【大学編入】編入試験の"過去問の解答"が欲しい!【入手方法あります】

「大学編入の"過去問の解答"を入手する方法」アイキャッチ画像 大学編入

大学編入の"過去問の解答"が欲しい人は必見です!

どうも、合計4つの大学の編入試験に同時合格した経験を持ちます、アキラ(@akila_s8)です。

編入試験に合格するために一生懸命勉強に取り組んでいる編入受験生の中に、「大学編入の過去問は手に入れたけど、解答が無いから採点できない...」と悩んでいる方はいませんか?

大学編入はマイナーな入学制度のため、世の中に出回っている情報が非常に少ないです。

編入試験に実際に挑戦したことがある人はあまり多くなく、毎年「編入試験に挑戦する受験生」の人数も限られているので、「大学編入に特化した参考書」が発売されにくいんですよね。

毎年多くの受験生がいる「一般入試」には、各大学の過去問・解答が掲載されている「赤本」ってやつが毎年販売されています。

一方で、編入試験には「赤本」に充る本(過去問と解答が掲載された本)がありません

そのため、編入受験生は自ら志望校の「過去問」を入手しなければいけません
そして、大学編入を成功させるためには、「過去問の入手・研究」が必要不可欠です。
大学編入成功のカギは"過去問"!編入試験の過去問を入手する方法とは?

そんな「大学編入の過去問」ですが、過去問は公開しているけれど「解答」が無いという大学が多く、「自分が正しく問題を解けているのか」確かめるのが非常に難しいです。

「過去問の解答もあればいいのに」と感じている編入受験生も多いはず。

そこで今回は、「大学編入の過去問の入手方法」について解説していこうと思います。

実は、編入試験の過去問を手に入れる方法があるんです

スポンサーリンク

大学編入の"過去問の解答"欲しいですよね?

みなさん、大学編入の「過去問の解答」欲しいですよね?

編入試験の過去問を公開している大学の多くが、「過去問の解答」は公開していません

どうせだったら「過去問の解答」も用意してくれよって思いますよね。

解答が掲載されていないので、せっかく"時間をかけて"過去問を手に入れても、「実際に過去問を解いてみたけど、正しい答案になっているか分からない」という方が多いのではないでしょうか。

ボクも編入受験生だった時は、そのような経験をしています。

ところが、調べてみると「編入試験過去問の解答を手に入れる方法」がいくつか存在していました。

「何としてでも過去問の解答を見たい!解答が無いとモヤモヤする!」という方は、ぜひ移行で紹介する方法を活用してみてください。

大学編入の"過去問の解答"を手に入れる方法

それではここから、編入試験の「過去問の解答」を入手する手段について解説していきます。

主な「入手手段」は以下の4つです↓

編入試験の「過去問の解答」を入手する方法
  • 「京都中央ゼミナール」のサービスを活用する
  • 「神戸大学経済学部」のサイトから入手する
  • 「Rocket Answer」というサービスを利用する
  • 「周囲にいる"専門家"」に頼んでみる

「京都中央ゼミナール」のサービスを活用する

最も"確実"でおススメできるのは「『京都中央ゼミナール』のサービスを活用する」方法です。

「京都中央ゼミナール」は、編入試験に特化したコースがある予備校で、大学編入に関する情報を豊富に取り揃えています。

「編入試験対策講座」はもちろんのこと、編入試験の「公開模擬テスト」「編入学受験ガイダンス」なども実施しています。

大学編入試験の"模試"のアイキャッチ画像

【2019年度実施】大学編入試験の"模試"がある!?【必見!】

2019年5月4日

そんな「京都中央ゼミナール」には、編入受験生にとって非常に魅力的なサービスがあります。

それが「情報図書館CoZ」「中央ゼミナールオリジナル 編入学テキストシリーズ」の二つです。

情報図書館CoZ

京都中央ゼミナールの「情報図書館CoZ」とは「編入試験の情報サービス」のことで、中央ゼミナールに通う予備校生が利用できる「入試情報提供システム」を、中央ゼミナールに通っていない「一般の受験生」のために開放するサービスとなってます。

具体的に「情報図書館CoZ」で利用できるのは、「過去問閲覧サービス」「過去問添削サービス」です。

つまり、京都中央ゼミナールの「情報図書館CoZ」を活用することで、編入試験の過去問を自分で解いて、その解答を添削してもらうことができます

正確には「過去問の解答を添削してもらう」サービスですが、「解答の添削≒解答の入手」と考えることができますよね。

この「情報図書館CoZ」を利用するためには「年会費(5,000円)」が必要になります。

さらに、過去問の添削サービスは「受験する大学・試験時間」などによって「6,500円~10,700円」+1,100円(手数料)の別途料金がかかります。

京都中央ゼミナールの「過去問添削サービス」が気になる方は、以下のボタンから詳しい内容を確認してみてください↓

中央ゼミナールオリジナル 編入学テキストシリーズ

京都中央ゼミナールは、もう一つ「過去問解説」のサービスがあります。
それが「中央ゼミナールオリジナル 編入学テキストシリーズ」です。

これは、過去問を「テキスト」で解説してくれるサービスで、

  • 京都大学経済学部 編入学過去問解説
  • 人文科学系編入学 英語過去問解説
  • 京大・阪大・神大編入学 数学過去問解説

の3種類が用意されています。

それぞれの過去問解説は、各年度「2,000円」から購入することができます。

これはまさしく「解答を入手する方法」ですね。

中央ゼミナールの講師が作成した「解答例」と「解答作成のポイント」などが掲載されているので、解答も信頼できるもので、編入試験の対策として非常に役立ちます。

「中央ゼミナールオリジナル 編入学テキストシリーズ」について詳しく知りたい方は、以下のボタンから中央ゼミナールのサイトを確認してみてください↓

「神戸大学経済学部」のサイトから入手する

「神戸大学経済学部」のサイトでは、3年次編入学試験の入試情報が掲載されています。

そこでは、過去3年分の「過去問」と「解答例」を確認することができるんです

解答例を確認できるのは「経済学」「数学」の試験です。

多くの大学が「解答の掲載をしていない」ので、神戸大学経済学部は"非常に良心的"と言えますね。

「神戸大学経済学部は志望校じゃないしなー。」と思った方がいるかもしれませんが、「経済学部」を目指している受験生と、試験で「数学」が必要な受験生は、全員活用すべきです!

たとえ神戸大学経済学部が志望校ではなくても、「編入試験における『経済学の問題・数学の問題』に慣れる」ことができるからです。

「神戸大学経済学部の過去問解答例」は以下のボタンからチェック↓

「Rocket Answer」というサービスを利用する

調べてみると、大学編入試験解答共有サイト「Rocket Answer」というサービスがありました。

このサイトでは、実際に大学編入を経験した人が"投稿"した「過去問の解答」「編入体験談」を閲覧することができます。

全国にいる「有志の高専生」によって開発されたサービスのようです。

このサイトに「自分が受験する大学・学部の解答例」が投稿されていれば、自分の勉強に役立てることができますね。

ちなみに、高専生が開発したからなのかもしれませんが、投稿されている解答例は「工学部の数学・物理」が多いです。

工学部への編入を考えている方や、試験で「数学」が出題される大学を受験する方は、大いに活用できるはずです。

「周囲にいる"専門家"」に頼んでみる

ここまで紹介した入手方法を活用しても、「過去問の解答」を入手できない方もいるはずです。

上記の方法だと、「経済学」や「数学」の過去問解答例は比較的簡単に入手できます。

一方で、「法学」や「社会学」「国際関係学」などの専門科目の解答は入手しにくい(もしくは入手できない)傾向にあります。

特にこれらの学部の「専門科目の試験」は、出題形式が「論述・小論文」となっている大学が多く、解答パターンが「人それぞれ異なる」ため、解答例が作りづらいのではと思います。

そのような場合は、「周囲にいる"専門科"に自分の解答を見てもらう」という方法を試してみてはどうでしょうか?

「周囲にいる"専門家"」とは、「教授・講師・学校の先生」のことです。

例えば、あなたが四年制大学に通っていて「法学部の過去問解答例が知りたい」という場合は、"法学部の教授"に「自分の解答の添削」をお願いしてみましょう
きっと、丁寧に解答例を教えてくれるはずです。

「自分の授業とは関係の無いこと」を質問されたとしても、一生懸命目標に向かって勉強している学生のお願いだったら聞いてくれますよ。
むしろ"嬉しい"と感じるのではないでしょうか。

これは「専門科目の試験」に限った話ではありません。

「小論文の添削」「志望理由書の添削」なども、積極的にお願いしてみましょう。

効果的なアドバイスがもらえるはずです!

"過去問の解答"が無いと効果的な対策できない?【そんなことない】

ちなみに、「過去問の解答」が手元にないと効果的な対策は不可能かというと、そんなことはありません。

過去問を入手することの「重要な目的」の一つは、「試験の内容・傾向を確認する」ことにあります。

過去問の内容を研究することで、「特にどの範囲から問題が出題されやすいか」「自分に必要な勉強は何か」を把握することができますよね。

過去問を入手し「自分が勉強すべき範囲」を明確化したら、「公務員試験 新スーパー過去問ゼミ」という参考書を使って、その範囲の問題を解きまくることで、効果的な対策が可能となります。
大学編入試験で出題される"範囲"を特定すべき理由【無駄を省け】

「公務員試験 新スーパー過去問ゼミ」シリーズの参考書は、必ず「問題+解答」が用意されているので、「専門科目の問題を解く」練習になります。

「過去問の解答が無い」なら"無いなり"の使い方をして、自分の勉強に活かしていきましょう!

「大学編入の"過去問の解答"を入手する方法」まとめ

今回は「大学編入の過去問の解答を入手する方法」についてまとめてきました。

「過去問は手元にあるけど、自分の答えが正しいのか確認したい!」という方は、ぜひ当エントリーを参考にして、解答例の入手を試みてください。

「大学編入の"情報"集め」アイキャッチ画像

大学編入を成功させたいなら"情報"を集めろ!【サボった人は試合終了】

2019年5月7日

また、当ブログ「アキラボ」では、実際に大学編入を経験したボクが、「編入試験の対策方法」「大学編入に関する悩み」について"自分の経験をもとに"解説しています。

  • 「必ず大学編入を成功させたい!」
  • 「大学編入に興味がある!」
  • 「自分を成長させたい!」
  • 「学歴コンプレックスを解消したい!」

といった願望がある方は、ぜひ他の大学編入エントリーもご覧になってください↓