【仮面浪人vs.大学編入】"浪人"をお考えの皆さんへ【編入という選択肢】

「"浪人"vs."大学編入"」アイキャッチ画像 大学編入

"浪人"を考えている皆さん。
"大学編入"という選択肢をご存知ですか?

どうも、現役受験で失敗した後に、大学編入で早稲田大学商学部に編入学しました、アキラ(@akila_s8)です。

大学受験に失敗し、希望の大学に入学することができなかった方の多くが「浪人」という選択肢を取るのではないでしょうか?

中には、"滑り止め"の大学に受かったためしぶしぶその大学に通っているけれど、陰ながら勉強を続けている「仮面浪人」の方もいるはずです。

大学受験に失敗した場合、基本的には「浪人(仮面浪人)」して、次の一般入試のチャンスを待つことになりますよね。

というか、浪人以外の方法で大学に入学することはできないと思っている方が大半だと思います。

しかし実のところ、「浪人」以外の選択肢もあるんです。

それが「大学編入」です。

今回は、一度大学受験に失敗した人が大学に入学するための選択肢「浪人(仮面浪人)」と「大学編入」を比較していきます。

スポンサーリンク

"浪人"以外の選択肢があることをご存知ですか?

大学受験に失敗してしまった方が取るべき選択肢は、「浪人(仮面浪人)」以外にも残されています。

それが「大学編入」という入学制度を活用する方法です。

あなたは「大学編入」をご存知でしょうか?
文字・名前だけは何となく目にした・耳にしたことがある方もいるかもしれませんね。

「大学編入」とは、各大学・学部が独自で用意した"編入試験"に挑戦し、合格することができれば、「新3年生(2年生)」として新しい大学に「3年次編入(2年次編入もある)」することが可能となる入学制度です。
"大学編入"とは?大学編入試験の経験者が解説してみます!

大学編入を利用する場合、浪人をして予備校に通うことはせず、新しい進学先(大学・短大・専門学校など)に入学する必要があります

その理由は、編入試験に出願できるのは、基本的に「大学に2年間以上在籍している人 or 短大を卒業している人 or 専門学校を卒業している人」と決まっているからです。
大学編入の"出願条件"・"出願資格"は早めのチェックが必要!【要注意】

つまり、大学編入を活用することで、「浪人」とは全く異なる流れで大学に入学することになります。

大学編入の大まかな流れ

【浪人の場合】

高校卒業後...

予備校に通ったり、宅浪をしたりして、一般入試・センター試験対策に明け暮れる

一般入試・センター試験に挑戦する

試験に合格できたら、「新1年生」として大学に入学する

【仮面浪人の場合】

高校卒業後...

"滑り止め"で受けた大学・短大・専門学校に「新1年生」として入学する

学校に通いながら、一般入試・センター試験に勉強を進める

一般入試・センター試験に挑戦する

試験に合格したら、通っていた学校を"中退"して、新しい大学「新1年生」として入学する

【大学編入の場合】

高校卒業後...

大学・短大・専門学校など「新しい進学先」に新1年生として入学する

2年間で編入試験対策を行い、大学・短大・専門学校「2年生」の夏~冬にかけて編入試験に挑戦する

編入試験に合格したら、翌年から「新3年生(または2年生)」として新しい大学に編入学する

"浪人"(仮面浪人)と"大学編入"の違い

「浪人(仮面浪人)」と「大学編入」の違いがイマイチよく分からないという方のために、実際に大学編入を経験しているボクが解説していきます。

「浪人(仮面浪人)」と「大学編入」には、以下のような違いがあります↓

浪人(仮面浪人)と大学編入の違い
  • 受ける「試験」が異なる
  • 大学に入学する「年次」が異なる
  • 必要な「費用」が異なる
  • 「実施状況」が異なる
  • ハイレベルな大学への「入りやすさ」が異なる【個人的見解】

受ける「試験」が異なる

「浪人(仮面浪人)」と「大学編入」では、受験する試験内容が"全くもって"異なります

「浪人(仮面浪人)」は、皆さんご存知「センター試験と一般入試試験」ですよね。

現代文・古文・漢文・日本史・数学・生物などなど、勉強しないといけない科目がたくさんあるアレです。

一方で、大学編入を選択した場合は、各大学・学部が用意する「編入試験」に挑戦することになります。

「編入試験」は、センター試験・一般入試とはその特徴が大きく異なります。
一番の違いは「科目数の少なさ・勉強が必要な科目」ですね。

編入試験では、多くても「3科目」程度の勉強しか必要ありません
場合によっては、「面接だけ」といったところもあります。

そして、浪人生とは異なり、「専門科目」の勉強が必要になります。
「専門科目」とは、進学する学部・学科に関連する科目のことで、経済学部なら「経済学」、法学部なら「法学」が専門科目と表現されます。

より詳しい解説は、以下の関連記事を参考にしてください↓

大学に入学する「年次」が異なる

「浪人」または「仮面浪人」を選択した場合、試験に合格したら、「新1年生」として大学に入学することになります。

つまり、浪人している時間を合わせると、大学を卒業して社会人になるまで、最低「5年」かかるということです。

一方、「大学編入」を選択した場合、編入試験合格後、「新3年生」もしくは「新2年生」として新しい大学に入学することになります。

途中の「年次」から新しい大学に加わることになるのです。
3年生になってから、これまでとは違う学校に「転校」するイメージでしょうか。

このように、浪人と大学編入では、大学に入学する「年次」が異なるという違いがあります。

必要な「費用」が異なる

「浪人(仮面浪人)」と「大学編入」では、必要な費用が異なってきます

その理由は、「浪人(仮面浪人)」を選んだ方が、卒業までの期間が「最低5年」となり、大学編入の卒業最短期間よりも長くなっているためです。

高校卒業後、予備校に通って浪人をするのであれば、「予備校の学費」が必要になりますよね。
仮面浪人の場合は、仮面浪人中に通っている学校の学費が必要になります。

さらに、浪人したのに受験に失敗してしまうと、その分「予備校等の学費」が膨らんでしまいます。

一方、大学編入の場合は卒業までの期間が「最低4年」なので、(スムーズに大学編入・大学の単位取得が進めば)普通に大学進学した時と同様の費用で済みます。

「実施状況」が異なる

「浪人(仮面浪人)」を選択すれば、基本的にどこの大学でもチャレンジする機会があります

一方で「大学編入」の場合、大学編入という入学制度を"そもそも採用していない"大学・学部も存在します

例えば、慶応大学では「学部内での転部」しか認めておらず、大学編入するチャンスがありません

そのため、慶応大学に入学したい方は、今現在だと「浪人」または「仮面浪人」で一般入試に挑戦しなければいけないのです。

ハイレベルな大学への「入りやすさ」が異なる【個人的見解】

これはかなり「個人的見解」が含まれていますが、世間一般に言う「偏差値の高い大学・レベルの高い大学」への入りやすさは、「大学編入」の方が優勢です。

「浪人(仮面浪人)」で"旧帝大"や"MARCH"を目指すよりも、「大学編入」を活用したほうが圧倒的に「合格チャンス」が多いです。

その理由は、過去のボクのエントリーで詳しく解説しているのでそちらを読んでいただきたいのですが、強いて言うなら「勉強すべき科目数が少なく・出題範囲がそこまで広くなく・ライバルが少ない」という特徴が編入試験にあるからです。

ちなみに、この意見は決してボクが適当に言っているわけではありません。
ボクが実際に経験したことで得られた意見です。

ボクが現役受験生だった時は、地元の国公立大学である「岩手大学」に挑戦しました。
結果は「玉砕」でした。
何の手ごたえもありませんでした。

そんなボクが、大学編入試験では「早稲田大学・東北大学・中央大学・明治学院大学」の4つの大学に同時合格することができたのです。

編入試験は、ほとんどの人が気づいていない魅力的な特徴があるので、「とにかく一生懸命」に編入試験対策と向き合うことで、現役時代には無理だった大学でも合格することが可能なのです。

"大学編入の魅力・メリット"のアイキャッチ画像

【経験者が語る!】"大学編入の魅力・メリット"を10個紹介してみた!

2018年11月30日

スポンサーリンク

"浪人"(仮面浪人)が向いている人・"大学編入"が向いている人

当エントリーをご覧になっている方は「結局のところ、浪人と大学編入はどっちが良いの?」ということが知りたいはず。

そこでここからは、「浪人(仮面浪人)が向いている人」「大学編入が向いている人」について説明していきます。

"浪人"(仮面浪人)が向いている人

「浪人」や「仮面浪人」が向いている人は、(単純かもしれませんが)「一般入試やセンター試験で必要な科目の勉強が得意な人・ある程度できている人」です。

「『高校数学』や『高校英語』はある程度理解できていて、試験でもいい点数を取れるけれど、『日本史』の出来がイマイチだったから受験で失敗してしまった」という方なら、センター試験・一般入試を勝ち抜く"基礎"が出来上がっていると思うので、「浪人(仮面浪人)」で引き続き勉強を続けるのが良いかもしれません。

また、そもそも自分の志望校が「大学編入を実施していない」という場合も、「浪人(仮面浪人)」を選択したほうが良いですよね。

その他、どうしても大学は「1年生から」スタートしたいという方も、「浪人(仮面浪人)」を選択したほうが良いでしょう。

大学編入の場合、基本的に3年生になったから新しい大学に入学するため、人間関係等の部分で問題が生じる"可能性"はあります。
大学編入後の"人間関係"が不安?マジで気にしなくて良いですよ【経験】

さらに、「単位」の関係上、編入生は3年次編入した後、他の学生よりも授業が忙しくなってしまう"可能性"もあります。
【"編入生"の現実】大学編入した後って忙しいの?

そういったトラブルを避けたいなら、「浪人(仮面浪人)」を選ぶことをおススメします。

"大学編入"が向いている人

大学編入が向いている人(というより選んだ方が良い人)は、「一般入試・センター試験の勉強に耐えられなかった人」です。

ボクは完全に「耐えられなかった人」でした。

高校生の頃は、「5教科7科目」など、複数の科目を勉強しないといけない状況が我慢できませんでした。

「やらないといけないことが多い」という現実が"勉強へのモチベーション"を下げる要因となっていました。
そりゃ勉強もしていないので、岩手大学にも受かるはずありませんよね。

ボクと同じような気持ちの人も多いのでは?

そのような方は「大学編入」を検討してみるべきです。
先述している通り、編入試験では「勉強すべき科目数」が少ないため、限られた科目の勉強に自分の全集中力を投下することができます。

また「英語が得意な人」は「大学編入」が非常に向いています
なぜなら、大学編入に「英語の実力」が大きく関係しているからです。
【超重要】"大学編入試験"と"TOEIC"の関係性を徹底解説!【経験者談】

「英語が得意・英語の資格取得が得意」という方は、ぜひ大学編入への挑戦を検討してみるべきです。

スポンサーリンク

「仮面浪人 vs. 大学編入」まとめ

今回は、大学受験に失敗した人は、「浪人」の他に「大学編入」という選択肢もあるよ、というお話をしてきました。

何となく「大学編入」という言葉は聞いたことがあるけれど、「実際どういうものなのか知らない」「浪人(仮面浪人)と大学編入どっちが良いのか分からない」という方は、ぜひ当エントリーを参考にしてみてください。

「大学編入は環境を変える"方法"」アイキャッチ画像

環境を変えたい学生へ。大学編入という"方法"がありますよ【チャンス】

2019年5月28日

また、当ブログ「アキラボ」では、実際に大学編入を経験したボクが、「大学編入に関するエントリー」を複数投稿しています。
大学編入について詳しく知りたい方や、編入試験の具体的な対策法について知りたい方は、ぜひ他のエントリーも参考にしてみてください↓

おすすめ記事のバナー

大学編入のおすすめ記事 バナー