次回から「アキラボ」と検索ください!

【経験談】"大学ぼっち"で悩んでるって?全く問題ありません。

"大学ぼっち"のイメージ画像

[voice icon="https://akilabo.com/wp-content/uploads/2018/04/Akira_face_2.2.png" name="アキラ" type="l"]"大学ぼっち"で悩んでるって?まったく問題ないよ~。[/voice]

どうも、大学編入試験に合格して3年生から大学生になったけど、[keikou]ずっと「ぼっち」だった[/keikou]アキラ(@akila_s8)です!

どうやら大学で友達がなかなかできなくて、いわゆる"大学ぼっち"に悩んでいる人が結構いるみたいですね。

ちなみにボクは、正真正銘の"大学ぼっち"でした!
別に声を大にして言うことでもないんですけど...。

[voice icon="https://akilabo.com/wp-content/uploads/2018/04/Akira_face_1.png" name="アキラ" type="l"]ボクは「ぼっち」でしたよーーーー!!![/voice]

ぼっち経験者からすると、大学に友達がいなくても[keikou]「全くもって問題ありません」[/keikou]。
その理由を説明しますね!

早く「大学ぼっち」が問題ない理由を知りたい!

あと、大学編入について検討している人の中には、

「3年生(または2年生)から新しい大学に入ったら、友達出来ないんじゃないかなー。」

と不安に感じている人もいるようです。

[keikou]「大学編入生は友達出来ないの?」問題[/keikou]についても、経験者目線で解説します!

早く「大学編入生」の友達事情について知りたい!

あなたが「思い込んでいるだけ」の"大学ぼっち"のデメリット

"大学ぼっち"のイメージ画像

そもそも、どうしてあなたは[keikou]「『大学ぼっち』なんてなりたくない!」[/keikou]と思っているんですか?
実際にぼっちだったボクからすると、「大学ぼっち」のデメリットがマジで分かりません。(強がってないよ、決してね。)

「あの人いつも1人だよね」って思われてそう

大学ぼっちを嫌がる人が考える「ぼっちデメリット」の一つが、
  • 周りから「あの人いつも1人でいるよね〜。友達いないのかな〜。笑」って思われてそうじゃん!
  • 大学の中でぼっちでいると、他の人たちに、友達がいないことを知られる・見られる・バカにされるんだよー!

というもの。

これ、絶対[keikou]思い込み[/keikou]だよ。
別にみんな、友達いない人に対して[keikou]「あの人友達いないんだ〜」なんて思わない[/keikou]って。

というか、

[keikou]あなたのことなんか見てないって!!![/keikou]

こういうことです。
別に、誰もあなたを気にしてなんかいないよ。

もし、「周りの人達、絶対僕・私のこと友達いない寂しそうな人って思ってるよ〜」なんて考えている人がいるならば、断言します。

そんなくだらないことは気にするな!
みんなはそもそもあなたのことを気にしていない!
だから、自分が好きなように過ごしていれば良いんです!
by アキラ

「ぼっち」でいることがつらい・寂しい

そもそも「ぼっち」でいることが、つらい寂しいという人もいます。

これは、大学とかに限ったことではないんですけど、

  • 「友達が少なくて嫌だ」
  • 「たくさんの友達と繋がっていたい」
  • 「友達が少ない・いないのは悲しいことだ」

みたいな考え方が社会的にある気がしますね。

そう思っている人たちは、一度自分の考え方をフラットにして、
[keikou]「どうして自分は友達が少ないのか?」[/keikou]を自問自答してみてください。

「コミュニケーション能力が低いからだ」
「人から好かれない原因がなにかあるんだよ、きっと」

みたいに、確証のない投げやりな回答を思い浮かべていませんか?

「自分には友達がいない・少ない」本当の理由、それは...

[keikou]特に必要ないから・友達がいなくても困ることが無いから[/keikou]

↑これじゃない?

どうです?
もう一度、自問自答してみてください。

友達が周りにいなくても、それなりに大学で過ごせてるでしょ?
友達がいないから、怪我や病気になるなんてことないでしょ?

要するに、あなたに友達がいない理由は、
あなたの頭の中に、[keikou]「友達って別に必要じゃないんじゃないか」[/keikou]っていう考えがあるから。

本当に、「友達がいなくてやってられない!」「やべー、友達がいないと夜も眠れない!」って人は、行動してますって。
そして友達を作ってます。

勝手に「友達いない=寂しい」っていう固定観念に騙されてるだけなんですよ。
あなたは無理に友達を作らなくても、[keikou]その環境で普通にやっていける能力があるんです[/keikou]!

試験の過去問をゲットできない!

大学ぼっちのデメリットとして、試験の過去問を手に入れることができないって悩みもあるみたいですね。

ボクは3年次編入で大学に入学して、ずっとぼっちのままだったので、実際「大学生の慣習・システム」みたいなところをよく知らないまま卒業しました。

どうやら、大学生のみなさんは、サークルとか部活の先輩から、試験の過去問をもらって、それを「友達と共有して試験対策する」ようですね。

[voice icon="https://akilabo.com/wp-content/uploads/2018/04/Akira_face_2.2.png" name="アキラ" type="l"]ボクは、過去問なんか見たことなかったな...。[/voice]

はっきりいって、[keikou]大学の定期試験の過去問なんかどうでもいいでしょ[/keikou]。
自分で教科書使って勉強すれば良いだけだし。

授業が終わってから先生のところに行って、「どこを重点的に勉強した方が良いのか、単位を取るには何が一番重要なのか」聞けば良くない?

"大学ぼっち"が自分を成長させる「チャンス」である理由

チャンスをつかむイメージ画像

みんな「友達がいない」という状況を、[keikou]過大に不安視しすぎ[/keikou]ですよ。
友達がいなくても、何の問題もありません。

友達がいないんだったら、その状況を[keikou]プラスに活かせば良い[/keikou]だけの話です。

「やっぱり友達を作りたい」という気持ちを原動力にしよう!

「大学内ではグループが完成してしまっているから、今から大学で友達を作るのは難しい!」
「だけど、やっぱり友達が欲しい!」

と思うんだったら、その気持ちを原動力に[keikou]外の世界に出れば良い[/keikou]だけ。
別に「大学内で友達を作らなきゃいけない」なんて法律は無いんだし。

他大学の学生が集まるインターンに参加してみるとか、いろんなコミュニティに参加してみるとか。

大学内で、授業やサークルなどを通して友達を作るよりも、[keikou]「圧倒的な行動力・活動量」[/keikou]を必要とするから、「友達を作る」こと以外にも、[keikou]めちゃくちゃ自分を成長させることができますよ[/keikou]!

[voice icon="https://akilabo.com/wp-content/uploads/2018/04/Akira_face_1.png" name="アキラ" type="l"]大学なんかに固執しないで、外に出れば良いのさ![/voice]

「大学ぼっち」をあなたのブランドにしてみては?

「大学ぼっち」という[keikou]"ブランド"[/keikou]を使って、情報発信してみるのも面白いのでは?
ブログはほとんど無料でできるので、[keikou]「大学ぼっち」をテーマにしたブログを作ってみる[/keikou]のも良さそうですよね。

各大学の「大学ぼっち」1人だけしか入れないコミュニティ「エリート大学ぼっち集団」的なのを作って活動してみるとか。

せっかく[keikou]「みんなとは違う」[/keikou]っていう個性があるんだし、それを最大限利用してみてはいかがでしょうか。

「大学ぼっち」ブランドを使った活動がたとえ上手くいかなくても、[keikou]行動したことで確実に成長している[/keikou]し、[keikou]実績・経験も蓄積されます[/keikou]。

[voice icon="https://akilabo.com/wp-content/uploads/2018/04/Akira_face_2.2.png" name="アキラ" type="l"]ボク自身、大学にいる時から何か行動しておけばよかったなーって思ってます。[/voice]

「持たざる者」は失うリスクがない

人間には[keikou]「損失回避」[/keikou]という、少々厄介なバイアスがあります。

損失回避
人間は何かを得る喜びよりも、[keikou]何かを失う悲しみのほうを強く感じてしまう[/keikou]こと。

例えば、突然「1万円もらえる」嬉しさよりも、「持っていた1万円を落とす」悲しさのほうが、人間は強く感じます。

人間は、一度何かを手にすると、[keikou]「それを失わないための」選択肢を選んでしまう[/keikou]んです。

「せっかくできた大学の友だちに嫌われたら困るから、本当は楽しくもないし、有益でもない飲み会に参加する」
成長しない、お金の無駄、健康に悪い、成長しない、成長しない、成長しない...

「大学ぼっち」の人は、そもそも「友達がいない」ので、「友達」という視点においては[keikou]失うものが何もありません[/keikou]。

「友達」という存在に固執されることもなく、周囲の動きに流されることもなく、人に合わせる必要もありません。

[keikou]自分がやりたいことを、自分の考えるようにやることができる[/keikou]んです。
こんな良いことないでしょ?

[voice icon="https://akilabo.com/wp-content/uploads/2018/04/Akira_face_1.png" name="アキラ" type="l"]そもそも「友達」という失うものが無いんだし、どうせなら縦横無尽に行動しつくそう![/voice]

「大学編入生」の友達事情について

大学編入生の友達事情

大学編入を検討している人の中には、

「途中から大学に入学するし、ちゃんと友達出来るか不安!」
「大学編入経験者が実際に大学ぼっちになったってことは、やっぱり編入生が友達作るのは難しいの?」

と不安・疑問に感じている方もいるのではないでしょうか。

結論を言うと、「大学編入生だから友達ができない・友達を作るのは難しい」ということは[keikou]ありません[/keikou]。
安心してください!

違う大学に編入した「編入仲間」に聞いてみても、ほとんどの人が、[keikou]普通に友達を作っていました[/keikou]。

大学地域によっては、「編入サークル」的なものもあるようですし。
編入生でも、大学内のサークルに入ることもできますしね。
ゼミも通常通り入ることができるので、ゼミ内で仲良くなっている人もいました。

つまり...
[keikou]ボクが特殊なだけなんです。[/keikou]

おかしいですね、一応ゼミも入ってたんだけど...。
まあ、[keikou]問題は皆無[/keikou]です。(いや、マジです。)

なので、編入生は友達作りが大変!」ではないので安心してください!

友だちができる人([keikou]サークルに入ったりして友達作ろうと行動している[/keikou])はできる、できない人([keikou]友達作ろうと心の中では思っていない or 行動していない[/keikou])はできない

ただこれだけのことです。

自分の状況をポジティブに捉えていこう!

ポジティブなイメージ画像

今回は、「大学ぼっち」をテーマに、実際に大学で友達ができなかったボクの考えを書いてきました。

「大学ぼっち」で悩んでいる人に言えることはただ一つ、

[keikou]何の問題も無いぜ!!![/keikou]

ってことです。

実際、似たような境遇の人は、全国各地にいますし。↓

大学生の10人に1人「友達できず」

現代は、友達どころか、会ったこともない人と「何千億円」も稼ぐ企業を作れる時代です。↓

会ったこともなかった2人が何千億円も稼ぐ「Dropbox」を生み出す

[voice icon="https://akilabo.com/wp-content/uploads/2018/04/Akira_face_1.png" name="アキラ" type="l"]

とにかく自分が今いる状況を最大限に活用して、行動し、成長していくことが大切なんです!

一緒に行動していきましょう!

[/voice]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です