編入学サポートはこちら

TOEIC900点のすごさは?必要な英語レベルについて解説

「TOEIC900点のすごさやレベル」アイキャッチ画像

  • TOEIC900点のすごさってどのくらい?
  • TOEIC900点を取るために必要な英語レベルは?
  • TOEIC900点は就活や転職で評価されるの?

上記のような疑問を持つ方に向けた記事をご用意しました。

当記事を最後までお読みいただくことで、「TOEIC900点はすごいの?」という疑問を解消できます

記事執筆者のアキラは最高スコア850点です↓

アキラのTOEICスコア画像

アキラのTOEICスコア画像

900点に到達した経験は無いのですが、

  • TOEIC学習に時間を費やして800点越えした経験
  • TOEICの運営が実際に出しているデータ

上記2つをもとに、TOEIC900点のすごさや必要な英語力についてまとめます!

記事後半ではどうすればTOEIC900点が現実のものになるのかについても解説するので、「できるだけ高いスコアを取得したい」とお考えの方は、ぜひ最後までご覧ください。

ちなみに

TOEIC800点のすごさやレベルについては別の記事でまとめています↓

>> TOEIC800点のレベルやすごさとは?勉強時間や勉強法も解説!

TOEIC900点のすごさについて解説!難易度は高い?

まずは結論から。

TOEIC900点以上取得した人は相当すごい!

です。

アキラ

そう簡単に取得できるレベルではありません。

TOEIC900点以上を取得する難易度はかなり高く、「英語が得意でもなかなか届かないスコア」と言えるでしょう。

TOEIC900点以上取得している人の割合は?

ここで、TOEIC Programを運営するIIBCが発表したデータを見ながら、TOEIC900点以上のすごさを確認していきましょう。

以下の画像は、IIBCが発表したTOEIC効果テストのスコア分布表(2020年度)です↓

IIBC発表のTOEICスコア分布

スコア分布

出典:TOEIC Listening & Reading Test 公式データ・資料

画像の中のピンク線で囲まれた部分が、2020年度のTOEIC公開テストで895点以上取得した人の割合です。

TOEICで900点以上(正確には895点以上)取得している人は

受験生全体のわずか4.6%

しかいません。

アキラ

100人中5人しか900点以上取れないと考えると、スコアのすごさが伝わりますよね。

どのくらいの正答率でTOEIC900点が取れる?

TOEICでどのくらいの正答率だったら900点というスコアに到達するの?

900点取得を目指す方の中には、上記のような疑問を抱えている方もいるはず。

そこで、TOEICで900点を突破できる正答率についても解説します。

TOEICスコアは独特な仕組みで計算される

実のところ、「このくらいの正答率でTOEIC900点取れます」と断言することはできません

なぜなら、TOEICスコアは「スコアの統一化」と呼ばれる高度な統計処理によって算出されるからです。

参考:テスト結果について-IIBC

アキラ

正答率よりも、他の受験生よりも正答数が多いかが大事になります。

TOEICで900点取りたいならコレくらい目指そう!

上記の理由からTOEIC900点に必要な正答率は断言できませんが、「おおよその正答数」は把握できます。

その方法は「TOEIC 公式問題集」に付属するスコア換算表を確認することです。

MEMO
公式問題集とは、実際のTOEICテストを開発するETSという機関が発刊する問題集のこと。

>> TOEIC公式問題集の難易度や違いは?どれがおすすめか紹介!

公式問題集に付属するスコア換算表は、過去の試験結果をもとに作られているため精度が高いです。

この換算表を確認してみると、

  • リスニングで「約90%の正答率(正答数が91問以上)」
    →参考スコア445~495点
  • リーディングで「約90%の正答率(正答数が91問以上)」
    →参考スコア410~495点

を取れば、900点台に到達する可能性があると判断できます。

リスニング・リーディングともに91問以上正解しないと、900点越えは難しそうですね

>> おすすめのTOEIC模試はこれ!無料アプリやオンライン模試も紹介

TOEIC900点を取得するために必要な英語レベルは?

TOEIC900点を取るにはどのくらいの英語レベルが必要?

850点までスコアを伸ばした自身の経験も踏まえながら、TOEICで900点を突破するために必要な英語力について解説します。

TOEIC900点に必要な英語レベル
  • ネイティブと問題なく会話できるレベルの英語力
  • 英検準一級に余裕で合格できるレベルの英語力
  • 共通テストなどの大学受験英語で余裕で9割以上取れる英語力
  • TOEICの試験時間内に必ず全問解き終えることができるレベル

TOEICで900点取得できる人は「英語を自分のものにしている人」がほとんどでしょう。

ネイティブスピーカーともスムーズな会話ができます。

単語や文法などの英語基礎力はほとんど完璧で、大学受験の英語なら自信を持って高得点を狙える英語力が必要です。

そして、700点台や800点台の人に足りない

  • 英語を速く正しく読む力
  • 英語を確実に聞き取る力

がすごいです。

先程解説したように、TOEIC900点を取得するにはリスニング・リーディングともに9割以上の正答数が必要です。

2時間で200問を解き終える必要があるTOEICにおいて、9割以上の正答率を取るのは至難の業です。

特に「時間問題」が受験生を悩ませます。

アキラ

時間が全然足りなくて、全問解き終わらなかったという方も多いのでは?

ボク自身、TOEIC800点台を突破しても「時間が足りないな…」といつもギリギリの解答をしていました。

その状態では、スコアの取りこぼしなどが発生し、9割以上の正答率は取れないです。

よりスピーディーに文章を読む能力やリスニングをほぼ完ぺきに聞き取れる能力があるからこそ、900点というスコアを突破できると考えられます。

>> TOEICスコアの目安を確認!目標点数に必要な英語レベルは?

TOEIC900点を取るメリット!就活や転職で評価される?

この章では、TOEIC900点を取るメリットについて解説します。

TOEICで900点以上取得することで、以下に挙げるような「非常に心強いメリット」があります!

TOEIC900点のメリット
  • 就職・転職活動で非常に高い評価をもらえる
  • 昇進や昇給、海外赴任などで活かせる
  • 受験でも高い評価をもらえる

就職・転職活動で非常に高い評価をもらえる

TOEIC900点台を取得できれば、就職活動や転職活動で高い評価を得ることができます

先述の通り、TOEIC受験生全体のうち900点台を取っている人は約4.6%しかいません。

それだけでも非常に希少な存在であり、特に実践的な英語力を持つ社員が欲しい企業にとって魅力的な人材になり得ます。

さらに、

IIBCの調査結果「企業・団体は英語ができる人を求める」

出典:https://www.iibc-global.org/iibc/press/2019/p128.html

上の画像は、IIBCによる調査結果で「企業・団体がビジネスパーソンに求める知識や技術」についてまとめられています。

英語の能力を求める企業が多いことが分かりますよね。

TOEIC900点は非常に高い英語力があると評価されるので、その分就職活動や転職活動を有利にすすめることができます。

アキラ

ちなみに、TOEIC900点以上を求める企業には以下のようなものがあります↓
TOEIC900点以上を求める企業
株式会社三菱UFJ銀行
-環境社会リスク管理-
応募必須条件に「TOEIC900点目安」の記載アリ
日産自動車株式会社
-電子部品・半導体調達バイヤー-
応募歓迎条件に「TOEIC900点以上」の記載アリ
株式会社ゆうちょ銀行
-プライベートエクイティファンドに関するフロント業務-
応募歓迎条件に「TOEIC900点以上」の記載アリ
ソニーグループ株式会社
-新規事業インキュベーションチームマネージャー-
応募歓迎条件に「TOEIC900点以上」の記載アリ
デロイトトーマツ税理士法人
間接税コンサルタント
応募必須条件に「TOEIC900点以上」の記載アリ

参考:DODA

>> 就職先企業に評価されるTOEICスコア

昇進や昇給、海外赴任などで活かせる

人事考課で活用されるTOEIC

出典:IIBC -人事考課で活用されるTOEIC Program

上の画像もIIBCの調査結果で、TOEIC Programが人事考課で活用されているかどうかが分かります。

TOEICスコアを昇進や昇格の参考にしている企業は全体の4割ほどあります

今後はますます英語力がある社員が評価されるようになると推測できるため、TOEIC900点台を取得しておくことで、将来の自分を助けることにもつながります。

IICの調査-海外出張や赴任の参考スコア

出典:IIBC-海外出張や赴任の基準

こちらもIIBCサイトから引用した調査結果です。

企業・団体の5~6割が「海外出張や海外赴任の要件・参考としてTOEICスコアを利用している」ことが分かります。

求められているスコアの平均は600点台です。

もし900点以上取得してれば、海外を相手にした仕事へ挑戦できる可能性がグンと高まりますね!

受験でも高い評価をもらえる

TOEIC900点を取得するメリットは学生にもあります。

大学受験や大学編入試験、大学院試験といった場面でかなり役立つでしょう

大学受験ではAO入試や推薦入試でTOEICスコアを合否基準の一つに設定している大学があります。

>> 大学受験で評価されるTOEICスコアの目安

大学編入試験や大学院試験では、多くの大学でTOEICスコアが判定基準の一つになっています。

>> 大学編入に必要なTOEICスコア

学生の時からTOEIC900点を目指して勉強すれば、その先の進路はもちろん、就職や転職などにも役立てることができます。

アキラ

学生は積極的にTOEIC勉強すべきです!

TOEIC900点以上取るための勉強時間は?

「TOEIC900点台に到達するために必要な時間はどのくらいだろう?」と気になっている方もいるはず。

結論を言うと、

現在の実力・勉強法(独学かどうか)によって
900点までにかかる時間は異なる

です。

かなり当たり前のことを言いますが、スコアが目標に達するかどうかは、その人がもともと持っている英語力などによって違いがあります。

  • すでにネイティブスピーカー並みに英語が話せる
    →適切な対策を行えば、短期間で900点を目指せる
  • 中学レベルの英語知識もない
    →英語の基礎から勉強する必要があり、900点まで長い時間がかかる

より詳しい内容は「TOEICに必要な勉強時間の目安は?勉強スケジュールも紹介!」で解説しています。

どうしても、できるだけ短期間でTOEIC900点台を目指したいです。

実際に経験しているから分かるのですが、TOEIC900点台を「独学だけ」で目指すのは非常に大変です

特に、TOEICに対して何の知識も無い状態で挑戦した場合、1年では到達できない可能性もあります。

就職や転職、その他海外赴任など、TOEICスコアを短期間で伸ばさないといけない人は「プロの力」を利用することも選択肢に入れましょう。

最近は、TOEICスコアアップに特化したサービスを提供する英会話スクールやコーチングサービスが登場しています。

TOEIC学習のプロの力を借りたい方は「【23校の料金を徹底比較】本当に安いTOEICスクール10選!」も参考にしてみてください。

TOEIC900点を目指す方におすすめの参考書や教材

TOEIC900点を目標にして勉強したい方におすすめの参考書や教材を紹介します。

まずは参考書から。

  • TOEICテストにでる順英単語
  • TOEIC TEST 英文法 出るとこだけ!
  • TOEICテスト 公式問題集

ボクがおすすめするTOEICの参考書・問題集は上記3つです。

アキラ

これらを活用して850点までは伸ばせました!

なぜこの3つが必要なのかは「もう迷わない!本当におすすめできるTOEIC参考書を紹介」で解説しています。

参考書で勉強するのが苦手…。動画講義を活用したい!

という方は、TOEICの通信講座を利用してみてはいかがでしょうか?

安い+内容が充実しているTOEIC通信講座まとめ」でコスパが良いTOEIC通信講座を紹介しているので、ご自身に合うものを探してみてください。

TOEIC900点を取得するために欠かせない勉強法

TOEICで900点台を取得するために「絶対にやるべき勉強法」があります。

それが

  • 公式問題集を解きまくる
  • 公式問題集のリスニング音声をシャドーイングする

の2つです。

アキラ

ボクはこの勉強法を取り入れてから、劇的にスコアが向上しました!

それぞれの勉強法については別記事でチョー具体的に解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

アキラ

これで確実に900点を超えることができるかは分かりませんが、800点台は十分に狙えますよ。

TOEIC900点を取得して高い評価を得よう!

今回は「TOEIC900点のすごさや必要な英語レベル」を解説してきました。

TOEIC900点はそう簡単に達成できる数字ではありません。

しかし、900点台を取得できれば「上位4%」の存在になることができます!
企業や学校から高い評価も得られます。

900点台を取得して一目置かれる存在になりたい方は、

  • 今の自分にはどのような勉強が必要か?
  • 何をすれば900点台が目指せるのか?

をしっかり考え、効果的な勉強法を実践してみましょう!

「TOEIC初心者」アイキャッチ画像 TOEIC初心者がまずやることは?何から始めるべきか解説