編入学サポートはこちら

TOEIC700点はすごいの?就活や転職で評価されるのか解説!

「TOEIC700点はすごいの?」アイキャッチ画像

  • TOEIC700点ってすごいの?
  • 就活や転職でTOEIC700点はどのような評価を受ける?

上記のような疑問を解消できる記事をご用意しました。

当記事を最後までお読みいただければ、「TOEIC700点のすごさ・評価」を理解できます。

ちなみにこの記事を書いている筆者はTOEIC850点を取得しています↓

アキラのTOEICスコア画像

アキラのTOEICスコア画像

実際にTOEIC700点を突破したからこそ書ける内容になっているので、ぜひ参考にしてみてください!

それでは早速、「TOEIC700点はすごいのか?」という疑問に対する結論を述べていきます。

TOEIC700点はすごいのか?スコア分布を見ながら解説

早速、「TOEIC700点はすごいのか?」という疑問に対する結論をお話しましょう。

700点というスコアは

本気でTOEICテストに向き合わないと取れない
けっこうすごい!

です。

TOEIC700点台に到達できる人は多くない

TOEICプログラムを運営するIIBCが発表したデータを見てみましょう。

IIBC発表のTOEICスコア分布

出典:TOEIC Listening & Reading Test 公式データ・資料

上の画像は「2020年度に実施されたTOEIC公開テストのスコア分布表」です。

オレンジ色で囲んだ部分を見ることで、TOEICテストで700点以上(厳密には695点以上)取得している人の割合が分かります。

700点以上取得しているのは

TOEIC受験者全体の「約35.7%」

でした。

アキラ

決して多くはないですよね。

適切な対策をせずにTOEICテストに挑んでも、簡単に700点台を突破できないことが分かったと思います。

TOEIC700点を突破するために必要な英語力

TOEIC700点台を目指すにはどのくらいの英語力が必要なの?

という疑問にもお答えします。

実際に850点を取得しているボクの経験を考慮に入れると…

「TOEIC700点に必要な英語力」

このくらいの英語力があれば700点台は狙えます!

ただし、上記に挙げたような英語力を習得するには一定の時間+適切な勉強法が必要です。

特に「TOEICテストに慣れるための勉強」が重要となってきます!

就活・転職でTOEIC700点はどのような評価を受ける?

TOEIC勉強を頑張っている方の多くが、目標スコアを達成しないといけない理由があるはず。

  • 就活でアピールポイントにしたい
  • 転職の募集要項にTOEIC700点以上という記載があった

ここではTOEIC700点がどのような評価を受けるのかについて解説します。

就活におけるTOEIC700点の評価

大学生や専門学生などが就職活動を行う際、TOEIC700点以上を取得していれば

他の学生よりも高い評価を受ける

ことができます。

新入社員に限定したTOEICスコア分布を見てみましょう↓

2019年度新入社員のTOEICスコアデータ

新入社員のスコア分布表

出典:新入社員 TOEIC L&R 最新データ 2019年度

上の画像を見れば分かるように、(2019年度の)新入社員の中でTOEIC700点以上を取得している人は「15%」しかいませんでした。

このデータから考え得ることは

TOEIC700点以上取得しておけば
(TOEICにおいて)就活生の上位15%になる

ということ。

700点以上のスコアを履歴書に書いておけば、「お、すごいね!」と感じてもらえます。

「就活で有利になるTOEICスコア」アイキャッチ画像 就職に有利なTOEICスコアは?就活無双するための勉強法も解説

ちなみに、「履歴書に記入できるTOEICスコアは600点から」と考えられていることを覚えておきましょう。

転職におけるTOEIC700点の評価

では、転職活動の場面でTOEIC700点はどのような評価を受けるのでしょうか?

転職では

  • 英語を使わない職種や部署
    →まずまず良い評価を受ける
  • 英語が関係する職種や部署,ハイレベルな企業
    700点台は「足りない」
    →800点以上欲しい

です。

転職活動になると、周りのライバルがTOEIC勉強を頑張る+企業の求める水準が高まることから、700点台だと「不十分かも」と思われる可能性があります

  • 英語に関連する仕事をしたい
  • より高い評価を受けたい
  • 転職成功率を高めたい

とお考えの場合は、800点以上のスコアが求められるでしょう。

詳しくは「転職が有利になるTOEICは何点以上?スコアを重視する企業も紹介」でまとめています。

TOEIC700点を取るために必要な正答率は?

TOEIC700点を取るためには、本番のテストでどのくらいの正答率が必要?

と疑問に感じる方も多いのではないでしょうか。

実は、「この正答率なら確実に700点台!」と断言することは難しいです。

TOEICは独特な算出法でスコアが決まる

必要な正答率が断言できない理由は

TOEICスコアは独自の配点方式で算出されるから

です。

TOEICスコアの算出方法

TOEICテストでは「スコアの統一化」と呼ばれる統計処理を用いて点数が算出されます。

この方式によって、試験ごとの難易度に影響されることなく、公正なスコア算出が可能となるようです。

参考 【公式】テスト結果についてIIBCIIBC

そのため、単純な素点だけで自分の点数を予想することが難しいです。

上記の算出法でスコア計算されることで、テスト開催ごとに正答率とスコアの間に差が生まれます。

(例)

前回テストは正答率80%で700点だった

今回テストは正答率75%で700点だった

アキラ

正答率によってスコアが正しく予想できないことを理解しよう。

700点を目指すなら「7.5割」の正答率が必要

それでも目安の正答率は知っておきたい

と感じる方は「TOEIC公式問題集のスコア換算表」を利用してみましょう!

TOEIC公式問題集とは

公式問題集とは、本番のテストを開発するETSという機関が発行する問題集のこと。

 

本番のTOEICと同じプロセスで問題を作成しているため、「最も本番に近いクオリティの問題集」と言えます。

TOEIC公式問題集には「スコア換算表」が付属されています。

問題を解いた後、自分の正答数とスコア換算表を照らし合わせることで、おおよその予測スコアを算出できるので非常に便利です!

MEMO

公式問題集のスコア換算表は「過去に実施されたテスト結果」をもとに作成されています。

そのため、信ぴょう性の高いスコア算出が可能です。

この換算表を参考にすると…

  • リスニングで「正答数が76~80問」
    →参考スコア330~420点
  • リーディングで「正答数が76~80問」
    →参考スコア315~405点

を取れば、700点台を突破できる可能性が高いと考えられます。

注意
あくまでも参考スコアです。テスト実施回によって大きく変化する可能性があります。

したがって

リスニング・リーディングが「正答率8割」なら
700点台を突破できる!

と考えて勉強することが大切です。

その他「TOEIC模試」を活用して自分の現在位置を把握することもできます。

TOEIC700点が難しいと感じた方がやるべきこと

ここまでの説明を読んで

TOEIC700点を突破するのは大変そうだな…
自分にできるのかな?

と不安に感じた方がいるかもしれません。

確かに、中途半端な気持ちで英語を勉強するだけではTOEIC700点台に到達することは難しいでしょう。

しかし、効果の高い対策を継続して行えば、高い確率で700点の壁を突破できます。

もし自分が700点以上取得できるのか不安に感じた方は、以下のポイントを意識してみてください↓

ポイント
  • 公式問題集の音声でシャドーイングする
  • 公式問題集を繰り返し解きまくる
  • (独学が厳しいなら)英語のプロを利用

公式問題集の音声でシャドーイングする

TOEICで700点以上取りたいなら、リスニングで8割以上正答することを目指さなければいけません。

そのために必須な対策が「シャドーイング」です。

MEMO
シャドーイングとは、聞こえてきた英語の文章を「後追い」しながら発生する勉強法のこと。

シャドーイングする音声は「公式問題集に付属するリスニング音声」です。

公式問題集の音声をシャドーイングすることで、徐々にあなたの耳がTOEICテストのリスニングに慣れてきて、自然と聞き取る能力が身につきます。

詳しい勉強手順は「TOEICリスニングで400点を超えるコツは?最強の対策法も紹介!」でまとめています。

アキラ

リスニングが特に苦手な方は必ずやってください。

公式問題集を繰り返し解きまくる

TOEICでなかなかスコアが上がらない人の特徴として

時間が足りなくて点数を取りこぼしている

というものが挙げられます。

「ゆっくり解いたらもっと良い点数が撮れるのに…」と感じたことがある方は、TOEICテストの形式に慣れるための対策が必要です。

おすすめなのが

公式問題集を何度も繰り返し解く勉強法

です。

アキラ

ボクはこの勉強法を始めてから、圧倒的にスコアが伸びました。

具体的な流れについては「TOEIC公式問題集の使い方!やり込み勉強だけで8割超える」で解説しているので、気になる方は目を通してみてください。

(独学が厳しいなら)英語のプロを利用

  • 仕事が終わってからTOEIC勉強することができない…
  • 一人で勉強していても継続できない…
  • そもそも自分の勉強法が正しいのか分からない…

上記のような不安を抱えている方は思い切って「TOEIC学習のプロ」に助けを求めてみてはいかがでしょうか?

最近は、TOEICに特化したコーチングサービスや英会話スクール・塾が増えています。

TOEICスクールなら、

  • あなたに合った学習カリキュラムの提案
  • 専属コーチ・講師によるサポート

を利用できるため、独学するよりも効率よく、最短で700点の目標を達成できる可能性があります。

アキラ

TOEICスクールへの投資は、昇進や昇給、転職などによって後で回収できますからね。

気になる方は「【23校の料金を徹底比較】本当に安いTOEICスクール10選!」をご覧ください。

700点以上取得して高い評価を受けよう!

今回は、「TOEIC700点はすごいのか?」というテーマで解説してきました。

700点というスコアがどのような評価を受けるのか理解できたと思います。

TOEIC勉強を頑張りたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

「大学生でTOEIC400点はやばい」アイキャッチ画像 大学生でTOEIC400点はやばい?半年で800点取れる対策も紹介