次回から「アキラボ」と検索ください!

経験者が教える!専門学校から大学に編入学する方法

「専門学校から大学編入」アイキャッチ画像

  • 専門学校を卒業した後、大学に行くことは可能?
  • 専門学校から大学編入するってどういうこと?
  • 専門学生から大学生にステップアップしたい!

当記事をご覧になっているということは、上記のような疑問・願望を抱いているのではないでしょうか?

何を隠そう、当記事を執筆しているボク自身、数年前は皆さんと同じような疑問・願望を抱えた専門学生でした。

アキラ

ボクは大学受験に失敗し、1年間の宅浪時代(といってもほぼニート状態)を経て「専門学校」に入学しました。

専門学校に入学してからの2年間は、大学編入に向けてひたすら勉強。

その結果、専門学校から「早稲田大学商学部」に3年次編入することに成功しました

当記事執筆者の経歴
  • 東京の専門学校(JCFL)から早稲田大学商学部へ編入学
  • 東北大学・中央大学・明治学院大学の編入試験にも同時合格
  • 2018年3月に早稲田大学を卒業
注意
早稲田大学商学部は、2019年度以降の3年次編入の募集を停止しています。

上記のように、ボクは専門学校から大学編入を成功させた経験を持っています。

大学編入という入学制度を活かすことで、専門学校から「四年制大学」へ学歴をステップアップさせることが可能となります

重要!
  • そもそも大学編入って何?
  • 編入試験とはどういうもの?

大学編入学についてイマイチよく分かっていない方は、「大学編入とは?」の記事を先にお読みください。

>>大学編入について理解を深める!

この記事を読むことで、大学編入について完全に理解できるので、当記事の内容をより把握しやすくなります。

当記事では、自分自身の経験を活かして「専門学校から大学編入するってどういうことなのか?」について徹底的に解説します。

  • 専門学校から大学編入を成功させたい
  • 専門卒から大学卒に学歴をステップアップさせたい

という方は、ぜひ当記事の内容を参考にしてみてください!

専門学校から大学編入は可能なのか?

  • 専門学校から大学に編入学することは可能なの?
  • 専門学校から大学編入するってどういうこと?
結論

大学編入制度を利用すれば
専門学校から四年制大学に進める!

文部科学省のサイトに「専門学校から大学へ編入すること」について以下のような説明が掲載されています↓

高等学校卒業や高卒認定試験合格者など、大学入学資格を有する者は、1.修業年限が2年以上、2.総授業時数が1,700時間以上の要件を満たす課程を修了すると、大学に編入学することができます。

出典:専門学校から大学への編入学について

アキラ

文章が少々分かりにくいので、簡潔に表現します↓
  •  専門学校を卒業した者
  •  専門学校を「卒業見込み」の者

 

専門学校を卒業した、もしくは卒業見込み(3月で卒業できると認められている状態)の学生であれば大学編入することができます!

>>大学編入を実現するために必要な「2つの要素」

注意

専門学校を中退してしまった人や、卒業に必要な単位が不足している人は「出願が認められない」ので注意が必要です。


専門学校の中でも「学科」や「コース」などのによっては上記該当者に当てはまらない可能性があります
不安であれば、在籍している専門学校の先生などに聞いてみましょう!

専門学校から編入できる大学とは?

  • 専門学生の編入学を受け入れている大学はどこ?
  • どの大学でも編入できるの?

専門学校に通っている学生が編入試験に挑戦できる大学は、「募集要項」をチェックすることで分かります。

ポイントは「専門士」です。

MEMO

「専門士」とは、専修学校の専門課程を卒業した者の総称のことです。

「専修学校の専門課程」とは、一般的な専門学校のことを指しています。

つまり、専門学校を卒業することでもらえる総称のことを「専門士」と呼びます

先述している通り、「専門士を持っている」または「専門学校が卒業見込み」の人であれば、基本的に大学編入することができます。

編入学を募集している大学・学部の募集要項を確認し、「出願資格・出願条件」をチェックしてみてください

そこに「専修学校の専門課程を修了した者」や「専門士を有する者」といった記載がされていれば「専門学校から大学編入が可能ですよ!」ということを意味しています。

具体例として、東京外国語大学の編入学募集要項を見てみましょう↓

1.出願資格
次の(1)から(11)のいずれかに該当する者。ただし、現に本学に在籍している者は出願できない。
(1) 学士の学位を有する者及び 2021 年 3 月 31 日までに取得見込みの者
(2) 修業年限 4 年以上の大学において 2 年次以上を修了した者及び 2021 年 3 月 31 日までに同要件を満たす見込みの者
(3) 短期大学又は高等専門学校を卒業した者及び 2021 年 3 月 31 日までに卒業見込みの者(注 1)
(4) 旧国立養護教諭養成所又は旧国立工業教員養成所を卒業した者
(5) 高等学校、中等教育学校の後期課程及び特別支援学校の高等部の専攻科の課程(修業年限が 2 年以上であることその他の文部科学大臣の定める基準を満たすものに限る。)を修了した者(学校教育法第 90 条第 1 項に規定する者に限る。)及び 2021 年 3 月 31 日までに修了見込みの者
(6) 専修学校の専門課程(修業年限が 2 年以上であることその他の文部科学大臣の定める基準を満たすものに限る。)を修了した者(学校教育法第 90 条第 1 項に規定する者に限る。)及び 2021 年 3 月 31 日までに同要件を満たす見込みの者
(7) 外国において、学校教育における 14 年以上の課程を修了した者及び 2021 年 3 月 31 日までに修了見込みの者

出典:東京外国語大学 第3年次編入学学生募集要項(令和3年度)

上記の引用部分(6)を見てください。

  • 専修学校の専門課程を修了した者(=専門士)
  • 卒業見込みの者

上記2つの要件が記載されていますね。

つまり、東京外国語大学の編入試験は「専門学校に通う学生」も挑戦可能と判断できます。

アキラ

目指したい大学の募集要項をチェックしてみましょう!

ちなみに、専門学校から編入学できる大学はたくさんあります。

例えば以下のような大学は、専門学校から編入学が可能です↓(代表校)

  •  北海道大学
  •  東北大学
  •  名古屋大学
  • 九州大学
  • 東京外国語大学
  • 国際教養大学
  • 宇都宮大学
  • 埼玉大学
  • 法政大学
  • 駒澤大学
  • 青山学院大学 etc.
注意
学部・学科によっては、専門学校からの編入を認めていないケースがあります。

また、受験年度によって出願要件が変更される可能性も考えられます。

正確な情報は、各大学のサイトに掲載されている募集要項からチェックしてください。

「編入しやすい大学」アイキャッチ画像 読むだけでチャンスが増える!編入しやすい大学とは?

専門学校から大学編入を目指す際のデメリット

専門学校から3年次編入(もしくは2年次編入)を目指す際に注意して欲しいことがあります。

それが

専門学校からの編入試験挑戦を認めていない大学・学部が存在する

ということ。

「専門学校から新しい大学へステップアップしよう」と考えている方は注意が必要です。

出願資格に「専門士」を含んでいない大学

編入学募集要項の出願条件部分に

  • 「専修学校の専門課程を卒業見込みの方」
  • 「専門士を有する方」

といった記載が無い大学・学部の場合、出願することができません

具合例を挙げてみましょう。

以下は、中央大学経済学部の編入試験の出願資格です↓

(1)~(5)のいずれかに該当する者。
(1) 新制大学(学校教育法により設置された大学)卒業者または2021年3月31日までに卒業見込の者。旧制大学卒業者または新制大学卒業と同等の資格がある者。
※ただし、学士号もしくは学士の学位を取得した学部の同一学科へ出願することはできない。
(2) 短期大学(学校教育法により設置された短期大学)卒業者または2021年3月31日までに卒業見込の者。
(3) 新制大学(学校教育法により設置された大学)に2年間以上在学し、当該大学が卒業の要件に定める単位のうち62単位以上修得の者。
(4) 新制大学(学校教育法により設置された大学)2年次に在学中の者で、2021年3月31日までに、当該大学が卒業の要件に定める単位のうち62単位以上を修得見込の者。
(5) 高等専門学校(学校教育法により設置された高等専門学校)卒業者または2021年3月31日までに卒業見込の者。
*(3)、(4)の出願資格は、中央大学に在学中または在学していた学生には適用しない。
*日本国内の新制大学または短期大学に限る。

出典:中央大学経済学部|編入学試験

上記の中に「専修学校の専門課程を卒業見込みの方」や「専門士」といった用語が記載されていないことが分かります。

つまり、専門学校に通う学生は、中央大学経済学部の編入試験を受験することができないということです

このように、大学・学部によっては「専門学校からの大学編入を認めていない」ケースがあるので注意してください。

大学編入を検討されている・志望校を選んでいる編入受験生は、しっかりその大学・学部の「編入試験募集要項」をチェックしておく必要があります。

「専門学生の受験を認めていない」大学に編入する裏ワザ

受験したい大学が「専門学校からの編入を認めていない」です。
どうすることもできませんか?

ここで、ボクが編入試験に合格できた大学を紹介してみます。

それは

  • 早稲田大学商学部
  • 東北大学経済学部
  • 中央大学経済学部
  • 明治学院大学経済学部

の4つです。

ここで不思議に感じた方がいるのではないでしょうか?

ボクは、大学編入する前は「専門学校」に在籍していました。

それにも関わらず、専門学生の出願が認められていない「中央大学経済学部」に合格しています
これはおかしいですよね。

実はある方法で、通常なら「専門学生が挑戦できない大学」の編入試験に挑戦していました。

その方法とは「通信制の短期大学に通う」ということです。

ボクは、専門学校に通って勉強を進めながら「通信制の短期大学」にも入っており、これによって、「専門士」と同時並行で「準学士(=短大卒)」も取得することができました

専門学生の出願を認めていないのに、「短期大学卒業見込み」もしくは「準学士を有する者」の出願は認めている大学がいくつかあります。

中央大学経済学部もそのうちの1校です。

「通信制の短期大学に通う」という裏ワザで、ボクは中央大学経済学部に挑戦することができました。

専門学校から大学編入を目指すメリット

ここからは、専門学校から大学編入する「メリット」をボク自身の経験談も交えて解説します!

メリット
  1.  最終学歴が「専門学校卒」から「大卒」になる
  2.  より高度な学習環境が手に入る
  3.  社会人になるまでの年数が「2年以上」増える

①最終学歴が「専門学校卒」から「大卒」になる

専門学校から大学編入することができれば、最終学歴を「専門卒」から「大卒」に変更させることができます

非常に大きな魅力ですよね。
このことを目的に、大学編入成功を目指している方も多いのではないでしょうか。

最終学歴を「専門卒→大卒」に変更できれば、「就職活動」や「就職後の生活」が少しだけ有利になるかもしれません

企業によっては、四年制大学に在籍している学生でないとエントリーできないところもあったりしますからね。

「編入生×"就職活動"」のアイキャッチ画像 【不安を解消】大学編入生は"就職活動"で不利になるのか?

②より高度な学習環境が手に入る

専門学校から新しい大学へ編入することで、「より高度な学習環境」を手に入れることができます

大学の施設が充実していたり、自分が学んでいる分野で実績のある教授の授業を受けることができたりします。

また、専門学校から大学へ環境が変わるため、周りの学生たちのタイプも変わってくることでしょう。

実際ボクが専門学校を経て「早稲田大学商学部」に編入したときは、

  • 大学生ながら起業をしている人
  • 留学生とペラペラ英語で会話をする学生
  • 積極的に海外インターンシップに参加する学生

など、「視座が高い学生」が多いと感じました。

そのため、ボク自身触発され「何か行動を起こさないといけないな」と考えるようになりましたね。

自分を高めてくれる環境が手に入ることも、メリットの一つと言えるのではないでしょうか。

③社会人になるまでの年数が「2年以上」増える

実際に経験してみて「意外にコレ大きなメリットだな」と感じたのは、専門学校から大学編入することで「社会人になるまでの年数が2年以上増える」ことです。

専門学校から大学編入することが無い場合、そのまま「就職活動→就職」という道に進むのが一般的ですよね。

一方で、大学編入をすれば「少なくとも大学生活が2年続く」わけです。

これは非常にチャンスです。

なぜなら、学生は何かに挑戦したり、行動を起こしたりしやすいからです。

専門学校に在籍していた2年間に加えて、大学編入後の2年間があれば、「自分を成長させる・自分の新たな目標を達成する」ために必要な行動に全力で取り組むことができます。

アキラ

社会人になってからでは挑戦しにくいことにも積極的にチャレンジできる。

それが「学生」という肩書のすばらしさです!

専門学校から大学編入するまでの流れ

ここからは、専門学校から大学編入する「流れ」について解説します。

といっても、そこまで複雑なものではありません。

流れ
専門学校に入学する
専門学校で「2年間」勉強する
編入試験を受験する(だいたい9~11月)
合格した大学へ編入する(4月)
上記が専門学校から大学編入する「流れ」です。

専門学校から大学編入を目指す場合、専門学校入学してから「2年間」はその専門学校で勉強することになります

>>編入学の日程を確認!いつから勉強すべきか?

そして「専門学校2年生」になったら、編入試験に挑戦します。

編入試験の実施時期は各大学・学部によって異なりますが、基本的には「専門学校2年生の秋~冬(9~11月)」がピークです。

そこで合格を勝ち取ることができれば、翌年の4月より、新しい大学へ「3年次編入(2年次編入)」することになります。

大学編入のスケジュール表

「編入生の忙しさ」アイキャッチ画像 編入生の真実!大学編入した後は忙しくてつらいのか?

専門学校から学歴をステップアップさせよう!

今回解説してきたように、各大学・学部が用意する編入試験に合格することができれば、あなたの学歴を「専門学校」から「大学」へステップアップさせることができます

  • 現在の自分の状況に満足できない
  • 就職活動のためにもっと良い学歴を獲得したい
  • 自分を成長させたい
  • 大学受験に失敗した後悔・悔しさがまだ残っている

といった感情・願望を抱いている方は、「大学編入」という入学制度を活用して、自分を成長させてみてはいかがでしょうか?

もし「大学編入試験は難しいって聞くし、自分が合格できるわけない」と感じている方は、大きな勘違いをしています。

例え「一般入試で失敗した過去」があっても、「専門学生だから」と自信が無くても、やるべきことをこなせば大学編入成功は実現します

「大学編入の難易度」アイキャッチ画像 経験したから断言できる!大学編入の難易度は高くない!

「専門学校から大学編入」まとめ

今回は、「専門学校から大学編入は可能なのか?」という疑問に焦点を当てて解説してきました。

「憧れの大学への挑戦を諦めきれない」「自分をレベルアップさせたい」と考えている方は、ぜひ当記事を参考にしてみてください。

また当ブログ「アキラボ」では、実際に専門学校から早稲田大学への編入学を経験したボクが、大学編入に関する記事ーを複数投稿しています。

  • 大学編入の成功確率を少しでも高めたい!
  • 大学編入の勉強で意識すべきことを知りたい!

という方は参考にしてみてください↓

大学編入カテゴリーを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です