次回から「アキラボ」と検索ください!

例文あり!評価が上がる「大学編入の志望理由書」の書き方

「大学編入の志望理由書」アイキャッチ画像

  • 大学編入の志望理由書はどうやって書けば良い?
  • 志望理由書は大学編入の合否に関係する?
  • 志望理由書の具体例を読みたい。

志望理由書作成に困っている編入受験生のために【大学編入の志望理由書の書き方】について徹底解説します。

当記事を最後までお読みいただければ、編入試験合格に直結するような「質の高い志望理由書」を作成できるようになります。

アキラ

当記事を執筆しているアキラは、合計4校の編入試験に合格しました

  • 専門学校から「早稲田大学商学部」に3年次編入
  • 東北大学・中央大学・明治学院大学にも合格

経験者視点でお話するので、あなたの志望理由書作成に大いに貢献できるはずです!

>>詳しいプロフィールを読む

注意
早稲田大学商学部は2019年度より3年次編入の募集を停止しています。
この記事で分かる事
  • 志望理由書の内容は編入試験の合否に関係するのか?
  • 質の高い志望理由書を作成する際のポイント
  • 志望理由書に書くべきこと・書くべきでないこと
  • 合格につながる志望理由書の構成
  • 編入合格者が実際に提出した志望理由書

「ただ何となく」作成した「内容の薄い志望理由書」は、あなたを不合格にする危険性があります

自分の志望理由書の完成度に不安がある方は、ぜひ当記事を参考に志望理由書を作ってみてください。
また、この記事の後半では「実際にボクが提出した志望理由書」もご紹介しています!

重要!

大学編入についてよく分かっていないまま志望理由書を作成しても、良い文章は書けません

「大学編入ってそもそも何?」という疑問を抱いている方は、先に「大学編入とは?」の記事をお読みください。

>>大学編入について理解する!

この記事を読めば、大学編入という入学制度について完璧に理解できます!

志望理由書は編入試験の合否に影響するのか?

志望理由書はそこまで合否に影響しないのでは?

志望理由書を甘く見ている方は注意したほうが良いです。

なぜなら、

志望理由書は「面接試験」の結果に直結する

からです。

志望理由書を書かせる目的

大学側が出願時に志望理由書を提出させる目的は

面接試験の前に受験生のことを把握すること

だと考えられます。

そう考えられる理由は、志望理由書を提出させる大学のほとんどが「面接試験」を設けているからです。

POINT

面接試験がある大学では、志望理由書の提出を求められるのが基本です。

一方、面接試験がない大学では志望理由書の作成が必要ありません

ボクは「合計5校」の編入試験を受けましたが、面接のない2校(中央大学・明治学院大学)では志望理由書を作成しませんでした。

編入試験の面接官は、提出された志望理由書にあらかじめ目を通していると考えられます。

その中で、「気になった点」や「もっと詳しく聞きたいこと」を面接時に質問してきます。

アキラの経験談

編入試験の面接時、面接官は「何かの紙」を見ながら質問をしてきます。

その紙とはおそらく、事前に提出している志望理由書です。

  • 「あなたは起業することに興味があるようですが、○○という活動をご存知ですか?」
  • 「経済学を深く学びたいそうですが、これまでどのように勉強してきましたか?」

など、志望理由書を読んでいないと出てこないような質問を聞かれる場面がありました。

アキラ

面接官は、志望理由書の内容をもとに質問してくる可能性が高いということですね。

質の低い志望理由書は「面接」に悪影響

対策をしないまま「質の低い」志望理由書を作成してしまうと、面接の結果に悪い影響を与える危険性があります

特に、

志望理由=なぜその大学に編入したい?

を本気で作っておかないと、確実に減点されます。

なぜなら、編入試験の面接では

あなたがこの大学に編入したい理由を
教えてください

「ほぼ100%」聞かれるからです。

この質問に対して相手を納得させられる解答ができないと、

当大学に本気で編入したいのか?

と疑問に思われます。

「質の高い内容にする」ことを意識して志望理由書を作成しておけば、「志望理由を教えてください。」という質問に対して丁寧な回答ができます。

その他、志望理由書をもとに問われる質問に対しても、しっかりと自分の意見・考えを伝えることができるでしょう。

「質の高い志望理由書を作る」過程で

●自分が編入したい理由

●将来の目標とその理由

●編入してからの具体的な活動

などを深く理解・整理することができる

⇓その結果

面接試験で丁寧・的確な回答ができる

ボク自身、自分の思考・意見を整理して何度も書き直したことで、面接時にスラスラ回答できるようになっていました。

アキラ

面接時に、矛盾がなく明確な回答をできるようにするためにも、志望理由書作成は手を抜かず行うようにしましょう!

「大学編入の面接試験」については、以下の記事でより深く解説しています。
気になる方はチェックしてみてください。

「大学編入の面接」アイキャッチ画像 経験者が解説!大学編入の面接対策と実際に聞かれたこと

質の高い志望理由書を作成するための手順

大学編入成功のためには、集中して志望理由書を作成する必要があることを説明しました。

ここからは、質の高い志望理由書を作成するための「手順」を解説します。

「大学編入の志望理由書をどうやって書けば良いのか分からない」という方は、以下の手順を参考にしてみてください。

志望理由書作成の手順
手順1
志望理由書の構成を理解する
手順2
書くべきこと・書くべきでないことを理解する
手順3
自分が書くべきことを箇条書きで出す
手順4
構成に合わせて「自分の言葉」で作成する

Ⅰ.志望理由書の構成を理解する

まずは「志望理由書の構成」を理解することから始めましょう。

志望理由書は「必ずこのように書かなければいけない」と決まっているわけではありません。

しかし、志望理由書を読む人=面接官に好印象を与える構成があります。

おすすめの構成
段落1
導入
私は~~という理由で貴学への編入を志望している。
段落2
志望理由ⅰ
興味を持っている学問分野・専門科目 / 将来の目標 etc.
段落3
志望理由ⅱ
なぜその大学・学部なのか?
段落4
編入後の活動
編入学が成功したら、どのような活動をしていくのか?
段落5
まとめ
最後にもう一度編入を志望していることを伝える。

特定の規定※注が無い場合は、上記の構成を意識することで「伝わりやすい」志望理由書を作成できます。

※注

大学・学部によっては「志望理由書作成のルール」が指定されているケースがあります

たとえば、上智大学の編入試験では「志望理由(800字以内)」の他に「学業計画書(1,200字以内)」の作成が求められます。

参考 編入学試験(3年次)上智大学

(現在募集を行っていませんが)ボクが受験した早稲田大学商学部では

  • 入学してから学習したい分野+その理由(1,000字)
  • 卒業後の進路+その理由(1,000字)

という規定がありました。

このように大学側から「内容」や「文字数」を指定されている場合は、上記で紹介した構成が当てはまらない可能性があります。

①導入

志望理由書の書き始めは

どんな理由で編入学を希望するのか

を簡単に伝えることが基本です。

アキラ

志望理由書の最初に「結論=なぜ編入したいのか」を伝えることが大事!

志望理由書であるにもかかわらず、志望理由とは関係の無い話(=自分の過去の話、今勉強していることetc.)から始めるのはNGです。

最初の文章で「この人何を伝えたいのだろう?」と思われてしまうと、残りの文章を読んでもらえなくなる可能性があるので注意してください。

導入文は簡潔に!
  • 私は将来~~したいと考えている。貴学◇◇学部には~~するために必要な能力が身につく環境(ゼミ,講義etc.)が整っているため、編入学を希望している。
  • 私は貴学◇◇学部の「○○」という制度に強い魅力を感じている。この制度を活用することで、将来の目標である△△を達成できると思い、貴学◇◇学部への編入学を志望している。

②志望理由ⅰ

導入文の次に書くべきは

  • 自分が学びたい学問・専門分野+その理由
  • 将来の夢・目標+その理由

です。

この部分で、自分が考えていることを「理由も含めて具体的に」伝えるようにしましょう

自分の考えを具体的に伝える!
  • 私は現在、行動経済学に強い関心を抱いている。行動経済学に興味を持ったきっかけは~~である。
  • 私には「○○」という目標がある。この目標を抱いた理由は~~である。

③志望理由ⅱ

第二段落で「自分の考え=(学びたい学問・将来の目標)」を具体的に伝えたら、次に

その大学・学部に編入することで「自分の考え」が実現できる

ことを伝えましょう。

つまり、この部分で

  •  なぜその大学・学部なのか?
  •  他の大学・学部ではダメなのか?
  •  今いる環境では「自分の考え」を実現できないのか?

を明確にさせます。

アキラ

ここはかなり大事なパートです。

「なぜその大学・学部に編入しないといけないのか」を伝えることができれば、面接官に良い印象を与えることができるはずです。

「その大学・学部でないといけない理由」を見つけるのが難しい

このように感じている方も多いはず。

なので、「その大学だからこその理由」を見つける方法を次の章で具体的に解説します!
>>具体的な志望理由を見つける方法までジャンプ

④編入後の活動

具体的な志望理由を書き終えたら、

編入した後どのような活動をしていくか

を書きましょう。

大学側は、「大学編入して終わり」ではなく「大学編入した後もさらなる成長を目指して努力できる学生」を求めます。

「この人は大学に貢献してくれる勤勉な人」という印象を与えられるように、編入後の具体的な活動指針をまとめましょう。

POINT!
  • 在学中に「取得が困難な資格を目指す」
  • 大学の環境を使って勉強し「将来の目標を達成したい」 etc.

⑤まとめ

最後に「志望理由」をまとめます。

以上で述べてきたように、~~という理由で貴学◇◇学部への編入を志望する。

Ⅱ.書くべきこと・書くべきでないことを理解する

大学編入の志望理由書の構成を理解したら、次に「書くべきこと・書くべきでないこと」を把握しましょう。

特に「書くべきでないこと」を理解していると、ズレた内容を避けることができます。

アキラ

ズレた内容の志望理由書を提出してしまうと、「最後まで読んでもらえない」「悪い印象を与える」ことになるので要注意です。
書くべきこと
  • 興味を持っている学問・専門分野とその理由
  • 将来の目標・夢とその理由
  • なぜその大学・学部に編入しないといけないのか
  • 編入した後、どのような大学生活を送りたいか
  • 大学卒業後、どのような進路を考えているか
書くべきでないこと
  • 一般論
    →当たり前のことだけ書くのはNG!
  • 大学パンフレットやサイトを見れば分かること
    →あまり調べていないと思われるかも!
  • どの大学にも当てはまること
    →「別のところに行けば」とツッコまれる!
  • 学歴に関すること
    →学歴コンプレックスや受験失敗については書くべきでない!

志望理由書の中で「一般論だけを延々述べる」ことや「どの大学でもあてはまることをひたすら書く」のはやめて下さい。

理由は「あなただけの志望理由」にならないからです。

アキラ

「それ当たり前の話だよね」「うちの大学でなくても良いのでは?」とツッコまれる内容では評価が下がります。

「その大学だからこそ」を書くようにしてください!

それから、「学歴を変えるために編入したい」という内容もNGです

Ⅲ.自分が書くべきことを箇条書きで出す

次に、上記で挙げた「書くべきこと」を箇条書きでどんどん出していきましょう

この作業は

自分の思考を整理する

ためにとても大切です。

書くべき内容を明確にしないまま志望理由を書き始めても、良い文章を作ることができません。

まずは

  • 自分が学びたいこと
  • 将来の目標
  • 志望大学の特徴
  • 興味のある授業・ゼミ・教授

などをたくさん挙げて「書きたい内容」をザックリ把握することから始めてください。

そうすることで、読みやすく整理された文章を作成できます。

Ⅳ.構成に合わせて「自分の言葉」で作成する

書くべきことが一通りまとまったら、上記で紹介した構成に合わせて「自分の言葉」で文章を作っていきましょう。

文章を作る際に大切なのは「自分の言葉」で書くこと。

  • 誰かに書いてもらう
  • 誰かが書いた文書をマネする

といった行為は絶対にやめてください。

理由は、

自分の言葉で書いた文章でないと、面接試験で上手に伝えられないから

です。

すでに説明している通り、志望理由書は「面接試験のために」書かせるようなものです。
志望理由書に書いた内容が面接試験で問われます。

自分の頭で考えていない志望理由書を提出しても、面接試験で上手く志望理由書に沿った回答ができず評価が下がります

面接試験で自分の考えをしっかり伝えることができるように、自分の頭と言葉を使って志望理由書を書くようにしましょう!

良い印象を与える志望理由書作成のポイント

当記事をご覧になっている方は

せっかく志望理由書を提出するなら、できるだけ良い印象を与えたい

とお考えのはず。

そこで、相手に良い印象を与えるために意識すべきポイントを4つご紹介します!

ポイント
  •  「なぜその大学なのか?」を伝える
  •  「だ・である」調を使う
  •  最後の行・マスまで記入する
  • 必ず誰かに「添削」してもらう

「なぜその大学なのか?」を伝える

効果的な志望理由書を作成するためには、

  • なぜその大学に編入したいのか
  • なぜ他の大学ではダメなのか

を明確化し、伝えなければいけません。

ただ何となくで志望理由書を作成すると、「どこの大学にも当てはまるような内容」が出来上がってしまいます。

薄い内容の志望理由書
  • 「貴学は就職率が高いので」
    だいたいどの大学も高い就職率をアピールしてる
  • 「貴学は外国語教育に力を入れていて」
    外国語教育をアピールしている大学はいっぱいある
  • 「貴学で経営戦略を勉強したい」
    他の大学の経営戦略論でも良いのでは?

上記のようなどこにでも当てはまる内容で志望理由書を作成すると、

当大学への熱意が伝わらないな。
あなたは他の大学でも(というか今いる学校でも)良いのでは?

と思われてしまいます。

「その大学だからこそ」を探す方法

「その大学だからこそ」を見つけるのが難しい。

志望校に特化したポイントを見つけるコツは、

  • 「自分のやりたいこと・学びたいこと」
  • 「大学の授業または教授」

この2つを結び付ける

ことです。

 自分のやりたいこと・学びたいこと

大学の授業または教授

【志望校に特化した内容】

まずは志望理由書を作成する前に、

  • 自分がやりたいこと
  • 将来の目標

を明確にします。

その次に、志望校のホームページやシラバスなどを参考にして「自分の目標を達成するために必要な授業や教授」を探します。

この作業をするだけで、志望校に特化した(他の大学には当てはまらない)志望理由を作ることができます。

アキラ

ボクが早稲田大学商学部の志望理由書を作った時の手順がコチラ↓
具体的な手順
手順1
自分がやりたいこと・将来の目標
都市部と地方の格差問題を「起業する」ことで改善したい
手順2
早稲田大学のホームページやパンフレットを確認
「地域格差」や「起業」について学べる授業や教授を探す
手順3
自分の目標と大学の授業・教授を結び付ける
→早稲田大学には「起業家養成講座」という授業がある(=他の大学には無い授業)
→早稲田大学には「都市論」「経済戦略」などの授業がある
→早稲田大学には「経済政策」を研究する有名な教授(=もちろん他の大学には所属しない人)がいる
手順4
記入する内容を決定する
「私は将来起業をして、地方を活性化させたいという目標がある。その目標を達成するために、貴学の『起業家養成講座』や『都市論』などは非常に魅力的な有益な講義である。これに加えて、○○教授の経済政策の授業からも学んでいきたい」

アキラ

  • この大学に入らないとできない研究がある
  • この教授から学びたい
  • この大学でしか受講できない授業をどうしても受けたい

といったポイントをしっかり押さえた志望理由書を書こう!

志望理由書作成時に「注意したほうがいい人」

志望理由書作成時に気をつけて欲しいのが

「学歴コンプレックスの解消を目的」に大学編入を目指している人

です。

「大学の名前」や「偏差値」だけを見て志望校を選んでいる人は、当たり障りのない・誰でも言えそうな志望理由書しか作成できないケースがあります。

学歴コンプレックスを解消するために編入したいです。

このような志望理由書だと、内容が非常に薄くなります。
本心だとしても、書くべきではありません。

上記で紹介した手順を参考に、「この大学じゃないとダメなんだ!」と熱意を持って言えるようなポイントを探すようにしてください。

アキラ

ちなみに、「学歴コンプレックスの解消」を目的に大学編入を目指すことが悪いというわけではありません。

自分を成長させるため、自分の環境を変えるために行動を起こすことは素晴らしいです。

実際、ボクが編入を目指した最大の目的は「学歴コンプレックスの解消」でしたからね。

「大学編入で"学歴ロンダリング"はずるい」アイキャッチ画像 大学編入で"学歴ロンダリング"はずるい?別に良くない?【問題なし】

「だ・である」調を使う

志望理由書は基本的に

「だ・である」調

で作成すべきです。

MEMO

「だ・である」調とは、文末を断定的に終わらせる書き方のこと。

  • 私が貴学を志望する理由は~~だからである。
  • 私は将来、~~になりたいと考えている。
  • 貴学に編入した後は、~~に力を入れて取り組みたい。

それ以外の書き方として「です・ます」調がある。

  • 私が貴学を志望する理由は~~だからです。
  • 私は将来、~~になりたいと考えています。
  • 貴学に編入した後は、~~に力を入れて取り組みたいです。

最も気を付けないといけないのは「だ・である調」と「です・ます調」を混同させること

【ダメな例】
私が貴学を志望する理由は~~である。貴学に編入した後は、~~に力を入れて取り組みたいです

アキラ

文末のかたちは統一しよう。

志望理由書を書く場合は「だ・である調」に統一したほうが良いですね!

最後の行・マスまで記入する

志望理由書は「最後まで書く」ようにしてください。

これは「心証(心に受ける印象)」の問題です。

似たような内容の志望理由書を書いている人が2人いた場合、

  • Aさん→「目一杯」志望理由書を記入している
  • Bさん→志望理由書の半分までしか記入していない

どちらの方が心証が良いでしょう?

志望理由書や面接試験はどれだけ相手(大学側の人)に良い印象を与えられるかが重要です

志望理由書はしっかり最後まで記入してください!

必ず誰かに「添削」してもらう

志望理由書を作成したら、必ず誰か「他人」に見てもらう・添削してもらうようにしてください。

人間は、自分で作ったものに対して愛着がわいてしまう傾向があります。
そのため、内容が薄いのに「この志望理由書なら完璧でしょ!」と勘違いしている可能性が高いです

「完璧な志望理由書を書いた」と思い込んだまま提出してしまうのは非常に危険。

必ず他の人に志望理由書を見てもらい、改善すべき点が無いか確認しましょう

他人に見てもらうことで、自分では気づかなかった誤字・脱字が見つかったり、伝わりづらい文章を指摘してもらうことができます。

ボクは、自分が通っていた専門学校にいる数人の先生に添削してもらっていました。
自分が伝えたい「核」となる部分は残しつつ、より相手に伝わりやすい文章の作成を心がけましょう!

【実際に合格】志望理由書の例文を紹介

編入試験に合格した人の志望理由書を見てみたい!

上記のように感じている方が多いと思うので、ボクが実際に提出した志望理由書を紹介したいと思います。

今回紹介するのは「早稲田大学商学部」に提出した志望理由書です。

注意
早稲田大学商学部は2019年度より3年次編入の募集を停止しています。
Check!

早稲田大学商学部3年次編入の志望理由書は、以下2つの問に対して「1,000文字以内(句読点・改行を含む)」で回答する形式でした。

  1.   早稲田大学商学部に入学したら、どのような分野の勉強をしたいと思っていますか。その理由についても述べなさい。(1,000文字以内)
  2.   早稲田大学商学部を卒業した後、どのような進路に進みたいですか。その理由についても述べなさい。(1,000文字以内)

私は、地方経済衰退問題に関する研究を行う上で求められる経済・産業の分野に関する学習と、企業で働くために必要なビジネス能力の構築に力を注いでいきたいと考えている。

私は現在、地方経済の問題に興味を持っている。その問題に興味を持つきっかけとなったのは、自分の出身地が衰退しているというニュースを目にしたことだ。そこでは、生産年齢人口が年々減少していき、高齢者の数が増加することで、企業の生産力も低下し、地域経済が衰退しているという状況にある。また、これに関連した問題として、都市の一極集中問題も非常に深刻であることを知った。地方から人やモノといった資源が放出し、それらが都市に集中することで、都市では災害が発生したときのリスクが増幅している。また当然、都市と地方の所得格差がさらに広まるなどの問題も深刻化している。自分の地元がそのような状態あること、また都市と地方の格差が拡大を続けていることを知り、それらを打破するための効果的な解決策にはどのようなものがあるのかを研究したいと考えるようになった。そこで、貴学の「経済政策」や「都市論」といった講義を受講し、都市や地方で起きている問題を詳細に分析し、その解決のためにどのような経済政策が求められるのかを学んでいこうと考えている。特に、○○教授の「経済政策」や「基礎経済学」の講義を受講することは、この地方・都市問題の学習にとどまらず、日本経済と世界経済を俯瞰する力も養うことができると考える。新聞記事やニュースで目にする経済問題に対して、その内容を理論的に理解し、考察する力を身につけられる機会になるはずである。

加えて、学部を卒業した後、企業に勤めて働き、その後起業したいと考えている私にとって、ビジネス活動で必要となる能力を身につけることは重要である。そのために、貴学の特色ある授業の一つである、貴学・提携講座を利用したいと思っている。この講座を受講して、ビジネスの最先端の情報を吸収し、自分がビジネス社会に出た際に活用できる能力を身につけたい。さらに、「経営戦略」や「マーケティング戦略論」の講義も受講したいと考えている。

以上の理由から、私は貴学の商学部において、経済政策論を中心とした経済学・産業学分野の学習、そして自分が就職するときに役立つ能力を取得するための学習に力を入れていこうと考えている。(980文字)

私は将来、故郷の衰退の改善に貢献できるような魅力ある企業を創設し、より良い企業活動を行っていきたいと考えている。

私の地元である岩手県では、衰退が進んでいる。地方衰退の原因の一つと言われているのが、その地域の人口減少、特に生産年齢人口の減少である。これは、働く人を求める企業が少なかったり、地方企業よりも都市部の企業の方が高所得であったりすることが要因となっている。岩手県でも毎年、就職を機に、職を求めて都市部へ多くの人口が流出しているという報告がされている。労働人口が減少すれば、その地域の生産能力は低下してしまうため、衰退はより速いスピードで進んでしまう。衰退を抑制するためには、有能な人的資本を他の地域に移動させないようにすることが必要である。このことから、地方地域に多くの雇用を創出して、都市部への人口流出を妨げることで、地方衰退を改善できるのではないかと私は考える。そのためには、その地域に多くの雇用を生み出せる力とそこで働きたいと思わせる魅力を持つ企業の存在が必要である。私は、地方の雇用を活性化させることができる企業を生み出すことで、地元が衰退していくことを食い止めて、成長・発展できるように貢献していきたいと考えている。

しかしそのような企業を創設して成長させることに成功し、地元の発展に貢献していくためには、多くの知識や経験、資金やノウハウを蓄積する必要がある。そのため、大学卒業後は企業に就職し、そこで実際にビジネスマンとして働くことで、経験してみないと学ぶことのできない企業経営の仕組みを理解したい。また、企業や社会を取り巻く経済の流れを読み取りながら、「経営者としての人柄や脂質」、「戦略を立案し、それを実行に移す能力」、「ヒト・モノ・カネ・情報をマネジメントする力」など、より実用的な能力も身につけていきたい。また岩手県という土地に企業を創るうえで、どのような強みや弱みが存在するのか、どのようなマーケットを利用していくのかなどについても、この期間で組み立てていきたい。このように、企業に勤めながら、自らの会社を持つための準備をしたいと考えている。

多くの経験や知識を吸収した後、構築した能力を活かして自分の地元で起業し、その会社を成長させて、能力ある企業にし、地元の活性化に貢献したい。(958文字)

アキラ

この志望理由書は「書き方の参考」に使うようにしてください。

内容をそのままマネしても意味無いですからね。

志望理由書の正しい書き方を理解して合格を目指そう!

今回は「大学編入の志望理由書」について、書き方や例文などをご紹介してきました。

志望理由書はあなたが思っているよりも合否に影響を与えます。
手を抜かず、精一杯作成するようにしてください!

【最後に一言!】

当記事の内容が「参考になった」と思っていただけましたら、ぜひシェア・ブックマークをお願いします!

ワンタップでできます↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です