TOEICで目標スコアを達成するために必要な"勉強時間"は?

「TOEICの"勉強時間"」アイキャッチ画像 TOEIC

TOEICで目標スコアを取得するための"勉強時間"とは?

どうも、TOEICスコアを850点まで伸ばすことができました、アキラ(@akila_s8)です。

当エントリーをご覧になっているということは、あなたは以下のような疑問を抱いているはず↓

TOEICで自分の目標スコアを達成するためには、どのくらいの勉強時間が必要なのだろう?

確かにボクも、「TOEIC800点以上取得する」という目標を掲げていた時は、「何時間勉強したらTOEIC800点取れるのかな~?」と疑問に考えていたものでした。

そこで今回は、TOEICの勉強時間に関して疑問を感じているあなたに向けて、TOEICで目標スコアを取得するために必要な勉強時間】について解説したいと思います。

「TOEICの勉強時間」について気になっている方は、ぜひ当エントリーを参考にしてみてください!

スポンサーリンク

TOEICで目標スコアを達成するために必要な"勉強時間"は?

それでは早速、TOEICで目標スコアを達成するために必要な勉強時間についてお話したいと思います!

あなたに必要な勉強時間は...

そんなの分かるわけない!

です。

もう少し詳しく言うと、

勉強時間を意識しても意味が無い!

ですね。

早速皆さんの期待を裏切るようで申し訳ありません。
が、これがTOEIC850点を取得しているボクの結論です。

TOEICで目標スコアを取得するために必要な勉強時間は...分かりません

TOEICの"勉強時間"を意識することが無意味な理由

時々、「TOEICで目標点数を取るための"目安の勉強時間"」について説明している表などを見かけますよね。

「TOEIC800点を狙うなら"○○時間"の勉強が必要」みたいな。

でも冷静に考えてみてください。
以下に挙げるような理由から、TOEICの勉強時間を考えるのは"あまり意味が無い"ことが分かるはずです。

理由
  • 人それぞれ成長速度が異なる
  • 勉強内容によって成長度は違う
  • 時間がたくさんある≠TOEICスコアを伸ばせる

人それぞれ成長速度が異なる【当たり前】

これは当たり前の話ですが、人間の能力は人それぞれ異なりますよね

英語が得意な人もいれば、苦手な人もいる。
英語が好きな人もいれば、嫌いな人もいる。

なので、たとえ同じ勉強時間を費やしたとしても、成長速度(TOEICスコアの上昇度)は違ってきます

人によって成長速度は違うよ

【Aくん】

  • 英語を学習するのが好き
  • 大学受験の時に、それなりに英語の勉強をした経験アリ
  • 英語が好き・英語に対するモチベーションは高い

【Bくん】

  • 英語を学習するのが嫌い(やらないといけないからTOEICを勉強している)
  • 大学受験の時に、英語の勉強をサボっていた
  • 英語が特別好きではない・英語に対するモチベーションは低い

上記のAくんとBくんが"同じ時間"だけTOEIC勉強をした場合、AくんのほうがスコアUPが期待できそうですよね。
その人が持つスキル・能力・バックグラウンドによって、勉強時間が同じでも成長速度に違いが出る。
これが勉強ってもんですよね。

このことから、勉強時間を気にしても仕方が無いことが分かりますよね。

勉強内容によって成長度は違う【当たり前】

これもまた当たり前の話なのですが、その人が「勉強する内容」によってスコア上昇度は変わってきますよね。

たとえ同じ時間だけTOEIC勉強していたとしても、「TOEICのスコアUPに効果のある勉強」をしている人とそうでない人では、点数の伸び率に違いが生まれます。

より効率的なTOEIC勉強法を実践している人は、効果のない・遠回りな勉強をしている人よりも早く成果が出る。
コレ、当たり前。

この点からも、勉強時間を意識することが無駄だというのが分かります。

むしろ、「TOEICの勉強を何時間すれば良いのだろう」と考えるのではなく、「どんな勉強法がより効率的にスコアUPできるのだろう」と考えた方が良いわけです!

勉強時間 <<< 勉強法

時間がたくさんある人の方がTOEICスコアを伸ばせる?【そんなことない】

そもそもですが、TOEICの点数を伸ばす上で「時間がたくさんある人」の方が有利なのでしょうか?

そんなことありません。

確かに、「自由な時間が多い人の方」がTOEIC対策に使える時間を楽に捻出できます。
でもだからといって、その人がよりスピーディーにスコアUPできるかというと、それは違います

上記で説明している通り、その人がすでに持ち合わせている能力・スキルや特性、実践している勉強法によって点数の伸び具合は変わってくるからです。

なので「目標スコアを達成するためには、何時間勉強すれば良いのか?」という考え方はもうやめましょう。
無意味です。

「あなたが考えるべきこと」は"他にあります"!

スポンサーリンク

TOEICスコアUPのために"勉強時間"より大切なこと

「TOEICで目標スコアを取得するために、どのくらいの勉強時間が必要か」について気になる気持ちは分かります。
でもそれを考えても点数UPにはつながりません。

本気でTOEICハイスコアを狙っているのであれば、勉強時間よりも意識しなければいけない重要なことがあります。

それは以下の2点↓

コレを意識すべし!
  • TOEIC勉強を毎日継続すること
  • スコアUPに直接意味のある勉強をすること

TOEIC勉強を毎日継続すること

まず重要なのが【毎日勉強すること】です。

「何時間勉強すればTOEICで目標点数を達成できるだろう...」なんてことを考えるよりも、「毎日TOEICの勉強を継続しよう」と考える方が何倍も大切です。
そして、確実にあなたのスコアUPに繋がります。

「毎日TOEIC勉強する」ことの効果

「毎日TOEIC勉強する」ことを継続出来れば、あなたは確実に"TOEIC慣れ"することができます。

TOEICという試験は、いかにテスト形式に慣れているかが非常に大切になってきます。

「TOEIC慣れ」することで、

  • 「一瞬見ただけで答えが分かる」問題を見極める
  • リスニングで問題を「先読み」する
  • リスニング音声がしっかり聞き取れる
  • 試験時間内に200問を解ききる
  • 試験時間(2時間)の間TOEICテストに集中する

といった能力・テクニックが身につくんですよね。
そのおかげで、TOEICスコアはみるみる伸びていきます。

当エントリーをご覧になっている方の中には、

  • 試験時間内に問題を解き終えることができない
  • リスニングの内容が"全くもって"理解できない
  • 途中で集中力が切れてしまう

という悩みを抱えている方も多くいるのでは?
これらが原因で、本来取れていたはずの点数を"取りこぼしている"方も多いはず。

【毎日TOEIC勉強を継続する→TOEIC慣れ】して、上記に挙げた能力・テクニックを身につけることで、「点数の取りこぼし」を防ぐことが期待できます

サボりたい日も「毎日TOEIC勉強する」

ここで、"自分自身のTOEIC勉強"について振り返ってみましょう。

毎日勉強していますか?

勉強しないとスコアが伸びないことは分かっている。
だけどサボってしまう
心当たりあるのでは?

ボクがTOEIC800点以上を目標に勉強していた時、あることを学びました。

それが、

TOEICという試験では...

まとまった時間で"ガッツリ勉強"するよりも、たとえ"短時間"でも「毎日勉強を継続」した方が、スコアUPできる

ということです。

TOEICでは【毎日勉強】することが大切

〇1週間のうち...2時間勉強(1日)+30分勉強(6日)=合計「5時間」の勉強時間

▲1週間のうち...5時間勉強(1日)+0時間勉強(6日)=合計「5時間」の勉強時間

同じ「合計5時間」の勉強時間であっても、1週間のうち"1日だけ"ガッツリ勉強するより、毎日勉強を積み重ねた方が効果絶大です。

その理由は、上記で説明した通り「TOEICテストの形式に慣れる」ことができるから。
それから、ボク自身が毎日コツコツ勉強することによってTOEIC850点を取得できたから。↓

【TOEICの"勉強時間"】スコア画像

だから、サボりたいと思う日でも何とか自分を奮い立たせてTOEIC勉強すべきなんです!

TOEIC伸ばしたい人

それは分かったけど...。
毎日勉強を継続するって大変なんですよ...。

まあ、その気持ちはものすごくよく分かります。
毎日勉強することってかなり難しいですよね。
ボク自身、「勉強をサボりたい」と感じる日も多々ありました。

そこでおススメなのが【スキマ時間を有効活用する】ことです!

スキマ時間を有効活用しよう!【時間が無い人ほど】

「毎日TOEIC勉強すべきなのは分かっているけどサボってしまう」という方は、

"スキマ時間"を有効活用する

ことを意識してください。
「まとまった勉強時間を確保できない人」は特に。

スキマ時間を上手に使ってTOEIC勉強できる人は、効率よく・スムーズにスコアUPすることが可能です。

TOEIC勉強におすすめのスキマ時間といえば「通勤時間・通学時間」ですね!

あなたは、普段の通勤・通学時間に何をしていますか?
無駄に過ごしているのではないですか?

会社に勤めている人や学校に通っている人にとって、通勤・通学時間は「毎日必ず訪れるイベント」です。
"会社や学校までの数十分~1時間"は避けることができません。

ならば、この時間は「TOEIC勉強する時間」というルールを作ってしまいましょう
そうすれば、毎日TOEIC勉強を継続することが可能になりますよね。

ちなみにボクは、通学時間(約40分)は「TOEICのリスニング音声を聞き流す時間(たまに単語帳を読む時間)」と決めていました。
それを続けた結果が"TOEIC850点"です。

通勤・通学時間以外にも、1日の間に何度か"スキマ時間"が発生しているはずです。
自分の1日を振り返ってみて、TOEIC勉強に使えそうなスキマ時間を見つけてみてください。
そして、「その時間は毎日必ずTOEIC勉強する」というルールにしてください!

「スキマ時間を有効活用することの重要性」や「通勤・通学時間の具体的なTOEIC勉強法」については以下のエントリーで詳しく解説しているので、必ずチェックしてみてください↓

スコアUPに直接意味のある勉強をすること

上記では、TOEICの勉強時間を気にするよりも「毎日勉強を継続すること」の方が大切というお話をしました。

加えて、もう一つ大切なことがあります。

それが、

スコアUPに直接意味のある勉強をすること

です!

"TOEIC勉強をするための時間"をいくら確保したところで、スコアUPに直結しない・効果が無い勉強をしていては、いつまで経っても目標スコアを達成できません。

【スコアUPに効果のある勉強法】は必要不可欠です!

TOEIC伸ばしたい人

スコアUPに効果のある勉強法って、具体的に何なの?

疑問に思いますよね。
もちろん、紹介します!

ボクが強くおすすめしている勉強法はコレ↓

マジで効果のある勉強法

<<リスニング>>

公式問題集のリスニング音声聞き流し

<<リーディング>>

公式問題集を繰り返し解く

こちらについては、それぞれ詳しく解説したエントリーを用意しているので、「できるだけ効率よくTOEICスコアを伸ばしたい!」という方は、ぜひ関連記事に目を通してみてください↓

関連記事

公式問題集のリスニング音声聞き流し(リスニング)】に関するエントリー
【TOEIC勉強法】スコアUPに"聞き流し"は意味ある?【効果アリ!】

公式問題集を繰り返し解く(リーディング)】に関するエントリー
「公式問題集」を"繰り返し"解く勉強でTOEIC850点!?【実話です】

スポンサーリンク

毎日コツコツ勉強したらTOEIC850点になりました

「○○時間勉強すれば、TOEIC△△点取れる」←こういうのはあまり考えなくて良いです。

それよりも

  • 毎日コツコツTOEIC勉強する
  • スコアUPに直結する勉強をする

ことを意識してみてください!

これを強くおススメする理由は、ボク自身、このことを最優先事項にしたら"TOEIC850点"を取得することができたから。

【TOEICの"勉強時間"】スコア画像

TOEICに取り組んでいる方なら薄々感じているかもしれませんが、TOEICの点数を"すぐに・いきなり"伸ばすことは大変です。
というか、ほぼ無理です。

反対に言うと、たとえ"1日数十分"の短い勉強時間でも、それを毎日継続することで"確実に"TOEICスコアは伸びていきます

結局、【毎日の積み重ね】が大切です。
塵も積もれば山となる。

TOEICで目標スコアを達成したいなら、とにかく毎日勉強しましょう!

「TOEICの"勉強時間"」まとめ

今回は、【TOEICで目標スコアを達成するためには、どのくらいの勉強時間が必要なのか?】という疑問について、TOEIC850点のボクの見解を述べました。

参考になりましたでしょうか?

昇進・昇給・転職・就職・進学などのために、TOEICのハイスコアを取らないといけないという方は、ぜひ当エントリ―の内容をご自身の生活に取り入れてみてください!

最後に、当エントリ―の内容をまとめます↓

まとめ

TOEICで目標スコア達成のために必要な勉強時間はどのくらい?
↑これを考えても"意味が無い"(スコアはUPしない)

その理由は...

●人それぞれ成長速度が異なる

●勉強内容によって成長度は違う

●時間がたくさんある≠TOEICスコアを伸ばせる

から

それよりもあなたが意識すべきことは...

●TOEIC勉強を毎日継続すること

●スコアUPに直接意味のある勉強をすること

【スキマ時間を有効活用して、TOEIC勉強を毎日継続しよう!】