【自分でも受かる?】大学編入試験に"受かりやすい"人の特徴を解説!

大学編入に"受かりやすい"人に関する記事のアイキャッチ画像 大学編入

大学編入試験に"受かりやすい"人には、こんな特徴があります!

どうも、専門学校で大学編入試験の勉強をしていました、アキラ(@akila_s8)です。

ボクの通っていた専門学校には「大学編入に特化した専攻」があり、そこで毎日編入試験の対策を行っていました。

専門学校なので、ボクの他にも大学編入を目指して勉強している「編入仲間」がいたのですが、「大学編入に成功している」編入仲間には、けっこう「共通点」があるんですよね。

そこで当エントリーでは、実際に大学編入を経験して早稲田大学商学部に3年次編入したボクが、同じように大学編入を実現した編入仲間を見ていて気付いた「大学編入試験に"受かりやすい"人の特徴」について解説していこうと思います。

ここで紹介する特徴を意識して、日々の編入試験対策につなげてもらえれば、大学編入試験に受かるチャンスがグッと近づきます。

「必ず大学編入という目標を実現させてやる!」という強い意気込みのある方は、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

大学編入に"受かりやすい"人の特徴4選

早速、大学編入試験に受かりやすい人の特徴について解説していきます。

特徴は以下の4つです↓↓↓

大学編入に受かりやすい人の特徴
  • 積極的に"情報"を集める
  • "英語"ができる
  • "やるべきこと"だけに時間をかける
  • 【当たり前】勉強している

もちろん、ここで紹介する特徴は、ボクが専門学校在籍時に同じように大学編入を目指していた「編入仲間」を見て感じたことなので、すべての編入合格者に当てはまっているかというと、そうではないでしょう。

ただ、大学編入に成功している経験者の方なら、納得していただけるポイントだと思います。

それでは順番に説明していきます。

積極的に"情報"を集める

「自分から積極的に情報を集める」学生は、大学編入試験に受かりやすいです。

大学編入はマイナーな入学制度であり、毎年の受験者数・合格者数ともにそこまで多くないため、世の中に出回っている情報が少ないです。

そのため、大学編入試験は「情報戦」の要素が強く、質の高い・信頼性のある情報をたくさん集めることで、編入試験合格に近づきます。

ボクが専門学校時代に感じたことは、大学編入試験に成功している人たちは、「良質な情報を集めるために、積極的に動いている」といことです。

例を出しましょう。

ボクが通っていた専門学校では、時折、大学編入に成功したOB・OGの先輩が学校を訪問して、編入受験生たちに体験談や試験の対策方法、大学編入した後の学校生活などについて話をしてくれる「機会」がありました。

この機会って、編入受験生にとってものすごくチャンスですよね?

ネットで検索してもあまりタメになるような情報がなくて、ベールに包まれている大学編入なだけに、実際に経験している方の話を聞くことは、「大きな武器」を手にするようなものです。

先輩が来訪する機会は不定期だったので、そのチャンスを逃さないように注意を払っていました。
そして、先輩の話を聞けるチャンスがあったら、ほとんどすべてに参加していました。

同じように、後々大学編入試験に合格した編入仲間の多くが、その「機会」に参加していましたね

不思議なのは、そのチャンスを無駄にしている人たちです。
せっかく大学編入経験者の「生の声」を聴くことができるのに、それに参加しない人の気持ちが全く分かりませんでした。

もちろん、アルバイトだったり、何か用事があったりしたのかもしれませんが。
とはいっても、編入受験者の最大の目標は「大学編入試験に合格すること」ですよね?
「大学編入を成功させて、自分を変えたい!」という強い意志がある人なら、確実に参加すると思うんですけどね。

要するに、「大学編入経験者の話」という、圧倒的に価値のある情報を獲得するチャンスが目の前にあるのに、それを見過ごしてしまうような気持ちの人が、大学編入に成功することは難しいということです。

大学編入合格を本気で目指している人は、価値のある情報を求めて積極的に行動しています

ボクが編入試験に合格して、「大学編入経験者」になった後、わざわざ大学まで足を運んで情報を聞きに来た後輩がいました。

その後輩はしっかり大学編入合格を掴んでいます。

「積極的に情報を集める」=「大学編入合格への熱意が強い」 と考えることもできますね。

これから大学編入に向けて勉強を進めていく方、大学編入試験に不安を感じている方は、積極的に情報を取りに行く姿勢が大切ですよ!
大学編入を成功させたいなら"情報"を集めろ!【サボった人は試合終了】

"英語"ができる

これはかなり自信を持って「大学編入に受かりやすい人の特徴」と言えます。

「英語ができる」人は、圧倒的に編入試験に合格しやすいです。

ちなみに、「英語ができる」とは「英語を話せる・ネイティブとスラスラ会話ができる」というわけではありません。

大学編入試験における「英語ができる」とは、「TOEIC・英検・TOEFL」などの英語の資格において「高スコア・ハイレベルな取得級を持っている」ことを指しています。

「大学編入成功」と「英語」は、切っても切れない関係にあります。
【超重要】"大学編入試験"と"TOEIC"の関係性を徹底解説!【経験者談】

実際、ボクが知っている大学編入合格者の多くが、みんな「TOEICのハイスコア」を獲得していました

ボクが通っていた専門学校は、もともと「外国語」に特化した専門学校ということもあり、「英語ができる」学生がたくさんいました。
正直、入学したときは、他の学生の英語のレベルにビビりました。
「こんなに英語ができる人の中でやっていく自信がない」と感じていましたね。

TOEICも、他の編入受験生が早い時期から「800点台」を取るので、ものすごく焦りました。
そのため、「自分も彼らに負けないように頑張らないと」と火がついて、TOEIC勉強に集中し、なんとか「TOEIC850点」までスコアを伸ばすことができました。

「TOEICで高いスコアを獲得する・英検で準1級を獲得する」ということは、大学編入合格のために必須のポイントと言えます。

逆に言うと、英語の勉強を先延ばしにしている人は、痛い目を見るでしょう。

"やるべきこと"だけに時間をかける

大学編入試験に受かりやすい人の特徴として、「"やるべきこと"だけに時間をかける」というものを挙げておきます。

これは、「今自分が何を最優先にすべきかを正しく判断し、それを実行できる」と言い換えることができます。

大学編入に挑戦しようとしている方は皆学生で、編入試験の受験勉強だけに時間を割くことができない方も多いはずです。

ボクのように、専門学校でも「大学編入に特化したクラス」にいる方であれば、大学編入の試験対策をしつつ、単位取得をすることもできるので少し楽かもしれません。
ただ、皆がみんなそうではありませんよね。

現在、通常の大学や短大に通っている人は、「編入試験とは直接関係の無い授業の単位」を取りながら、編入試験対策をしなければいけないので、有効に使える時間が限られてしまいます
大学編入出願時には、一定数(およそ60単位)の単位取得が求められているので、授業をサボるわけにもいきません。

そのため、大学編入合格に「直接関わらないこと」はなるべくやらず空いた時間を「大学編入合格のために必要なこと」に充てることが大切です。

大学編入合格のための「最優先事項」をしっかりと把握して、そこに自分の全集中力を注ぐことができる人は、大学編入に成功しやすいです!

「自分が今何をやるべきなのか」を知りたい方は、【重要】大学編入を成功させるために"やるべきこと"!【経験者談】をチェックしてください!

【当たり前】勉強している

大学編入に受かりやすい人の特徴に「勉強している」ことがあります。

まあ、ものすごく当然のことを言っていますが。

なぜか大学編入試験では「勉強していない」人が一定数いるんですよね。
「記念受験」の感覚なのでしょうか?

なので、自分が挑戦しようとしている大学・学部の編入学試験情報を見て、「受験者数がけっこう多い」と不安に感じている方はご安心を。
その中の10%(多い場合は20%くらい?)は、記念受験組で、勉強をほとんどしていない受験生です。

情報が少なく、謎に包まれている試験だからこそ、「なんとなーく合格出来たらラッキー」ぐらいの感覚でいるのでしょう。

当然のごとく、勉強していない人は合格なんかできるわけがありません。

やるべきことを一生懸命行い、「英語」と「専門科目の基礎知識」を徹底すれば、大学編入試験に合格できる確率がものすごく高まります。

"大学編入の倍率"に関する記事のアイキャッチ画像

【注目】"大学編入の倍率"ってどうなの?編入学経験者が解説!

2019年4月14日

大学編入試験に受かるか不安な方へ

「自分が大学編入試験に受かるか不安」という方は、ぜひ上記で説明した「4つのポイント」を意識してみてください。

大学編入試験の合格を勝ち取るためには、とにかく「合格のための行動」を起こさなければいけません

  • 「情報を集める」
  • 「英語の資格勉強をガリガリ行う」
  • 「専門科目の勉強をガリガリ行う」

必要な行動を起こすことで、合格できる可能性が高まります。
反対に、必要な行動を起こさない人は、「記念受験組」になって終わります。

「まだ"受かりやすい人の特徴"について、一つも出来ていなかった!」という方は、今日から、一つずつ意識して行動してみてください!

スポンサーリンク

【注意】"受かりやすい"大学はある?

「受かりやすい人の特徴よりも、【受かりやすい大学】の方が知りたいんだけど!」という方がいるかもしれません。

大学編入経験者のボク的に、大学編入試験で「受かりやすい大学」はあると言えます。

ただ、上記の4つのポイントを無視している人が「受かりやすい大学」を探した場合と、上記の4つのポイントを意識している人が「受かりやすい大学」を探した場合では、対象となる大学・学部のレベルが圧倒的に違ってくることに注意が必要です。

「受かりやすい人の特徴」を持っていない受験生が「受かりやすい大学」を探した場合、(このような表現の仕方は失礼かもしれませんが)「それどこ?」っていう大学しか当てはまりません

そのような大学に入学したいなら、別に大学編入じゃなくて良いのではないでしょうか。
一般入試でも受かりますよ、たぶん。

一方、「受かりやすい人の特徴」を持つ受験生が「受かりやすい大学」を探した場合には、魅力的な大学も選択肢に加わります

例えば、ボクの経験上で言うと、「受かりやすい人の特徴」を持つ受験生にとって、「中央大学経済学部」は「受かりやすい大学」の選択肢に入ります

つまり、当エントリーで解説した「大学編入試験で受かりやすい人の特徴」を意識することで、その人にとっての「受かりやすい大学」が変わってくるということです。

自ら必要な行動を起こすことで、受かりやすい大学の選択肢を増やすことができれば、ますます大学編入成功のチャンスが広がります

逆に、「受かりやすい人の特徴」を無視して、何となく「受かりやすい大学」を探しても、あなたにとって魅力的な大学に編入学することは難しくなります。

「"東北大学経済学部"の編入試験」アイキャッチ画像

【大学編入】"東北大学経済学部"の編入試験が「狙い目」な件

2019年5月10日

スポンサーリンク

大学編入に"受かりやすい"人の特徴まとめ

今回は、「大学編入に受かりやすい人の特徴」について、大学編入経験者のボクなりの視点で解説してきました。

「確実に大学編入を成功させて、自分を変えたい!自分が今いる環境を変えたい!」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

また、当ブログ「アキラボ」内では、大学編入を成功させたボクが「大学編入成功のために必要な情報」をいくつも発信しているので、そちらも合わせてご覧ください。

そして、大学編入試験に合格するために、毎日コツコツ必要な行動を起こすようにしてください

おすすめ記事のバナー

大学編入のおすすめ記事 バナー