将来に不安を感じる"大学生"は「大学編入」を検討してみては?【挑戦】

「将来に不安がある"大学生"は大学編入に挑戦しよう」アイキャッチ画像 大学編入

将来に不安を感じている"大学生"は「大学編入」に挑戦してみては?

どうも、大学編入をしたことで環境をガラッと変えることができました、アキラ(@akila_s8)です。

当エントリーをご覧になっているあなたは、「将来に不安を感じている大学生」ですか?

  • 現在大学に通っているけれど、このままの環境だと遊んで学生生活を終えてしまう
  • このままだと就活で良い結果を出せないかも
  • このまま何も挑戦せずにいると、将来後悔してしまうかも
  • 大学受験で合格できなかった「第一志望の大学」にまだ未練がある

など、将来の自分・現在の自分の状況に不安を感じている大学生も多いのではないでしょうか?

そして、不安を感じてはいるけれど、「具体的に何をすれば良いか分からない」「どうしたら自分の環境を変えることができるのか分からない」といった方も多いはず。

そんな大学生は「大学編入」に挑戦してみてはいかがでしょうか。

「大学編入」を成功させることができれば、自分を大きく成長させることが可能となり、今あなたが抱えている「将来への不安」を払しょくできるかもしれません。

スポンサーリンク

将来に不安を感じている"大学生"が「大学編入」に挑戦すべき理由

現在の自分の状況に不満を感じていたり、このままの状況だと将来が不安に感じたりしている学生は、とにかく"何かしらのアクション"を起こさなくてはいけません。

ボクは何か大きなインパクトがあることを成し遂げているわけではないので、偉そうなことは言えませんが、"行動なし"では一生「自分の不安を解消」することはできませんよね。

このことはボク自身、"肝に銘じている"ことです。

「行動すること」「やるべきこと」「目標」が明確になっている方なら、迷わずそれに向かって突き進めばいいでしょう。

ただ、将来に不安を感じている大学生の中には、「何をやったら良いか分からない」「何をすれば成長するのか分からない」と感じている方も多いはず。

そんな方に「おススメできる挑戦」の一つが「大学編入」です。

「大学編入」は、各大学・学部が容易している「編入試験」に挑戦し、合格できれば、新しい大学に「3年次編入(または2年次編入)」できる入学制度のことです。
"大学編入"とは?大学編入試験の経験者が解説してみます!

ボクが「大学編入」をおススメする理由には、以下のようなものがあります↓

大学編入をおススメする理由
  • 最終学歴を変えることができる
  • 環境を変えることができる
  • 就活でのアピールポイントが増える
  • ハイレベルな資格(TOEICなど)が手に入る

最終学歴を変えることができる

大学編入を成功させることができれば、あなたの「最終学歴」を変えることができます

例えば、ボクは高校卒業後「専門学校」に進学したのですが、大学編入に挑戦した結果、最終学歴が「早稲田大学商学部卒業」になりました。

最終学歴を「専門学校卒」から「四年制大学卒」に変えることに成功したのです。

「大学生が感じている将来への不安」の一つに「就職活動」があるはずです。

今のままの大学だと、「就職活動で良い結果が出せないかもしれない」と不安を感じている方も多いはず。

大学編入で「現在通っているところよりもハイレベルな大学」に編入学できれば、就職活動の内容・結果も大きく変えることができます

「大学編入で"最終学歴"を変更できる」のアイキャッチ画像

【事実】大学編入を利用すれば"最終学歴"を変えることができます!

2019年4月24日

環境を変えることができる

大学編入で学校を変えることで、「自分を取り巻く環境を変える」ことができます。

まあ、通う大学自体が変わるので、当然といえば当然なのですが。

重要なポイントは、今よりハイレベルな大学に編入することで、周りに"意識が高い・行動力が高い学生"が増えるということです。

あなたは現在通っている大学で、仲が良い"いつものメンバー"とただ遊んでいるだけではありませんか?

もちろん、時には友だちと遊んだり、旅行したり、食事をしたりすることも大切かもしれません。
ただ、将来に不安を感じるなら、現在の状況を打破しなくてはいけませんよ。

今よりもっと「勉強に集中できる環境」「行動力を増幅できる環境」に自ら移動したほうが、将来への不安を払しょくできる可能性が高まるはずです。

「大学編入は環境を変える"方法"」アイキャッチ画像

環境を変えたい学生へ。大学編入という"方法"がありますよ【チャンス】

2019年5月28日

就活でのアピールポイントが増える

将来待ち受けている「就職活動」に不安を感じている方は、「大学編入」に挑戦することで「アピールポイント」を増やすことができますよ。

就活では、自分がその企業に貢献できるだけの能力・経験を持っていることを積極的にアピールしていく必要がありますよね。

「大学編入」では、「自分の環境を変える・自分がやりたい研究をする」という目標を達成するために、編入試験対策という「行動」を一生懸命行う必要があります。

この「能力達成のために行動した」という経験は、企業への大きなアピールになるはずです。

「現在の自分には、就活で語ることが一つも無いな」と感じている大学生は、大学編入に挑戦することで「アピールポイントを作れる」ことを覚えておいてください。
【大学編入】編入生の"評価"は低い?そんなわけない【むしろ良い】

ハイレベルな資格(TOEICなど)が手に入る

編入試験を実施している大学・学部の中には、それなりの"TOEICスコア"や"英検取得級"を要求してくるところもあります。
【超重要】"大学編入試験"と"TOEIC"の関係性を徹底解説!【経験者談】

つまり、大学編入成功を目指して勉強を進める過程で、自然と「高いTOEICスコア」などが手に入ります

これは結構ラッキーですよ。

特に「勉強を頑張る理由がない」大学生は、「TOEICスコアを伸ばした方が良いかもな」と思っていても、なかなか勉強が続きません。

一方、「大学編入」する過程で「TOEIC700点以上が必要」となれば、否が応でも勉強しますよね

また、ハイレベルな資格を取得できれば、就職活動を有利に進めることが可能となります。

大学編入に挑戦できる"大学生"は何年生?

ちなみに、編入試験への出願資格がある大学生は、基本的に「四年制大学に"2年以上"在籍している人」です。

つまり、多くの場合、「大学2年生の夏~冬」にかけて編入試験に挑戦することになります。

ただ、「四年制大学に"2年以上"在籍している人」なので、大学3年生・大学4年生・またはそれ以上の人でも編入試験に挑戦することは可能です。
大学編入の"出願条件"・"出願資格"は早めのチェックが必要!【要注意】

そのため、自分の学年を気にする必要は基本的にありません。

「自分の環境を変えないといけない!」「このままだと将来が不安だ!」と感じたら、その日から大学編入挑戦を決めてしまっても問題なしです。

「2年次編入」を採用している大学・学部(例えば法政大学)の場合、出願資格は「四年制大学に"1年以上"在籍している人」となります。

つまり、大学1年生も編入試験に挑戦できるということです。

ちなみに、大学編入は基本的に「3年次編入」(=新3年生として編入学する)となっているため、大学4年生が編入試験に合格しても、新3年生として新しい大学に通うことになります。

スポンサーリンク

大学編入に興味がある"大学生"が「知るべきこと」をまとめています!

ここまで読み進めていただいた大学生の中で、「大学編入に興味を持った」「大学編入に挑戦することを決めた」という方はいるでしょうか?

もしそのような方がいたら、ぜひ当ブログ「アキラボ」内にある他のエントリーにも目を通していただければと思います。

「アキラボ」では、実際に編入試験に挑戦し、「早稲田大学・東北大学・中央大学・明治学院大学」の4校に同時合格した経験を持つボクが、「大学編入」に関するエントリーを複数投稿しています。

大学編入を目指す大学生が「意識すべきこと」「やってはいけないこと」「知っておくべきこと」や、編入試験対策における「具体的な勉強法」「おススメの参考書」などについて詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

「将来に不安を感じている大学生は大学編入に挑戦しよう」まとめ

今回は、「将来に不安を感じている大学生は大学編入に挑戦してみよう」という内容で解説してきました。

あなたが今抱いている「将来への不安」を解消したいなら、"行動"を起こす必要があります。

「大学編入挑戦」は、あなたの不安を解消できるくらいの大きなインパクトがある"行動"であることを、経験者のボクが保証します。

  • 自分を変えないといけない
  • このままだと就職活動が上手くいかない
  • もっとハイレベルな大学に入りたい

といった気持ちを抱いている方は、ぜひ当エントリーを参考に、行動してみてください!

おすすめ記事のバナー

大学編入のおすすめ記事 バナー