ。

つまり、

企業側が「公式認定証」の提出を求めている

「公式認定証」が手元にないから再発行が必要!

履歴書に記入したいスコアは3年前に取得したものだった!

発行期間対象外のため、公式認定証を発行できない

履歴書に書けない

上記のような場合は、3年以上前の点数を履歴書に書くことが難しくなってしまいます。

ちなみに、手元に公式認定証やスコアレポートがある場合(再発行しなくてもいい場合)は、3年以上前の点数でも大丈夫です。

応募条件に取得日の制限がある場合は注意!

企業の応募条件に

TOEIC600点以上(取得から2年以内のもの)

上記のような記載がある場合、3年以上前に取得したスコアは記入できないので注意してください。

最高点と最新点はどっちを書く?

最近受験したTOEICスコアが、前回よりも下回ってしまった。
最新の点数でなくても大丈夫?

履歴書に記入するスコアは最新のものでなくても大丈夫。

自分の「最高点」を記入するようにしましょう

嘘を書いてもバレない?

嘘の点数を書いてもバレないのでは?

嘘で高い点数を書きたくなる方がいるかもしれませんが、絶対にやめましょう

理由は、公式認定証やスコアレポートの提出を求められたら嘘をついていたことが確実にバレるから。

ほんの出来心でついた嘘のせいで「内定取り消し」になるのは非常にもったいないです。

アキラ

スコアは正直に記入しましょう!

履歴書でアピールできる点数を目指すには?

  • このままだと履歴書にTOEICスコアを記入できない
  • できるだけ高い点数を書いてアピールしたい

という方は、早めに対策を進めておくことが大切です。

ただし、闇雲に英語を勉強してもTOEICスコアをスムーズに伸ばすことはできません。

「できるだけ効率よくスコアを伸ばしたい」ならスコアアップに直結する対策を行いましょう。

アキラ

ボクが実際にTOEIC850点まで伸ばせた方法をご紹介します。
アキラのTOEICスコア画像

実際の公式認定証

おすすめの対策は「TOEIC 公式問題集」の活用です。

  • 公式問題集のリスニング音声をシャドーイングする
  • 公式問題集を繰り返し解きまくる

それぞれの勉強法については別記事で具体的に説明しているの、気になる方はチェックしてみてください↓

確実に、かつスピーディーにTOEICの点数を伸ばすにはどうしたらいい?

履歴書提出まで時間が無い方や、就職・転職活動に向けて確実に高い点数を取りたい方は、「英語学習の専門家に力を借りる」ことを検討してみましょう。

例えば、「パーソナルコーチサービス」「(TOEICプランがある)英会話スクール」を利用すれば、英語学習が苦手な方でも安心してTOEIC学習を進めることができます。

\\ 参考記事 //

パーソナルコーチサービスや英会話スクールよりも安価にプロの力を利用できるのが「通信講座」です。

コスパの良い通信講座は「安い+内容が充実しているTOEIC通信講座まとめ」で紹介しています。

TOEICスコアを正しく記入して履歴書でアピールしよう!

今回は「履歴書へのTOEICスコアの書き方」を解説しました。

履歴書を作成中の方は、ぜひ当記事を参考に正しい書き方で記入してください。